【無印】ベビー収納から小学生になっても使える!無印シェルフで長く使える子ども収納♪

【無印】ベビー収納から小学生になっても使える!無印シェルフで長く使える子ども収納♪
投稿日: 2022年5月30日 更新日: 2022年7月5日
閲覧数: 5,848
4 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
◆ライブドア公式ブロガー「いつでも、HOME」 ◆著書「アイデアノートで...
子どもはどんどん成長していくから、子どもグッズの収納は長く使い回せるものにできたらいいですよね。
わが家では、現在小学2年生の次女が生まれる前にベビー収納として購入して、7年以上愛用している無印の収納があるんです!
今回はそんな、長く使い回せる無印収納の活用アイデアをご紹介します。

材料

  • パイン材ユニットシェルフ(無印) :1台
  • 綿麻混ソフトボックス(無印) :必要なぶん
  • ラタンバスケット(無印) :必要なぶん

無印の「パイン材ユニットシェルフ」

無印の「パイン材ユニットシェルフ」

わが家のリビングの一角にある、無印の「パイン材ユニットシェルフ」。
7年前、子どもが生まれるときに、ベビー収納として使うために購入しました。

ベビー時代は、肌着やベビー服を入れて

ベビー時代は、肌着やベビー服を入れて

軽くて扱いやすい「綿麻混ソフトボックス」を組みあわせて、ボックスの中には肌着やベビー服、タオルなどを入れて。
赤ちゃんのうちは着替えが頻繁なので、リビングでサッと取り出せると便利!

ワンアクションで出せるカゴにおむつを

ワンアクションで出せるカゴにおむつを

最上段に置いたカゴは、引き出さなくてもワンアクションで取れるので、
ここには一番よく使うオムツとおしりふきを。
ここはソフトボックスではなくラタンバスケットにすることで、ナチュラル感をプラスしました♪

下の空スペースにはおむつ用ゴミ箱を

下の空スペースにはおむつ用ゴミ箱を

シェルフの左下はおむつ用ゴミ箱を置くスペースに。
床置きではなくシェルフの中に置くことで、掃除機をかけるときも退ける手間いらずでラクラク♪

幼稚園に入ったら、幼稚園グッズ収納として

幼稚園に入ったら、幼稚園グッズ収納として

子どもが成長して、幼稚園に入園してからは、通園グッズ収納として活用!
ベビー服を入れていたソフトボックスに、幼稚園のブラウスや体操服などを入れて、子どもが自分で支度をできるように。
ソフトボックスは軽くて&持ち手つきなので、小さな子どもでも扱いやすいところが◎!

バスケットには通園バッグを投げ込みに

バスケットには通園バッグを投げ込みに

下段のラタンバスケットには、通園バッグを投げ込み収納。
ポイっと入れるだけなら、小さな子どもでもラクにお片付けができます。

大きなボックスは習い事バッグ入れに

大きなボックスは習い事バッグ入れに

赤ちゃん時代にぬいぐるみなど大きなおもちゃを入れていた大サイズのソフトボックスは、習い事バッグの収納に。
成長してからも、中身を変えて使い回せています♪

左上の空きスペースはお支度コーナーに

左上の空きスペースはお支度コーナーに

左上のスペースはあえてボックスを置かずにあけておいて、
翌日の服や持ち物を出しておく「お支度コーナー」に。
前日にきちんと用意する習慣がつけられて、かつ忘れ物もなくなるのでおすすめです♪

コツ・ポイント

シンプルだからこそ、子どもが成長してからも使い回せる無印のパイン材ユニットシェルフ。
ベビー収納として購入して、今は子どもが小学生になりましたが、体操服を入れたりとまだまだ活用しています。
奥行きが狭いタイプを選べば、リビングなどでも圧迫感なく置くことができますよ♪
組み合わせるカゴやボックスで、好みのインテリアに合わせた雰囲気を作ることもできるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

SNSでシェア
詳しく見る