ダンボールで作る♪板チョコのメッセージカード

ダンボールで作る♪板チョコのメッセージカード
投稿日: 2022年2月9日 更新日: 2022年11月7日
閲覧数: 1,125
16 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
海外在住。物づくりとコーヒーと猫をこよなく愛する3児の母。北欧生活を...
作って楽しい!もらってビックリ!
バレンタインに、ダンボールを使ってリアルな板チョコを作ってみませんか?メッセージカードとして贈ったり、インテリアとしてお部屋に飾ることもできますよ〜♪小さなお子さんも楽しく作れます。

材料

  • ダンボール :一片
  • 好きな色の紙 :1枚
  • アルミホイル
  • ノリ
  • ハサミ(カッター)
  • 絵具(茶色)と筆
  • 紙皿(パレット)
  • 定規

【材料の確認】

【材料の確認】

材料をそろえると上の写真のようになります。

【下準備】

【下準備】

ダンボールを切って、上の写真のようなパーツを用意します。

私の作った板チョコのサイズを参考までに載せていますが、大きさはお好みでどうぞ。(サイズを厳密に測る必要はありません。テキトーで大丈夫です!)

【作り方】

【作り方】

①大きな長方形に、小さな四角をノリで貼り付けていく。

②全体に茶色の絵具を塗って乾燥させる。(できれば裏側も!)

③アルミホイルを、板チョコの半分に巻く。

④好きな色の紙を程よい幅に切って、ホイルの上に巻いたら完成!

【ワンポイント】

【ワンポイント】

紙にメッセージを書き込もう♪
板チョコに巻いてからだと凹凸があって書きづらいので、あらかじめ書いておくのがオススメ。

【アレンジ】

【アレンジ】

そのままでも可愛い板チョコですが、かじった跡をつけると面白みが増します。お好みで角を切り落としてください。

【カードとして贈る場合】

【カードとして贈る場合】

封筒に入れて、普通のお手紙のごとく贈りましょう。もらった人はきっと封を開けてビックリするでしょうね。

【現代アート風に飾る場合】

【現代アート風に飾る場合】

台紙に貼り付けて額装すればポップなアート作品に!(厚みがあるのでガラス板を付けずに額装するのがオススメ。)溶けることのないチョコレートはいつまでも綺麗に飾っておけますよ。

【子供も楽しく作れる♪】

【子供も楽しく作れる♪】

貼ったり塗ったり、小さな子も一緒に楽しめる要素が盛り沢山!5才の息子も楽しく制作できました。(ダンボールを切る作業は大人がやってあげましょう。)ぜひ親子で挑戦してみてくださいね。

コツ・ポイント

ある日、子供たちが生き物の標本を眺めていて「チョコの標本ってないのかな?」と呟きました。大好きなチョコをずっと眺めていたいのだそうです。そこで溶けない板チョコを作ってみることにしました。出来上がった板チョコは予想以上にリアルで、子供が一瞬、本物と間違えました。笑

お友達はもちろん、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんに贈っても喜ばれそうなユーモアに溢れたメッセージカードです。



SNSでシェア
詳しく見る