とっても簡単 ふわもこハロウィンかぼちゃ

とっても簡単 ふわもこハロウィンかぼちゃ
投稿日: 2014年9月6日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 1,341
11 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
手作り大好きです。街中で小物や服をみると、自分で簡単に安価に作れな...
材料は フエルト・発砲スチロールボールだけ。 フェルトを伸ばしボールに引き伸ばしながらのせていくだけ!! 接着する必要もなく ふわもこ質感のカボチャ達が出来ちゃいます。金具を付ければキーホールダー。糸を通し連結しても可愛いです。
フェルトの色を混ぜれば、濃淡の表現もできます。
専用の道具も要りません。
発砲スチロールボールは 真ん丸・楕円等があり 大きさも各種。自分の好きなキャラクターに合わせ材料を揃えて作ってください。キャラクターが変わっても作り方は同じで大丈夫です。

材料 (カボチャ3個  + パンダ1頭)

  • 発砲スチロールボール 40mm4個入 :1袋 105円
  • フェルト 各色 20角1枚70円 :適宜
  • 台所洗剤(今回は2滴) :数滴
  • 水や お湯を張るボール :2個
  • パーツを付ける接着材 :木工用ボンド等

材料です。

材料です。

発砲スチロールボールは手芸店や ホームセンターにあります。
今回の形状は、40mm丸タイプ(4個入 105円)
フェルトは カボチャ → オレンジ・黄色・焦げ茶色を使用。色を混ぜる為、黄色も使用しました。焦げ茶は 目などのパーツ用
そのほかに 40℃くらいのお湯300mlに 台所洗剤2滴
洗剤を拭う為の水 → 適宜

フェルトをカットし、裂く

フェルトをカットし、裂く

カットの大きさに決まりはありません。が、作業し易いのは 発砲スチールボールの 側面の幅・半周の長さが 扱い易いです。
カットしたフェルトを 表・裏に裂きます。 左右に少しずつ引っ張っていく感じです。途中、切れたり破けても使えます。
ただ、発砲スチロールボールに対して大きさが小さいと 作業しにくくなりますので。

フェルトを引き伸ばす。

フェルトを引き伸ばす。

左右に裂いたフェルトを 次は引き伸ばしていきます。面によって 縦・横 に伸びやすい方向がありますので伸びる方向に薄くしていきます。
穴が開いたり、切れてしまっても問題はありません。
写真のように 伸ばしていきますが、端に厚みが残り易いです。端も引き伸ばしていた方が仕上がりが綺麗になります。

フェルトを付けていく。

フェルトを付けていく。

40℃ 300mlのお湯を ボールに張り 洗剤を2滴垂らします。
洗剤量は目安です。ただし、多いと泡立ってしまいますので入れ過ぎに注意。
このお湯に 引き伸ばしたフェルトを浸け 濡れた状態のまま発砲スチロールボールに付けていきます。引き伸ばしながら ボールに貼ります。万遍なく重ね付しながら形を整えます。
厚みがあるフェルトを貼ると剥がれやすいです。重なる部分は更に薄く引き伸ばしていくと馴染みやすいです。余分な部分は手で引きちぎります。

洗剤を拭い、水気を切る。

洗剤を拭い、水気を切る。

フェルトを貼りつけたボールを 水に潜らせ 表面の洗剤を落とします。
水に浸したら上げ、タオルで水気を取りながら形を整えます。テルテル坊主の頭を作るようにタオルで包み 握る感じです。
置物にするときは 水気を切ったあと底を平らになるよう上から押し付けておくと転がりにくくなりますよ。
形が崩れたり、フェルトが剥がれたりしたら もう一度水に浸け形を整えてからタオルで水気を拭ってくださいね。

顔パーツを付けて出来上がり。

顔パーツを付けて出来上がり。

フェルト表面に水気を感じなくなったら、目などのパーツを 木工用ボンド等でつけます。
写真にパンダを載せましたが フェルト色を変えれば パンダでも熊でもできます。芯素材が発砲スチロールなので針が通ります。
金具を付けても 紐通して連結しても可愛いです!(^^)!
簡単にできるので 自分好みのキャラクターを 作ってみてください。
毛糸でもできます。今回は1単位が安価で使い回しが効き私にとって身近なフェルトを使用しました。


SNSでシェア
詳しく見る



「リメイク・ハンドメイド」の人気アイデア



プレゼント&モニター募集