冬野菜でミニおかず!水菜と油揚げの香味サラダ

冬野菜でミニおかず!水菜と油揚げの香味サラダ
投稿日: 2022年2月18日 更新日: 2022年2月18日
閲覧数: 1,361
10 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
野菜ソムリエプロ、フードコーディネーター。7歳の娘の育児をしながら、...
シャキシャキの食感が楽しめて、クセがなくて食べやすい水菜は冬が旬の野菜です。カロテンとビタミンCが豊富に含まれており、ミネラルや食物繊維も多く、バランスの取れた緑黄色野菜と言えます。
鍋に入れるとしんなりとして量もたくさん食べられますよね。
今回は鍋ではなく、カリカリに焼いた油揚げと香味ダレで和えたサラダをご紹介します。簡単に作れて、さっぱりとしつつも後引くお味です。是非試してみてくださいね。

材料 (2人分)

  • 水菜 :2株(60~80g)
  • 油揚げ :1枚
  • 絹さや :5本
  • 長ねぎのみじん切り(A) :大さじ1
  • しょうがのみじん切り(A) :小さじ1/2
  • ぽん酢(A) :大さじ2
  • ごま油(A) :大さじ1
  • 白ごま(A) :少々

材料の下準備をします。

水菜は根元を落として5cm幅に切ります。
絹さやは筋を取り除いて熱湯でさっとゆで、斜め半分に切ります。
フライパンに油をひかずに油揚げを入れ、両面をこんがりと焼き、縦半分に切ってから短冊切りにします。

香味ダレを作ります。

ボウルに(A)の材料を入れて混ぜ合わせ、香味ダレを作ります。

器に盛り付けて香味ダレを掛けたら完成です。

器に盛り付けて香味ダレを掛けたら完成です。

水菜、絹さや、油あげをさっくりと合わせて器に盛り付け、食べる直前に香味ダレを回しかけて完成です。

コツ・ポイント

油揚げは油を引かずにこんがりと焼くことでカリカリとした食感が長続きします。タレで和えてしまうと水菜や油揚げがしんなりとしてしまうので、食べる時にかけるスタイルにしました。絹さやの代わりにスナップエンドウやインゲンなどでも◎。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード