リビングを広くみせるためのポイント

リビングを広くみせるためのポイント
投稿日: 2015年2月4日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 1,136
2 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
英国の医師バッチ博士が確立した「バッチフラワーエッセンス」を暮らし...
うちは、限られたスペースのマンション暮らしです。

でも部屋に入った瞬間、「広~い!」とう声が上がるのです。

部屋を広くすることはできないのですが、広く見せるポイントがあるのです!

目の高さより高い家具は置かない!

目の高さより高い家具は置かない!

目のの高さよりも家具の高さを低くすると、上の空間に広がりを感じます。

すると、実際の空間よりも広く感じます。

フォーカルポイントをすっきりきれいに!

フォーカルポイントをすっきりきれいに!

部屋の入口から一番良く見える壁やコーナーにあたる「フォーカルポイント」といわれる場所があります。

ココに「ウォールアート」や「絵」、「お花」などを飾って視点を集めると、部屋が広く見えます。

壁面を飾る時は、余白の分量にも注意して!

色の多いものは、死角を使って収納

色の多いものは、死角を使って収納

子どもの絵本やおもちゃなど、色が多いものが入った家具は、一番良く見える場所に前面を見せてはいちするのではなく、壁の側面に配置してみましょう。

色の多いものは、死角を利用して配置すると、部屋がすっきりして広く見えます。

色を絞る

色を絞る

部屋の中で大きな面積を占める、「家具の色」をそろえたり、「カーテンと壁の色」をそろえて、部屋の中の色を絞るだけで、統一感が生まれます。

選ぶ色も、膨張色といわれる明るい色を選ぶと、部屋が広く見えます。

コツ・ポイント

すっきり見えるだけで、お部屋はかなり広く感じられます。
あとは、高さと色を意識するだけでも、広がりを感じることができます。
最後に、フォーカルポイントと意識して飾ると、見違える空間変身するかもしれませんよ!



SNSでシェア
詳しく見る





プレゼント&モニター募集