和菓子? ケーキ? 「お茶にいちばんあうおやつ」は何だと思う?

和菓子? ケーキ? 「お茶にいちばんあうおやつ」は何だと思う?
投稿日: 2016年3月18日 更新日: 2017年10月27日
閲覧数: 1,427
4 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
主婦の友社のお料理の本からベストレシピをセレクト、スタッフが自分で...
普段なにげなく飲んでいる緑茶。自宅で茶葉からいれて楽しむほか、コンビニのペットボトル飲料をよく飲む人も多いでしょう。

2016年3月22日、ペットボトル入り緑茶飲料の代表的なブランド「生茶」がリニューアルします。

伝統製法と最新テクノロジーを合わせ、茶葉をまるごと微粉砕することにより、今までにないふわっと軽やかな広がりと余韻が生まれたのだそう。旨味と苦味のバランスが良いだけでなく、旨味の余韻と苦味の余韻のバランスもとても良く仕上がっています。

この「生茶」にいちばん合うスィーツは何か?を、味覚センサーを使って様々な分析を行っているアイシー株式会社が計測。科学的に「ぴったりの組み合わせ」をご紹介します!

「味」とは、甘・塩・酸・苦・旨の5つのバランスでできていると言われます。組み合わせた際に、これらのバランスがよくなるものほど、相性のいい食べ物だと考えられています。この5つに「コク」をプラスし、6つの指標で科学的にスイーツとの相性を測定しました。「苺大福」「マカロン」「カスタードドーナツ」「アイスクリーム」「チョコレートポテトチップス」の5つと「生茶」の相性は、どうだったのでしょう?

いちばん相性の点数が高くなったのは、意外にもいちご大福! お茶の苦みには普通の大福のほうが合いそうなイメージですが、実はいちごの酸味がポイントなのだそう。新しい生茶の苦み、うまみと、いちご大福の甘み、酸味がお互いの味を引き立てあいます。相性度は最高の95.7点。

つづいて、相性度は90.8点、味のバランスも整ったのがマカロン。これもちょっと意外ですよね。新しい生茶の苦味とうまみを、マカロンの甘み、酸味がほどよく引き立てあい、とっても好相性なのだそう。

そのほか、カスタードドーナッツも91.4点と高得点に。新生茶の苦味・うまみと、カスタードドーナッツの甘みが、互いのおいしさを引き出しあいます。

「この飲み物にはどんな食べ物が合うのかな?」と思ったとき、ぜひ味の要素5つと「コク」のバランスを取るというワザを思い出してください!

SNSでシェア