専用型がなくてもキャラクッキー♪LINEブラウンのキャラクッキーの作り方

専用型がなくてもキャラクッキー♪LINEブラウンのキャラクッキーの作り方
投稿日: 2018年11月18日 更新日: 2018年11月23日
閲覧数: 50,173
29 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
キャラ弁・キャラクター料理家 レシピ開発、撮影、講師 SNS総フォロワ...
可愛くてインパクトのあるキャラクッキー。
専用の型がなくても作れます♪

昔からアルミや牛乳パックで型を作る方法もありますが
アルミは案外高いし、作るのは難しい。
牛乳パックは型抜きする時に型が潰れて抜き難いし
抜いた断面がきれいじゃない。
そもそも型を作るにも結構面倒!!

なので元々ある型の組み合わせで作ります!

今回は濃厚ガナッシュをサンドして1つで満足感のある
サンドクッキーにしてみました。

ガナッシュなしでももちろん美味しいですが
その場合は砂糖を少し増やして下さいね。

材料 (クッキー5~6個分)

  • バター :80g
  • 薄力粉 :100g
  • 卵黄 :1個分
  • 砂糖 :50g
  • ココア :10g
  • アーモンドプードル :20g

[顔のデコ用材料](作りやすい量)

ブラックココア 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/4
小麦粉 小さじ1/4
水 小さじ1/2


[ガナッシュ材料]

チョコレート 30g
生クリーム 15ml

使用する丸型

使用する丸型

顔を抜く丸型はダイソーで購入しました。
耳、鼻周りはタピオカストローで抜いて作ります。

生地を作る

生地を作る

1. 薄力粉、アーモンドプードルはふるっておく。

2. ココアをふるっておく。※1とは合わせないこと。

3. バターをクリーム状に練り、砂糖を少しずつ加えて混ぜる。

4. 卵黄を加えてなめらかになるまで混ぜ合わせる。

5. 4に1を混ぜヘラでポロポロになるまで混ぜ、10gを取り分ける。

6. 残りの生地に2を混ぜ、取り分けた分はそのまま粉っぽさがなくなるまで混ぜてそれぞれひとかたまりにする。

7. それぞれをラップに包んで冷蔵庫で30分ほど休ませる。

生地を伸ばす

生地を伸ばす

ココア入りの生地をラップに挟み4mmに伸ばす。
割り箸を置いて伸ばすと均等な厚みになります。

ノーマル生地は2mmに伸ばす。
竹串を置いて伸ばします。

冷蔵庫で15分ほど休ませると型抜きがしやすくなります。

型抜き

型抜き

顔はセルクル、耳はタピオカストローで抜き、合わせて天板に並べる。
特に接着などしませんが焼いたらしっかりくっつきますので
ぴったり合わせて並べます。
後ろになるクッキーには位置を合わせるのが難しくなる為、耳は付けません。

ポイント

ポイント

耳は顔の丸を利用して半月に抜きます。

ノーマル生地を型抜く

ノーマル生地を型抜く

潰したストローで抜きココア生地の上に重ねる。

顔を描く

顔を描く

顔のデコ用の材料を全て混ぜて竹串で顔を描く。
鼻と口は細い方、目は反対の太い方で。

焼く

焼く

170度に予熱したオーブンで13~15分焼き冷ましておく。
鼻が薄っすらと色付くくらいを目安にして下さい。

ガナッシュをサンドする

ガナッシュをサンドする

ガナッシュ用の材料を合わせ湯煎にかけてチョコを溶かす。
クッキーにガナッシュをサンドする。

アンパンマンも

アンパンマンも

こちらはノーマル生地に紅麹パウダーを入れた生地を丸型で抜いて重ねて。

すみっコぐらし

すみっコぐらし

息子が10歳の時に自分で作ったすみっこぐらし。

かぼちゃパウダー、抹茶、紅麹入りの生地で。
楕円型にブラウンと同じように耳を付けたりお腹の模様を乗せたり。
専用型がなくてもそれっぽく出来ました。

コツ・ポイント

専用の型が無くても出来るキャラクッキーを考えてみました^^

可愛くてインパクトがあるのでプレゼントにもおすすめ!


SNSでシェア
詳しく見る