お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

プレスリリース

【お歳暮】余計なものは使っていない 新潟の老舗味噌蔵がつくるフリーズドライ味噌汁

新潟県長岡市にある「星野本店」は創業弘化三年の老舗味噌蔵。「離れて暮らす息子のために手軽な味噌汁を」と開発したのが、こだわりのフリーズドライ味噌汁です。今シーズン初めてお歳暮セットとして登場!

新潟市のクリエイティブ集団hickory03travelers(合同会社アレコレ)が提案する今年のお歳暮は老舗味噌蔵「星野本店」のフリーズドライ味噌汁セット。余計なものは使わず、新潟産の米と国産野菜にこだわった贅沢な一品をぜひ贈り物に。




【星野本店について】
豊かな緑に囲まれた古い街並みが続く新潟県長岡市摂田屋。江戸時代には幕府の天領であり、清冽な地下水が豊富だったことから醸造業が軒を連ねました。星野本店は江戸時代の弘化3年(1846年)摂田屋に蔵を構えて以来、「本物の味」に取り組んできました。
2004年 新潟県中越地震の被害を大きく受けましたが現在では復興を遂げ、味と技術、そして地域を大切に未来に向けて前進しています。






【フリーズドライ味噌汁について】
米どころ新潟のおいしいお米、そして大豆。

星野本店が作る「越後味噌 越の天恵」を使用し、具材のほうれん草、わかめ、ねぎもすべて国産にこだわって作られたフリーズドライのお味噌汁。味噌の主材料となる米、大豆はともに新潟で収穫された天からの恵み。お湯を注ぐと浮いてくる、米麹の量は圧巻です。感動の味わいを手軽に。

開発のきっかけは離れて大学生活を送る息子さん。手軽だけど体にいいものを食べて欲しいという思いから、自社の主力商品である味噌と国産野菜を使ったフリーズドライ味噌汁が生れました。これまでは単品・3個セットとしての通年販売をしてきましたが、贈り物としてのリピート需要が増えてきたため、今シーズン初めてお歳暮セットとして販売を始めました。





【原材料】
米味噌、ほうれん草、ねぎ、かつお昆布だし、わかめ、でん粉(原材料の一部に大豆を含む)




【オンラインショップ】
お歳暮セット https://h03tr.shop-pro.jp/?pid=140445688
3個セット https://h03tr.shop-pro.jp/?pid=140663404


■合同会社アレコレについて
本 社:〒951-8063 新潟県新潟市中央区古町通3番町556
代表者:代表社員 迫一成
設 立:2001年10月チャレンジショップとして活動を開始し、2011年10月に合同会社アレコレを設立
Tel :025-228-5739
URL :http://www.h03tr.com/
<事業内容>
「日常を楽しもう」というコンセプトにもとづいて、様々な物やコトをクリエイトする個性豊かなメンバーが集まる。
懐かしい雰囲気が漂う新潟市中央区上古町商店街に店舗「hickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)」と作業場を構え、新潟土産やTシャツ、雑貨などを中心にデザイン・制作・販売。店内のラインナップは、手刷りのシルクスクリーンのオリジナル商品、新潟的な土産や日常が楽しくなるような商品を制作したり、セレクトしている。障がい者福祉施設で作る商品や、新潟の老舗、伝統工芸品、商店街のお店などとのコラボ商品も多数。
2015年「地域に根ざしたデザイン活動」グッドデザイン賞受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
暮らしニスタとは?
よくある質問

姫ニスタインタビュー

特に今、注目したい暮らしニスタを"姫ニスタ"と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

Vol.56 にじいろ工房さん| 今月の注目姫ニスタさんインタビュー!
vol.56

にじいろ工房 さん

オーストラリア・メルボルンで、夫と、9歳・6歳・4歳の3人の息子との5人暮らし。2019年に子ども向けのアート教室「にじいろ工房 Rainbow Factory」をスタート。身近な材料を使った目にも楽しい工作アイデアは、SNSでも大人気。そのデザインセンスが評価され、2020年、暮らしニスタ大賞の準グランプリを受賞。

AKKOさん
vol.55

AKKO さん

junkaさん
vol.54

junka さん

かよママさん
vol.53

かよママ さん

アンケート隊
暮らしサポーター

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

すのこの活用アイデアコンテスト
卵が主役♡のおかずレシピコンテスト