書店のブックカバーは素敵すぎる…!残して活かすコレクション方法

書店のブックカバーは素敵すぎる…!残して活かすコレクション方法
投稿日: 2023年5月30日 更新日: 2023年6月7日
閲覧数: 6,384
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
3人の子どもを育てながら、手づくり本屋をしています。 捨てられそうな...
書店で本を買うと、希望すればつけてくれるブックカバー。
このブックカバーがどれも素敵で、旅先で書店にいくと必ず何か本を買ってしまいます。

それらをどのようにコレクション収納しているのかというと…。

その1 ファイルに綴じる

その1 ファイルに綴じる

最初はそのブックカバーを、そのままパンチで穴をあけてファイルに綴じていました。

それもそれで見応えありだったのですが、もっと一覧で見たいなという気持ちになり、収納方法を変えることに。

その2 切り取ってスクラップ

その2 切り取ってスクラップ

このように、ブックカバーの一部を切り取ってスクラップブックに貼ることにしました。

どこの書店かわかるように、都道府県と書店名をメモしています。

だんだん増えていくカタログみたいでお気に入り。

その3 手製本にリメイク

その3 手製本にリメイク

スクラップブックには一部だけを切り取っているので、ブックカバーの大半は残ります。

それをどうしているかというと、「ブックカバー」という自作の物語をその裏に印刷して、中綴じホッチキスでパチン。

いろいろな場所のブックカバーを使って作った手製本は、思い出もよみがえる大切な1冊となっています。

SNSでシェア
詳しく見る