「へとへとな日」はちらし寿司で疲労回復

「へとへとな日」はちらし寿司で疲労回復
投稿日: 2023年6月3日 更新日: 2023年6月3日
閲覧数: 2,957
10 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
夫と二人暮らしの60代主婦です。 2021年2月から暮らしニスタへ投稿を始...
「へとへとな日」は疲労がたまっていますから体力がV字回復するように酢を食事に取り入れましょう。
ちらし寿司を作りました。
薄焼き卵、ニンジンの甘煮は前もって作っておきます。
タケノコの煮物は以前作って冷凍していたものです。
自家製のきゅうりやショウガの甘酢漬けを入れます。
チリメンジャコ、かまぼこを加えると色々な味が楽しめます。

材料 (4人分)

  • 白ご飯 :600g
  • a酢 :40㏄
  • a砂糖 :大さじ3
  • a塩 :小さじ2分の1
  • :2個
  • 米油 :少々
  • 麺つゆ :小さじ2
  • たけのこの煮物(冷凍) :200g
  • チリメンジャコ :25g
  • ニンジンの甘煮 :20g
  • きゅうりの甘酢漬け :20g
  • かまぼこ :3切れ
  • ショウガの甘酢漬け(紅ショウガでもOK) :少々
  • 木の芽(なくてもOK) :少々

材料

材料

調味料aを混ぜて合わせ酢を作る。
白ご飯に混ぜる。

卵は麺つゆを加えてフライパンで薄焼き卵2枚を焼く。
小さく切っておく。

冷凍たけのこは小さく切る。
かまぼこ、きゅうり、ショウガの甘酢漬けも小さく切る。
チリメンジャコはお湯をかけて塩抜きをしておく。

ここまでを準備して冷蔵庫に入れておく。

食事の支度
すし飯をレンジで温める。
すし飯に薄焼き卵と木の芽を除いた具を混ぜる。
これでできあがり。

盛り付ける

盛り付ける

ちらし寿司をもりつけ薄焼き卵を飾り、最後に木の芽をおく。

コツ・ポイント

栄養のバランスがよくて目にも楽しいちらし寿司は
準備をしておくと短時間で作れます。
冷蔵庫に材料をストックして食べる直前に温めて混ぜるだけ。
疲れている日でもヘルシーな食事ができますよ。


SNSでシェア
詳しく見る