お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

モノを減らせば収納スキルは不要です

モノを減らせば収納スキルは不要です
投稿日: 2022年1月17日 更新日: 2022年1月18日
閲覧数: 19,370
17 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
★おもちゃコーディネーター®︎ ★ライフオーガナイザー®︎ 一級資格保有 ...
我が家のキッチンカウンターには、扉も引き出しもありません。
がらんとした空洞にスチールラックを入れて、収納というよりほぼ「置いてるだけ」です。

ポイントは、「毎日のように使うものだけをここに置いている」こと。

モノを減らすことで、使いやすくお手入れしやすいキッチンをキープしています。

表から見たキッチン

表から見たキッチン

キッチンを表から見たところ。
表から見たら、裏側はどうなっているか分からないようになってます。

裏側にまわってみると

コンロ下の収納

コンロ下の収納

コンロの下には、調理に使うモノを収納(といっても並べて置いてるだけ)しています。

毎日のように使うモノだけ置いているので、ホコリはあまり気になりません。
というか、私は気にしてません…

コンロ下はがらんどう空間

コンロ下はがらんどう空間

もともとはこんな感じ。
コンロの下はがらんどうの空間になっています。

ここにスチールラックを

ここにスチールラックを

引き出しの代わりに愛用しているのは、スチールラックです。

さっと乾かしたフライパンを、すぐにポンと置いても大丈夫。
持ち物や使い勝手に合わせて、棚板の高さを調整できるところも気に入ってます。

取り出しやすい

取り出しやすい

調理や下ごしらえに必要なモノは、コンロ下にまとめています。
この時、上にスペースをたっぷり作っておくと、出し入れしやすいんです。

何かと便利なステンレスバットは、重ねてコンロ下にスタンバイ。


100均のステンレスバットの便利な使い方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

こんなに使える!100均のステンレスバット 10の使い方
こんなに使える!100均のステンレスバット 10の使い方
2016年2月3日
100均で手に入る、こちらのステンレスバットは、実は、とても使えるグッズ。 わが家のキッチンでの使い方を、一挙ご紹介いたします!
2016年2月3日

オイルポットはトイレットペーパーとセットにして

オイルポットはトイレットペーパーとセットにして

オイルボットは、トイレットペーパーとセットにしてステンレスバットにのせ、一番下に置いてます。

吸水性の高いトイレットペーパーは、フライパンの油汚れを拭き取るのにピッタリ。

ラックの一番上に置いてある古雑誌は、野菜の皮などをくるんで捨てる時に使います。

野菜の皮を楽して簡単に捨てる方法
野菜の皮を楽して簡単に捨てる方法
2015年9月14日
野菜の皮をむくとき、どうされていますか? シンクの中の水切りかごに流してしまうと、すぐにぬめぬめしてきて、掃除が大変なので、私はいつも古くなった雑誌を活用しています。 手ごろな大きさのボールに、ちぎりとった古雑誌を入れて、その上で皮をむくだけです。
2015年9月14日


必要に合わせてフックを

必要に合わせてフックを

ゴミ袋、鍋つかみ、など、必要に合わせてフックを使ってつるしてます。

フックにはいろんなタイプがありますが、このタイプのフックは、ガシーンと固定されて動かないところがお気に入りです。

引き出すと実は掃除もラク!

引き出すと実は掃除もラク!

スチールラックを引き出すと、実は掃除もラクチン。




調味料は書類ケースに

調味料は書類ケースに

ステールラックの隣には、油、醤油、お酒など、ボトルタイプの調味料を、書類ケースに入れてからコの字ラックに乗せてます。

コの字ラックに乗せてる理由は、床置きだと低すぎて取り出しにくいから。


「このスキマに入るラックを…」と考えた時もありましたが、ここに置きたいモノの量を考えたら、「書類ケース2つで十分!」と気がつきました。

汚れが気になったときは、書類ケース2コを洗うだけ、
これでキレイをキープできます。

シンク下の収納

シンク下の収納

お次はシンクの下の収納です。

ここは排水があるので、スノコでラックをDIY。

スノコでDIY

スノコでDIY

このラックは、たまたま家に転がっていたスノコで夫が作ってくれました。

排水溝を避けて、端っこをカット。
たったこれだけのことですが、シンク下にスポッとはまって大満足です。


ここには、洗剤、スポンジ、セスキ水やキッチンハイターなど、洗い物、掃除に関するモノを置いてます。


100均の水筒用スポンジの便利な使い方
100均の水筒用スポンジの便利な使い方
2016年5月19日
暑くなってきたので、水筒は必需品。 毎日、水筒を洗うのはなかなか面倒ですよね。 すこしでも、手間が減るように 我が家では、水筒を洗うための柄のついたスポンジを、こんな風に使っています。 まず、柄のついた水筒用のスポンジは、意外とかさばるので、写真の矢印のように、 スポンジを外してから柄だけをシンク下にぶら下げます。
2016年5月19日



2022年は、もっとナチュラルな掃除にトライしたい!
暮らしニスタさんの投稿を、ぜひ参考にさせてださい。

ゴミ箱もフタなし

ゴミ箱もフタなし

このゴミ箱。
もともと、シルバーのふたつきのゴミ箱だったんです。
だけど、外側のスタイリッシュな部分は捨てちゃいました。

足で踏めばフタが開く、という仕組みだったんですけど、ここに置いてみると、フタが邪魔で邪魔で…。
「踏んでフタを開けると、シンクにぶつかる〜」

毎日ゴミを捨てることができるわが家なので、「フタ、要る?」と考えてみたところ、「これで十分」と答えが出ました。

扉の開閉がないとラク

扉の開閉がないとラク

扉や引き出しを開け閉めする手間がないだけで、作業効率がアップ。
何がどこにあるかも、一目で分かります。

通気性が良い代わりに、ホコリはやや気になりますが、掃除は意外と楽ちんですよ。

コツ・ポイント

便利な機能も、すごいテクニックもなにもない、素朴なキッチン収納を紹介しました。
20年使っているうちに、さらにモノが減ってきた感じです。

モノを所有するには、収納、掃除、メンテナンスがついてまわるので、これからも定期的に要・不要を見直しながら、使いやすさをキープしていきたいです。


ピンタレストのアイデアピンで、キッチン収納を紹介しています。
https://www.pinterest.jp/pin/387591111691738120/



SNSでシェア
詳しく見る