花がら摘みの楽しみ

花がら摘みの楽しみ
投稿日: 2021年4月11日 更新日: 2021年11月5日
閲覧数: 2,905
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
夫と二人暮らしの60代主婦です。 2021年2月から暮らしニスタへ投稿を始...
植物が花をつける期間を延ばすには
早めに花がらを摘む方がよいとテレビで言ってました。
種を作ると花が咲かなくなるそうです。

写真は朝一番に花がらを集めたものです。
満開を過ぎたり、しぼんでしまったものを摘みました。
摘んだ後、茎を短く切り、水に浮かべただけです。
しぼんだ花は箸で花びらを開かせると形が戻るものもあります。

どんなものに入れるか考えましょう。
花の数や大きさで食器、花器、空きびんなど家の中をさがしてみます。
こんなことをしながら空いた時間を自分の好きな事で埋めていくのは気分がいいです。

花をながめて、おうち時間がステキな時間となり明日のパワーの補給になります。
皆様もいかがですか。

材料 (花がらを集める)

  • :適量
  • :適量

ミニバラの花がら

ミニバラの花がら

ショットグラスにミニバラをいれました。
葉を足して飾るとかわいいです。

ナスタチウム

ナスタチウム

まだきれいな花もありますが間引いてつぼみの成長を促すのもいいかなと
思って摘みました。
生け花のアレンジが入っていた器に飾りました。
直径10cm高さは6cmくらいです。

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニアの花びらは薄く広がっていますから水を吸いやすく一日しかもたないでしょう。
でも、しぼんでいた花が生き返ったように広がる様子はうれしいです。
ビオラもしぼんでいたので花びらを一枚一枚広げました。

器は直径20cmくらいの食器です。

コツ・ポイント

植物は世話をしてあげると応えてくれます。
失敗は数々ありますが毎日の楽しみに植物と付き合っています。


SNSでシェア
詳しく見る