「早春のまぎらわしい有毒野草」清楚で可憐な花だけど要注意!葉はニラの香りがするの?

「早春のまぎらわしい有毒野草」清楚で可憐な花だけど要注意!葉はニラの香りがするの?
投稿日: 2024年3月31日 更新日: 2024年3月30日
閲覧数: 87,674
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を大切にしています。保育...

この植物は「ハナニラ(花韮)」別名は、「ベツレヘムの星」。

この植物は「ハナニラ(花韮)」別名は、「ベツレヘムの星」。

ハナニラは、アルゼンチン原産の球根植物で、観賞用として日本にも導入されました。
しかし、庭に植えっぱなしにしておくと、増えすぎて雑草のように野生化することもあります。
そのしぶとい生命力から「耐える愛」という花言葉がついています。雨や嵐にも耐え、成長する姿が特徴です。

ハナニラの花言葉は、「愛しい人」「星に願いを」「地上の星」「堪え忍ぶ愛」「別離」。

ハナニラの花言葉は、「愛しい人」「星に願いを」「地上の星」「堪え忍ぶ愛」「別離」。

ハナニラは、開花時期は3~4月で、高さは10~25cm、花径は約3cmです。
花からは甘い香りが漂います。花びらの色は主に白色や薄い青色です。
しかし、「堪え忍ぶ愛」や「別離」といった悲しい花言葉があるため、ハナニラをプレゼントすることはおすすめされません。

スッと背筋を伸ばし、可憐に咲く花姿は、とても魅力的で素敵ですよね。

これから咲き始める、横から見た花姿です。

これから咲き始める、横から見た花姿です。

清楚な感じで、エレガントで美しいですね。

ハナニラは、葉をちぎるとニラのような匂いがします。美味しそうですが、食べると「毒」があり危険です!

ハナニラは、葉をちぎるとニラのような匂いがします。美味しそうですが、食べると「毒」があり危険です!

花が美しく、葉が韮(にら)に似ていることから「花韮」と呼ばれます。
しかし、ハナニラには毒があり、食べると激しい下痢を引き起こす可能性があるそうです。激しい下痢は、体が弱っている人や高齢者、子供達には、非常に危険です。

ただ、葉の匂いや見た目がニラに似ているため、誤って食べることがあるので注意が必要ですが、ハナニラはまずいそうで、誤って食べることはまずないそうです。
ちょっと安心したのですが、ペットが食べてしまう可能性もあるので注意が必要ですね。

葉はニラやネギのような匂いがするのに食べれない、毒があるなんて、まぎらわしい植物ですね!

花からは甘い香りがするようなので、見た目と香りを楽しんでみても良いかも知れませんね。

家庭菜園をされている方は、ほんの少しだけ、お野菜のニラに混ざってしまい人が食べてしまう危険も考えられます。悲報を呼ばない為に、ニラ栽培には、お気をつけくださいね。

こちらの情報が誰かの喜びになりますように…。
最後まで読んでくださりありがとうございます。

コツ・ポイント

•葉は、ニラやねぎのような臭いがする為、葉だけ見るとニラと見間違えることもあるそうです。
毒があり、口にすると激しい下痢になるようですのでお気をつけくださいね。雑草のように野性化しているものも多い植物です。


SNSでシェア