羊毛フェルトのコーギーくん 作ってみた!

羊毛フェルトのコーギーくん 作ってみた!
投稿日: 2020年7月28日 更新日: 2020年10月28日
閲覧数: 1,283
9 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ハンドメイドクリエイターのmaruwa★taroです。フェルトでかわいいケーキ...
最近、羊毛フェルト制作を満喫しているmaruwa★taroです。
今回は、コーギーを作ってみました。
カワイイ後ろ姿がポイントになっています。
皆さんにも楽しんで作ってもらえるように、比較的カンタンに仕上げてみました。

材料

  • 羊毛フェルト(白·茶色·黒色·ピンク) :適量
  • 刺し目 :1ペア
  • アニマルノーズ(犬用) :1個
  • ニードル針·ニードルマット·目打ち・接着剤

図案を考える

図案を考える

まずは、作りたい形を図案として用意します。

いつもはtaroが書いていましたが、今回は娘に用意してもらいました。
身体·後ろ姿が食パンの形をしたキュートなイメージで仕上げていきたいと思います。

制作する際には、イメージしたイラストや写真を用意することをおススメします。

食パンを作る

食パンを作る

食パン=全身となります。

まずは、白色の羊毛フェルトを正面が4cm×4cm、側面が4cm×5cmになるように仕立てます。

側面の下3.5cmを針で刺して凹ませます。
同じ個所を何度も針を刺すことによって凹んでいきます。
反対側も同様に仕上げます。

側面全体に茶色の羊毛フェルトを巻きつけ、針で定着させます。

これで、食パンの完成です。

顔を作る

顔を作る

正面に顔を作っていきます。
まずは、土台となる顔の膨らみを作ります。
その後、マズル→口(下顎)と膨らみをつけていきます。

顔の模様を付けていきます。
その際、頭部分が丸くなるように仕立てます。

口・鼻を作る

口・鼻を作る

口に色をつけます。
口の中は黒色、舌はピンク色の羊毛フェルトで仕上げていきます。
ここでのポイントは、コーギーの口角が上がっていることです。

鼻は、アニマルノーズ(犬用)を使用します。
鼻の位置に目打ちを刺し、ノーズパーツを取り付けます。
(※8㎜のものを使用しています)
ノーズパーツがない場合は、羊毛フェルト(黒色)を刺して作ってください。

目を作る

目を作る

目の位置に目打ちを刺し、刺し目を取り付けます。
(※楕円・4.5㎜のものを使用しました)

刺し目がない場合は、羊毛フェルト(黒色)を刺して作ってください。

首元の毛を作る

首元の毛を作る

首下の“もふもふ”っとした毛(通称もふ毛)を作ります。
あごの下にもふ毛をつけていきましょう。

耳を作る

耳を作る

耳を作ります。

三角に仕立てたものを大(茶色)小(白色)で作ります。
2つを重ねて、針を浅く刺して定着させます。
作ったものは、耳の位置に固定します。

ここでのポイントは、耳は形は細長く先っぽがとがっていること。
そして、耳が立っていることです。

お好みで写真の矢印の箇所に茶色の羊毛フェルトを足してあげると、足っぽく仕上がります。

後姿は・・・

後姿は・・・

ちなみに、後姿は何も手を加えません!
食パンな後姿がキュートでしょ♪

渾身の出来っす!

渾身の出来っす!

羊毛フェルトのコーギーの完成です!

今まで作った中で、一番かわいく作れた気がします。
気に入っちゃいました。

今回の作り方は、胴体に関しては細かく作りこんでいないので、比較的カンタンに作れるのではないのでしょうか?

顔の細かなポイントさえ押さえれば、きっとあなたも作れるはず!?
ぜひぜひ、挑戦してみてくださいね!

コツ・ポイント

インスタグラムにて、制作秘話を掲載中!
実は、この仔は2代目なんです。
1代目が気になる方は、どうぞ見に来てくださいな♪

インスタグラムアカウント→https://www.instagram.com/maruwa_taro
フォローもお待ちしています。


SNSでシェア
詳しく見る