お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

裾直しした後の切れ端で髪飾り

裾直しした後の切れ端で髪飾り
投稿日: 2024年6月2日 更新日: 2024年6月2日
閲覧数: 316
1 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
力を抜いてゆるゆるでいこう🎵
ジーンズの裾直しで出たデニム生地。
これを簡単に結んで、バレッタにしましょう。

一つは簡単。
輪っかに切り落とした裾を半分に折り、片結びするだけ。
裏に、バレッタ用の金具をつけましょう。


二つ目は簡単。
輪っかに切り落とした裾を切り、長細くします。片結びを3つ。
表が見えるよう、裏が見えるよう、最後に表が見えるよう。
結びと結びがくっつくように、固く結びましょ。
裏に、バレッタ用の金具をつけて。
グルーガンでも手縫いでもいいです。

材料 (2個)

  • 切り落とした裾 :2つ
  • バレッタ :2つ

輪っかを半分に畳んで結ぶ

輪っかを半分に畳んで結ぶ

表裏表、お団子結びを並べて

表裏表、お団子結びを並べて

装着(りぼん)

装着(りぼん)

装着(団子3つ)

装着(団子3つ)

コツ・ポイント

切り落とした裾は、約3センチ幅です。

ぎゅっと結んだだけです。
それにバレッタの金具をつけました。
グルーガンや手縫いなどで固定します。
結び目が緩む心配の方は、グルーガンなどで簡単に止めてください。

バレッタのピンがなければ、髪留めピン、エンピンなどをつけても良いですよ。

この度の切り落とした裾は、約3センチ。
切りっぱなしのまま、バレッタにしました。ボソボソ感が好きでない場合は、ボンドなどの糊を切り口に塗りこんでみてはどうでしょう。なるべく表生地につかないように気をつけてくださいね。仕上がりが綺麗です。


SNSでシェア
詳しく見る