ふくらむ培養土 ボードタイプ・キューブタイプ

軽いっ♪元肥入り☆プランターなしでも袋のまま草花・野菜が栽培できる!(^^)!大変便利\(^o^)/
価格 600円
おすすめ度 評価 星3評価 星3評価 星3
投稿日: 2017年3月24日 更新日: 2017年5月1日
閲覧数: 1,635
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
植物が大好きで♪育てたりアレンジしたり☆多肉植物ではリースや寄せ植え...

軽いっ♪元肥入り☆プランターなしでも袋のまま草花・野菜が栽培できる!(^^)!大変便利\(^o^)/

野菜や草花を育てるために土を用意する場合、土だけではなく元肥も入れますが【ふくらむ培養土】は緩効性肥料が元肥として入っているので、水を入れて膨らませるだけですぐに栽培を始めることができます!(^^)!原料はココヤシチップで用土の酸度は多くの植物を育てやすいpH5.5~6.5に酸度調整されていて大変便利な商品だと思います。

形はボードタイプとキューブタイプの2種類あります。ボードタイプは袋から取り出せばプランターへそのまま投入できるサイズにカットされています。キューブタイプは正方形で袋のまま使用するか、水で戻した後崩して鉢などへ使うタイプのものです(ボードタイプも崩して使うことも出来ます)

使用している材料や酸度調整や水で膨らました後の容量もすべて同じなので、ボードタイプとキューブタイプの違いはプランターへそのまま投入できるかできないかの違いだけです。

写真のブラウンの袋はボードタイプ、緑の袋はキューブタイプです。

近くの園芸店やホームセンターではなかなか見かけず、通販で購入しました(^^♪☆
購入したのは【イーハナス 楽天市場店】さんのこの商品のページです☆
          ⇓
http://item.rakuten.co.jp/e-hanas2/4946361990498/




ポイント1

キューブタイプです。

ポイント2

可燃ゴミで捨てられます!と書かれていますが、通常の土と同様、捨てずに消毒・再生することもできます。元の形に戻して使うことはできませんが、1回使用しただけで捨てなくても2回目以降も用土に混ぜて使うことはできます(^^♪

ポイント3

袋の裏に使用方法が書かれています☆
ボードタイプ・キューブタイプとも、キリトリ線に沿って袋を切って使います。

裏側には注水・排水口があります。

ポイント4

注水・排水口をハサミで切り取ります♪

ポイント5

土をふくらませて栽培する袋の部分あるキリトリ線を切って、野菜や草花を育てられます。

ポイント6

この商品はとても便利でよい商品で今後も便利にお使いになれる方がたくさんいらっしゃるのにとても残念に思うのは今後の製造はナシ、現在の在庫がなくなり次第販売終了とのことでした。
他社の同様の商品もあるので、肥料を混ぜたり酸度調整したりするのがご面倒な方や軽い土がお好きな方にはこのような便利な土を利用されるのもよろしいかと思います♪☆
とても土とは思えない軽さで持ち運びが楽なのも嬉しいです(^^♪

他社製品ですぐに思い浮かぶものにアース製薬さんの【リッチベジタブル 水でふくらむ野菜の土】と【リッチフラワー 水でふくらむ花の土】があります。
こちらは袋のまま栽培はできず袋から出してプランターに植え替えて使う必要がありますが、水をかけると約6倍にふくらむ元肥入りの約15リットルの土です(^o^)

ポイント7

他社の同様の商品を探す際には【肥料が入っているか、入っていないか?】【酸度は調整済か、未調整か?】を確認し、必要なものを使うようにしましょう(^^♪どちらかというと、お店に置かれている商品は酸度未調整・元肥なしの商品のほうが多いように感じます。

同じような【ふくらむ土】でも、元肥なし・酸度未調整のものは、ひと手間かけてから使うことになりますので、育てる植物やご自身のご希望に合わせて使い分けるとよろしいかと思います。


#多肉 #多肉植物 #ぴー農園 #ガーデニング #ふくらむ土 #jiffy #培養土 #便利 #野菜 #草花 #ベランダ #菜園



※各商品は投稿された時点での情報になります。現在店舗にて取り扱っていない場合もございますので、ご了承ください。


SNSでシェア





プレゼント&モニター募集