【5月の街中de見過ごされる危険!】このバッタのような物体?卵が入っている?放置するとヤバいんです。

【5月の街中de見過ごされる危険!】このバッタのような物体?卵が入っている?放置するとヤバいんです。
投稿日: 2023年5月21日 更新日: 2023年5月21日
閲覧数: 104,467
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を大切にしています。保育...
皆は気にならないこと?気にしているけど、どうしようもないので、気にしない?素敵な街で暮らしたいので、暮らしの中の、ほんの少しの気づきを皆さんと共有してみたいと思い、投稿しました。

では、いってみよう~♪

群生している菜の花?

群生している菜の花?

写真には入りきれませんが、肉眼で見届けられないくらい、この黄色いお花を咲かせた風景は続いているんです。

運河沿いに咲く春の花。黄色くて綺麗なんですが…

運河沿いに咲く春の花。黄色くて綺麗なんですが…

気になって調べてみましたら…

こちらの雑草は「ハルザキヤマガラシ」だと判明!

こちらの雑草は「ハルザキヤマガラシ」だと判明!

葉は虫にほぼ食べられたようですが、それでも綺麗な花を咲かせていますよ。
葉だけなくなっても、花はたくさん咲いていますね。そのまま放置すると、種ができますよね。

健気なんですが、この植物は厄介なんです。

【アブラナ科雑草の仲間】アブラナ科の特徴の4弁の十字状花で菜の花にそっくりだけど、要注意!

【アブラナ科雑草の仲間】アブラナ科の特徴の4弁の十字状花で菜の花にそっくりだけど、要注意!

「ハルザキヤマガラシ」はヨーロッパ原産の帰化植物で、道路わきや湿った草原、河川敷、畑、色々な場所で群生し、4~6月に菜の花に似た花を咲かせます。

この植物は、外来生物法要注意種や日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。

こちらは、栽培されているアブラナ科の食用の植物です。

こちらは、栽培されているアブラナ科の食用の植物です。

葉は違うのですが、花は黄色い色でとても似ていますよね。

「ハルザキヤマガラシ」の花です。

「ハルザキヤマガラシ」の花です。

「ハルザキヤマガラシ」は繁殖力が強く、もともとあった生態系のバランスを崩してしまう(脅威となっている)「外来植物」なのです!!!駆除の対象となります。
「菜の花」と間違って育てないようにしましょう。

花が咲き終わると、たくさんの実をつけます

花が咲き終わると、たくさんの実をつけます

なんと、1株につき数千個もの種がついているそうです。

花が終り種が周囲に飛散する前に、根ごと抜きとるほうがよいそうです。「ハルザキヤマガラシ」は種だけでなく、根でも繁殖するので、根ごと駆除しないといけません。

茶色くなり、まもなく周囲に飛散します。

茶色くなり、まもなく周囲に飛散します。

バッタ並に大きなふさですね。中にはたくさんの種が入っているんです。
黄色い雑草といえば、昔はセイタカアワダチソウが空き地などに群生していましたが、時代と共に、自生する雑草も変わってくるものなのですね。
雑草を見ながら、時の流れを感じました。

こちらの情報が誰かの助けや喜びになりますように…
最後まで読んでくださりありがとうございます。

コツ・ポイント

・春に群生していた、厄介な雑草「ハルザキヤマガラシ」は、5月半ばには種を放出する準備をしはじめています。綺麗な花なんですが、1株につき数千個もの種がついているそうです。そして、根からも繁殖をすることができます。そのことから、この植物は、外来生物法要注意種や日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。お家の周りに自生しはじめたら、早めに駆除したほうがよいですよ。


SNSでシェア



「園芸・ガーデニング」の人気アイデア