毛糸を「平編み」でハンドメイド!タペストリー

毛糸を「平編み」でハンドメイド!タペストリー
投稿日: 2017年2月13日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 11,125
11 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
暮らしニスタ2014グランプリ。お料理・インテリア・ハンドメイド・ガー...
お洒落インテリアでよく目にするタペストリー。

一見すると「絶対作れない~!」と思いますが基本的な編み方さえ覚えれば簡単に出来ます。

壁にディスプレイすれば、一気に流行のフォークロア調の雰囲気になりますよ☆

材料

  • 毛糸 :1玉
  • 流木や木の枝など(丸棒)

準備

準備

編みやすいように棒をセットします。

ロープを半分に折ってループを作り、棒に通していきます。

今回、毛糸の長さは1.5mくらい

すべてのロープをセットしたところ。
4本1セットになるようにしてください。
本数が多くなるほど大きな作品になります。

ひたすら「平編み」

ひたすら「平編み」

「平編み(平結び)」を1段編みます。
ひとつ結ぶごとに、左右にひもをぎゅっと引いて結び目を締めると、きれいに仕上がります。

2段目は、2本ずらして隣り合った4本のひもで「平編み(平結び)」をしていきます。

1段編むごとに外側から結び目を減らしていき、中央の結び目1つになるまで編んで、中央がとんがった逆三角形を作ります。

初心者さんはここで完成でもOK☆

アレンジ

アレンジ

私はさらに飾り編みしてみました。

余った毛糸をカット

余った毛糸をカット

裾を揃えてカット。

ここはまっすぐでもOK。
お好みでカットしてください。

吊り下げる

吊り下げる

吊り下げ用の紐をつけて壁に飾ったところです。

流行りのタペストリーでお部屋もセンスUP☆
手作りなら愛着もひとしおですね。

※毛先のよりを解いてフワフワに仕上げています。

アレンジ

アレンジ

さらにアレンジして長めのものも作ってみました。

コツ・ポイント

基本的な編み方を覚えると意外と簡単に短時間で出来ます☆

流木や枝など手に入らない場合は100均の丸棒などでも代用出来ます。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード