AGRI PICK編集部で実践!グルーガンの使い方

AGRI PICK編集部で実践!グルーガンの使い方
投稿日: 2021年10月7日 更新日: 2021年10月7日
閲覧数: 609
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
ハンドメイドが好きな人には欠かせない接着アイテム「グルーガン」。グルーガンの簡単な使い方を初心者の方にも分かりやすくご説明します。
接着剤のもととなるグルースティックはグルーガンに付属している場合と別売りされている場合があります。初めての方には、セットの方がオススメです。

 出典元:「AGRI PICK」 https://agripick.com/997

1.グルースティックをグルーガンにセット

1.グルースティックをグルーガンにセット

グルーガンの後方からグルースティックを差し込み、電源を入れます。

2.予熱

グルーガン内でグルースティックが温まるので、溶けるまで待ちます。このときスタンドを使って、ノズルを下に向けておきましょう。上向きだとグルーが逆流して、故障の原因に繋がります。予熱時間は製品に依ります(1〜5分程度)。

3.グルーガンで接着

3.グルーガンで接着

・トリガーを引いて、溶けたグルーを出します。
・接着したいものを対象物に接着します。
・グルーがしっかり硬化するまで待ちます(30秒~数分程度)。
・スティックがなくなったら、スティックを補充します。挿入口から、新しいスティックを奥まで差し込みます。
・電源を切り、コンセントから抜きます。

おわりに

おわりに

グルーガンを使って、キッチンの奥に眠っていたガラス瓶を100均のアクリルビーズでリメイクしてみました。手軽な材料でできるのでぜひお試しください。

コツ・ポイント

本体が十分に冷えてから、片付けましょう。スティックは差し込んだままでかまいません。


SNSでシェア


関連するキーワード