市販のイングリッシュマフィンはこうして焼いています

市販のイングリッシュマフィンはこうして焼いています
投稿日: 2020年12月23日 更新日: 2021年11月29日
閲覧数: 20,078
10 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
”おうち生活”を整える、その備忘録として「暮らし二スタ」を始めて1年...
こんにちは。GreenTeaと申します。
マイペースが信条、めったなことでは動きません。

我が家のイングリッシュマフィンの焼き方。
朝食準備のあわただしさから見つけた方法です。
※イングリッシュマフィンを作る、という意味ではなく、市販の物のトーストの仕方です。(^^)

材料

  • イングリッシュマフィン
  • フライパン

基本はトースター

基本はトースター

我が家では、朝食にイングリッシュマフィンをよく食べます。
基本はトースター焼き。
縁に少し焦げ目がつくくらい(うちでは3分位)焼きます。

イングリッシュマフィンの表面には、とうもろこしの粉(コーングリッツ)がたっぷりまぶしてあります。
美味しいのですが、そのまま焼くとトースター内部がとうもろこしの粉だらけに。
受け皿をセットして焼くようにしています。

受け皿を出す時間がない!

受け皿を出す時間がない!

ある大慌て(寝坊)の朝、受け皿をセットする時間もなく、
ええーいっ、とフライパンで焼いてみたところ、これが、ウマい!

トースターの場合

トースターの場合

イングリッシュマフィンの縁が軽くきつね色に。
周りはカリッ、サクッ。
柔らかさも残っている、軽い仕上がりになります。

フライパンの場合

フライパンの場合

表面が全体的にカリカリッ。
ちょっと、おやきのような感じに。

個人的感想としては。トースターで焼く方が軽さが出て、フライパンだといい意味で重め。
特に、挟む(塗る)物が、バターだけ、チーズだけ、といったシンプルな場合は、
トースターよりフライパンの方が合うのでは、と思っています。

また、コーングリッツ散らばる問題も気にしなくていいのも利点です。

コツ・ポイント

トースターでもフライパンでも、カリッと焼いたイングリッシュマフィンは美味しいです。
フライパン未経験の方、お試しあれ。


SNSでシェア
詳しく見る