お花紙と折り紙で作る「あじさい」

お花紙と折り紙で作る「あじさい」
投稿日: 2022年6月12日 更新日: 2022年11月11日
閲覧数: 26,425
35 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
工作やものづくりが好きな、男女2児のママデス(☆▽☆) 美術教員免許も持っ...
雨の多い梅雨の時期でも見ると元気になる「あじさい」。

お花紙や折り紙で作って紙皿に貼って飾って楽しめるようにしました。

お部屋に飾って、ジメジメした季節を乗り越えましょう♪

材料

  • お花紙(濃いピンク) :4枚
  • お花紙(うすピンク) :1枚
  • お花紙(うす緑) :1枚
  • 折り紙(ピンク系、紫系、白) :3~4枚
  • 紙皿(15cm) :1枚
  • リボン :適量
  • セロテープ :少々
  • 穴開けパンチ :1個
  • はさみ  :1本
  • 速乾ボンドorスティックのり :1本
  • 輪ゴム :1個

お花紙でお花を作ります

お花紙でお花を作ります

お花紙の濃いピンクを4枚、うすピンクを1枚を重ねてジャバラ折りにします。

真ん中を輪ゴムで結んだら、両端を丸くカットしてください。

※和紙で作ってもOK

うすピンクのお花紙が真ん中に来るよう、お花紙を1枚1枚広げてお花を作ります。

真ん中のゴムが上から見えないようにするとキレイです。

土台を作ります

土台を作ります

直径約15cmの紙皿に1ヶ所穴開けパンチで穴を開け、輪にして結んだリボンを通します。

裏側からリボンが抜けないようにセロテープで留めてください。

葉っぱを作ります

葉っぱを作ります

お花紙のうす緑で約7.5cm×約13cmの大きさに葉っぱを作ります。

カットしたら半分に折り、斜めにジャバラ折りで静脈の模様を作ります。

広げたら、紙皿の下に角度を付けて(ㇵの字) 貼りましょう。

その上にお花も貼ってください。

ガクを作ります

ガクを作ります

折り紙でガクを作ります。折り紙1枚を16等分にしてカットします。

1/16枚を四つ折りにし、4つの葉が中心でつながった形にカットします。

手で持っている真ん中部分を切ってしまわないように気を付けてください。

お花にガクを貼ります

お花にガクを貼ります

お花の土台にガクを10枚程度貼って行きます。

濃いピンク3枚、うすピンク3枚、白2枚、うす紫2枚など、色のバランスを見ながら貼ると良いです。

お好みで数を増やしてもOK。

完成♪

完成♪

皆さんで作る機会があったので、作って並べてみました。

濃いピンクの折り紙が両面折り紙で、裏が黄色と黄緑だったのですが、そちらをアクセントとして貼ってくださった方もいました!

個性が出て良いですね~。

こちらは、濃いピンクとうすピンクを混ぜずに単色で土台を作っています。

ちなみに、ピンクのあじさいの花言葉は、『元気な女性』という意味があるんです!

フランスなど雨の少ないヨーロッパでは、土壌がアルカリ性になりやすく、ピンクや赤紫系の「あじさい」が咲くんだとか。

日本では、「あじさい」と言えばブルーや紫色をイメージするけど、土壌によって色が違うんですね。

雨の中でもパッと華やぐ「あじさい」。

お部屋に飾って、ジメジメした季節でも元気にがんばりましょう◎

コツ・ポイント

お花紙で土台にボリュームを持たせ、折り紙で作ったガクを貼って「あじさい」を表現しています。

紙皿に貼ってリボンで飾れるように工夫しました。

お花紙の色をグラデーションにしたり、ガクの色のバランスでかわいく仕上げましょう◎



SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード