秋の味覚!はらこ飯

秋の味覚!はらこ飯
投稿日: 2022年9月11日 更新日: 2023年9月7日
閲覧数: 3,421
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運びます。春夏秋冬いつ...
はらこ飯とは宮城県亘理郡亘理町に伝わる郷土料理で、
鮭の煮汁でご飯を炊いた炊き込みご飯です。

今回は、はらこ飯にさつまいも入れて炊いてみました。
味がまろやかで、ホクホクの炊き込みご飯になりますよ。
是非、お試しください。

材料

  • :3cup
  • :200g
  • はらこ(いくら) :適量
  • さつまいも :1/2本
  • 醤油 :70cc
  • みりん :10cc

さつまいもは皮を剥き賽の目切りにします。
少し水に浸してアクを取ります。

鮭の切身は、予め皮や骨を取り除き、
大きめの短冊切りにします。

小鍋にみりん、醤油、水を入れて混ぜ、火にかけます。
鮭を加えて煮ます。火が通りましたら火を止めます。

お米は洗って水に浸しておきます。
ザルで水気を切り、鮭の煮汁に水100ccを加えて
炊飯器に入れて炊きます。
炊飯炊きでOKですよ。
その際、鮭は全部入れずにストックしておくと
盛り付けの時にちょこんと飾れますよ。

美味しそうに炊き上がりました。
はらこを乗せ蓋をして少し蒸らします。

鍋底から、ご飯を切るように混ぜます。

器に盛り付けます。
秋の味覚を是非ご賞味ください。

コツ・ポイント

はらこ飯は宮城の郷土料理です。
宮城県には北上川、鳴瀬川、阿武隈川をはじめとする大小さまざまな河川があり、
毎年秋になると鮭が産卵のために遡上します。
そのため、白鮭類の漁獲量は全国トップクラスです。
「はらこ」とはこの地方でいくらを指す言葉で、鮭の腹にいる子「腹子」
からそう呼ばれるようになったそうです。

鮭が遡上してくる9月から11月にはご当地である宮城県亘理町はもちろん、
宮城県内の多くの飲食店で「はらこ飯」が提供されています。
鮭のアラ汁も提供されていますよ。

宮城の郷土料理はらこ飯は、とても美味しいですよ
ご参考になりましたら幸いです。

SNSでシェア
詳しく見る