広東粥とはひと味違う潮州粥

広東粥とはひと味違う潮州粥
投稿日: 2021年3月25日 更新日: 2021年3月25日
閲覧数: 1,122
2 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ブロガー、フリーランスライター。 シンガポール在住時は現地ライター...
中華粥と言うと、具やスープと炊いて味がついているお粥を思い浮かべると思いますが、中国南部からの移民が多いシンガポールでは、「潮州粥」と呼ばれる、オカズと一緒に食べるお粥があります。

具をお米と一緒に炊く中華がゆとは違い、お米だけを炊いておかずを上に乗せて食べます。日本のお粥ににていますが、ドロドロではないサラサラなお粥は、とても食べやすいお粥です。

ジャスミンライスのお粥で、ちょっとだけアジアがお口の中に広がります。

材料 (1〜2人分)

  • ジャスミンライス :1/2カップ
  • :900cc

お米はジャスミンライス

お米はジャスミンライス

ジャスミンライスは日本米に比べるとちょっと匂いがありますが、この香りが潮州粥には大事です。
軽く洗っておきます。

お湯は沸騰させる

お湯は沸騰させる

分量の水を沸かします。
水から調理するのではなく、沸騰したお湯に入れるのがポイントです。

お米を入れたらかき混ぜる

お米を入れたらかき混ぜる

洗っておいたお米を加え、軽く混ぜます。

フタはしないで炊く

フタはしないで炊く

強めの中火でフタをせずに炊きます。
だんだんお湯が濁って来て、お米が柔らかくなってきます。

水分がねっとりしたら出来上がり

水分がねっとりしたら出来上がり

だいたい10分くらい茹でました。
お米は柔らかいけど形は残っていて、水分がちょっとねっとりした状態になったら、出来上がりです。

おかずはお好きなものを

おかずはお好きなものを

今回のおかずは、

玉子焼き
卵液にナンプラーを混ぜて焼きました。オカズなので、少し濃い目の味付けで。
ブロッコリー
塩ゆでして、フライドオニオンを振りかけました。
きのこ炒め
オリーブオイルでエノキとしめじを炒めたもの。
しいたけ
生しいたけをガーリックオイルで焼いたもの。

他にも、
小魚の佃煮、煮魚(甘辛ではなく塩味)、焼き魚、ゴーヤやもやしの炒めもの、鶏の醤油煮、などどちらかと言えば地味なおかずが合う気がします。

本場の潮州粥屋さん

本場の潮州粥屋さん

こちらはシンガポールの潮州粥屋さんです。
何十種類ものおかずの中から好きなものを選べます。

コツ・ポイント

普段の白ごはんをお粥に変えるだけですが、ジャスミンライスの香りと、ナンプラーやフライドオニオンを加えたおかずで、手軽にアジアご飯の雰囲気になります。


SNSでシェア
詳しく見る