まるで宝石!ティーボムで至福のお茶タイム♡

まるで宝石!ティーボムで至福のお茶タイム♡
投稿日: 2024年2月29日 更新日: 2024年3月1日
閲覧数: 6,493
8 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
海外在住。物づくりとコーヒーと猫をこよなく愛する3児の母。北欧生活を...
一見、宝石か何かのように見える綺麗な球体型の物体。実は『ティーボム』と呼ばれるお茶のカプセル!

飴で作ったカプセルの中に茶葉が入っていて、お湯と一緒にポットに入れるだけで、簡単にほんのり甘いお茶が淹れられちゃうんです。
欧米を中心にじわじわと人気が出てきているこのティーボム。ホワイトデー、母の日、敬老の日などの贈り物に、ぜひ挑戦してみて下さいね。

材料 (直径5㎝のティーボム6つ分)

  • ★砂糖 :100g
  • ★水 :30ml
  • ★グルコースシロップ(またはハチミツ) :20ml
  • (必要に応じて)製菓用の金箔や食紅 :適量
  • お好みの茶葉(またはティーバッグ) :適量
  • 半球シリコン型(またはお弁当用シリコンカップ)
  • あれば調理用の温度計

ティーボムってなに?

ティーボムってなに?

『ティーボム』とは、まるい飴のカプセルの中に茶葉が入っている物。
ティーポットの中に入れて、お湯を注ぎ、かき混ぜると、疲れに効くほんのり甘いお茶があっという間にできあがります。
見て可愛い、飲んで美味しい♪お茶の時間が楽しみになりそう!

【用具の確認】

【用具の確認】

今回は、直径約5cmの半球シリコン型を使いました。
手に入らない場合は、100均で売っているお弁当用シリコンカップで代用することが出来ます!
どんな風に出来上がるかは記事の後半をチェック。

【下準備】

【下準備】

■色付きのティーボムを作りたい人は、あらかじめ型の中に好きな色の食紅をほんの少しだけ入れておく。金箔を使いたい場合もこの時に入れておく。

■作業台に濡れ布巾を広げておいてね。(後ほど鍋を冷ますのに使うよ。)

【ステップ1】飴作り

【ステップ1】飴作り

小鍋に★マークの材料を全て入れ、スプーンで軽く混ぜてから弱火にかけて約5~7分加熱。

しだいにブクブクと泡が出てきて、砂糖液が粘度を帯びてきます。煮詰めている間はあまり混ぜたりせず、ただじっと見守るのみ。
鍋肌の飴がわずかに黄色っぽく変色してきたら火を止めるサイン!(※調理用温度計を持っている人は150度に達したら火を消す。)
濡れ布巾の上に手早く鍋を移して温度上昇を止めましょう。

■飴作りは正直ちょっと難しい!失敗してしまう理由の多くは加熱不足。加熱が十分でないとその後うまく固まらないので、焦らずじっくり煮詰めるのが成功の秘訣。

■色の変化が見えやすい銀色か白色の鍋を使うことをおすすめします。

【ステップ2】カプセル作り

【ステップ2】カプセル作り

飴は刻一刻と固まっていくので、ここからは時間との勝負!
型に飴を流しいれ (1つの半球につきティースプーン2杯程度)、スプーンの背を使って型全体に素早く塗り広げる。飴が塗れていない部分が無いかしっかり確認しましょう。

■液体状態の飴はとても熱いのでやけどに注意!

■飴が固まってきて作業しづらい場合は、もう一度弱火にかけて液体に戻す。

■飴は常温でもすぐに固まります。15分経っても固まらない場合は失敗の可能性大。

【ステップ3】取り出す

【ステップ3】取り出す

飴が固まったら、そっと型から取り出す。

■フチの部分は特に薄くて割れやすいので取り扱い注意。

【ステップ4】茶葉を入れる

【ステップ4】茶葉を入れる

全体の半分のカプセルに茶葉を入れる。紅茶はもちろん、ハーブティーなどもおすすめ。
ティーバッグを入れる場合は、糸がカプセルの外に出るようにセット。

■入れる茶葉の量はお好みですが、私はティースプーン山盛り2杯程度入れます。

【ステップ5】ボール型にする

【ステップ5】ボール型にする

残りの半球カプセルを、1つずつ弱火で温めたフライパンの上に数秒間置いて、フチが溶けたら、先ほど茶葉を入れたカプセルと接着してボール型にする。

■フライパンが熱くなりすぎたら火を消してね。

【完成!】

【完成!】

できあがりましたよー!宝石のようです♡

【飲み方】

【飲み方】

ティーポットの中にティーボムを投入。

■茶葉タイプのティーボムの場合は、熱めのお湯(約250ml)を注いで5分ほど蒸らし、ポットを軽く揺らしてからカップにお茶を注ぎます。その際、茶こしを使って茶葉を取り除いて下さい。

■ティーバッグタイプのティーボムの場合は、お湯の量は150mlほどがベスト!茶こしは必要ありません。

【色付きのティーボムについて】

【色付きのティーボムについて】

飴に色を付けた場合は、当然のことながらお茶も同じ色に染まります。
ハーブティーなどは色付きでもさほど違和感がありませんが、もし「お茶には色を付けたくない」という場合は、色なしのティーボムにしましょう。

【お弁当用シリコンカップでも作れるよ!】

【お弁当用シリコンカップでも作れるよ!】

こちらは100均で手に入るお弁当用シリコンカップで作ったティーボム。ボール型じゃなくてもめちゃめちゃ可愛い♡
特別な型が無くても、身近な物で代用できると思うと気軽に挑戦できますね。

【はちみつを代用したティーボム】

【はちみつを代用したティーボム】

材料にある「グルコースシロップ」は、日本ではあまり見かけない物かもしれません。手に入らない場合はハチミツで代用できます。

■ハチミツを使うと写真のような黄金色の仕上がりとなりますが、紅茶にハチミツの風味が加わって美味しかったです♪(食紅で着色した場合は、ハチミツの色はほぼ分からなくなります。)

■ハチミツを代用した場合は、加熱の際に色の変化が分かりづらいです。加熱不足を防ぐため、焦げない程度に「気持ち長め」に加熱しましょう。

■グルコースシロップは、別名コーンシロップとも言います。一説には水あめやガムシロップで代用できるとも言われていますが、検証していないのでお試しの際は自己責任で。

【より簡単に作れるホットチョコレートボム】

【より簡単に作れるホットチョコレートボム】

「飴作りはちょっと難易度が高いわ」という方は、まずはホットチョコレートボムから始めてみてはいかがでしょう?市販の板チョコを使って簡単に作れますよ。

ぽかぽか♡ ホットチョコレートボム
ぽかぽか♡ ホットチョコレートボム
2024年2月26日
海外から人気に火が付いた『ホットチョコレートボム』が、おうちで意外なほど簡単に作れちゃうって知ってましたか?バレンタインデー、ホワイトデー、母の日などのプレゼントにもおすすめです。 「ていうか、そもそもホットチョコレートボムって何?」という初耳状態の方も、これを読んだらきっと作りたくなりますよ~♪
2024年2月26日

コツ・ポイント

ずっと作ってみたいと思っていた『ティーボム』ですが、まだ世の中にあまり知られていないせいか、いわゆる日本版のレシピというのが存在しませんでした。そして海外レシピでは、日本では入手しづらい「イソマルト」という特殊な甘味料を使って作る方法が一般的なので、再現することが難しい一品でもありました。

けれど、どうしても作ってみたくて色々ためした結果、今回のレシピで再現することができました!簡単かと問われると、正直、すっごく簡単ではありません(笑)。でも一度飴作りのコツを掴んでしまえばサクサク作れるようになるので、たとえ失敗したとしてもめげずに再チャレンジしてみてください。

■密封容器などに入れて、常温で2週間程度保存できます。

■飴のこびりついた調理器具はしばらく水に浸けておくと簡単にきれいになります。


SNSでシェア
詳しく見る





プレゼント&モニター募集