お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

手拭い☆縫わない☆ネッククーラー入れ

手拭い☆縫わない☆ネッククーラー入れ
投稿日: 2024年7月8日 更新日: 2024年7月8日
閲覧数: 10,244
3 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
力を抜いてゆるゆるでいこう🎵
暑いですねー!
本当に暑い!
外に出ると、熱風で倒れそうです。

そんな時に役立つのがネッククーラー。
持ち歩けるよう、入れ物を作りました。
100均商品で、ミシン使わずに作っちゃいますよ♡

作り方は簡単。
アルミバッグと手拭いをくっつけるだけ。
ほとんど切りません。
(ちょっとは切るけど)
ポケットも付けましたよ。

ペタンコだから、カバンの隅にスッと入れられますよ。
お試しあれ♡

材料

  • 手拭い :1枚
  • アルミバッグ(テープつき) :25×25cmを1つ
  • 両面テープ :適量
  • クリアボンド :適量
  • ボタン :必要であれば
  • スナップボタン :必要であれば

位置を決める

位置を決める

アルミバッグの蓋が覆える生地を確認する。

アルミバッグの裏に両面テープ

アルミバッグの裏に両面テープ

アルミバッグを裏返し、端ぐるりと両面テープを貼る。
手拭いに貼る。

ボンドで手拭いを貼る

ボンドで手拭いを貼る

ボンドを手拭いの端につける。
内側に向け、折り、くっつけます。
☆一部はアルミバッグに、一部は手拭いに。

袋と蓋のギリギリの部分をカット

袋と蓋のギリギリの部分をカット

端を貼ると、袋の口が塞がります。
口のギリギリのところをカットする。
☆切り口にボンドをきちんとつける。

ギリギリのところに貼る

ギリギリのところに貼る

蓋の部分は、袋の口ギリギリに手拭いを貼る。
口の方もギリギリに貼ります。
開けた時がきれい。

最初の「位置を決める」理由は、ここにあります。

手拭いの折り方の図

手拭いの折り方の図

余った布はポケットに

余った布はポケットに

手拭いが長くて余ります。
そこで、少し布をずらしてポケットを作ります。

携帯が入るサイズ感

携帯が入るサイズ感

縦に入れると頭は出ますが、横に入れるとすっぽり入るサイズ感です。

ペットボトルが2本入るよ

ペットボトルが2本入るよ

ペットボトルが2本入ります。
ただし、キャップが見える深さです。

ボタンをお好みでつけてみる

ボタンをお好みでつけてみる

計画では、スナップボタンをつけたかったのですが、売り切れなのか見当たりませんでした。
かわりに、家にあるボタンをおいてみると、可愛いじゃないか!
穴あきの大きめボタンを当てても可愛いし、小さなタッセルを合わせてぶら下げても可愛い。
この場所には、ポイントになるものをつけたらいいね!と思いました。

裏にスナップボタンを縫いつけて、縫い糸を隠すようにボタンなどをつけると、より使い勝手がいい袋になります。そうしようかな。
でも、
プラスチックボタンは、縫わずにつけられるので、簡単です。やっばり、プラスチックボタンが入荷するのを待つことにします。簡単が一番!

コツ・ポイント

両面テープを使うと、とても楽に作れます。
両面テープに限りがあり、かわりにクリアボンドがあったので使いましたが、布が貼れるものでしたら、なんでもいいです。
ただ、ボンドなどの糊系を使う時は、塗る量に気をつけてください。布から染み出て、生地の風合いが変わるかもしれません。ふわっと乗せるように生地をおくと、失敗が少ないかもしれません。


SNSでシェア
詳しく見る