「4月の道端の雑草」どっちが有毒?可愛いけどオレンジ色の花と紫色のスミレ駆除するべきはどちら?

「4月の道端の雑草」どっちが有毒?可愛いけどオレンジ色の花と紫色のスミレ駆除するべきはどちら?
投稿日: 2024年4月13日 更新日: 2024年4月12日
閲覧数: 77,265
2 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を大切にしています。保育...

桜の季節にオレンジ色の花を咲かせる「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」

桜の季節にオレンジ色の花を咲かせる「ナガミヒナゲシ(長実雛芥子)」

こちらは、ケシ属に属する外来種の植物で、「ナガミヒナゲシ」として知られています。

1つの実には1500粒以上の種子が含まれ、未熟な種でも発芽可能で異常な繁殖力を持ちます。

自治体ではこの植物に警戒し、駆除を推奨しています。1株からは16万粒以上の種を放出し、また「アレロパシー」という物質を放出して他の植物の生育を妨げ、自己だけが群生できるようにします。

とっても綺麗なのですが、とっても怖い存在のお花なんですよ!

こちらも春に満開を迎えている野性のスミレです

こちらも春に満開を迎えている野性のスミレです

私の住む街では、この紫色のスミレがよく雑草化しているんです。こちらのスミレは、白いお花のものもありますよ。

舗道やコンクリート隙間など、さまざまな場所で見ることができます。

このスミレは毒はありませんが「ナガミヒナゲシ」は有毒です

このスミレは毒はありませんが「ナガミヒナゲシ」は有毒です

ナガミヒナゲシにはアルカロイド性の有毒物質が含まれています。害虫や動物から身を守るために備えている植物毒なのですが、茎などから出る乳液にふれると、皮膚がかぶれるおそれがあります。

街を歩いて植物観察していると「ナガミヒナゲシ」が凄く増えているんです!

街を歩いて植物観察していると「ナガミヒナゲシ」が凄く増えているんです!

「スミレ」さん、頑張れー!「ナガミヒナゲシ」に負けるなよ!

「スミレ」さん、頑張れー!「ナガミヒナゲシ」に負けるなよ!

「ナガミヒナゲシ」も凄く繁殖力が凄い植物ですが、「スミレ」も凄く強いのですね。

スミレも強健なのですが、「ナガミヒナゲシ」にはかなわないかもしれない。

種ができる前に手袋をして「ナガミヒナゲシ」は駆除された方が良いです

種ができる前に手袋をして「ナガミヒナゲシ」は駆除された方が良いです

この野性化したスミレも多年草なので、毎年同じ場所で自生し、お花を開花させるのですが「ナガミヒナゲシ」がこの場所を乗っ取ってしまえば「ナガミヒナゲシ」だらけになってしまいます。

雑草として楽しませてくれるお花は、スミレの方が安全で良いですよね。オレンジ色のお花を見たら駆除したいものです。お子様やペットが口に入れたり、触ったりしないようにしてくださいね。

こちらの情報が誰かの助けや喜びになりますように…。
最後まで読んでくださりありがとうございます。


SNSでシェア