【真夏のアウトドアに】クーラーボックスの保冷力をアップさせるコツ

【真夏のアウトドアに】クーラーボックスの保冷力をアップさせるコツ
投稿日: 2020年8月23日 更新日: 2020年9月5日
閲覧数: 2,623
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
兵庫・大阪・京都で片付けサポートをしています。 アウトドア好きの夫...
真夏のキャンプで、クーラーボックスの保冷力をアップさせるコツをご紹介します。

材料

  • 発泡スチロールや保冷バッグ :必要な分だけ
  • 凍らせたペットボトルの飲み物 :必要な分だけ

発泡スチロールや、保冷バッグに食材を入れる

クーラーボックスは、開け閉めする度に温度が上がり、保冷剤も溶けてきてしまいます。
そのため、使うタイミングごとに、食材+凍らせたペットボトルなどを、保冷バッグや発泡スチロールに入れておき、できるだけ外気に触れないようにするだけ!

コツ・ポイント

後に使うものから、クーラーボックスの底から入れていきます。マスキングテープなどに、“2日目夕食“などと貼っておけば見つけやすいです。

SNSでシェア