100均で欲張り2way♪富士山キャンドル&グラスの作り方

100均で欲張り2way♪富士山キャンドル&グラスの作り方
投稿日: 2017年1月10日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 979
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
キャンドル作家「naooo3 house(なおさんはうす)」として活動していま...
日本一!&縁起ものとしても愛される山、「富士山」をモチーフにした“火を使わないキャンドル”のレシピです!
材料はすべて100均でそろうほか、グラスとしても活用できる欲張りな2way仕様♪

昼間はお正月の食卓に彩りを添える「富士山グラス」として、夜は心を癒す「富士山キャンドル」として、楽しく活用したいアイテムです!

材料 (青富士、赤富士:各1個分)

  • クリアカップ :2個
  • LEDキャンドルライト :2個
  • マスキングテープ(青系) :適宜
  • マスキングテープ(赤系) :適宜

100均アイテム大活用♪

100均アイテム大活用♪

材料はすべて100均でそろいます!(今回はすべてダイソーで購入。)
LEDキャンドルライトのサイズとの相性を考慮して、やや小さめサイズ(215ml)のクリアカップを使用しました。
マスキングテープは、「青富士」「赤富士」用に青系・赤系の2種類を準備。

マスキングテープを貼り付けます。

マスキングテープを貼り付けます。

まずは、マスキングテープの端を45度くらいの角度にカット。クリアカップに貼り付けていきます。

先の尖ったマスキングテープをいくつも貼り付けていくことで、富士山の(雪と山肌の境目の)“ギザギザ部分”を表現していくイメージです♪

クリアカップの縁まで貼りつけたら、少し余裕を持ってマスキングテープの端をカットします。

【ここがポイント!!】
このときもまた45度くらいの角度をつけて切るようにすると効率的!テープを無駄に使うのも防げます!

マスキングテープでぐるっと一周!

マスキングテープでぐるっと一周!

クリアカップの隙間がなくなるまで、マスキングテープを貼っていきます。

ぐるっと一周貼り付けると最後に中途半場な隙間ができますが、その部分は適当に埋めればOK!

余分なテープをカットします。

余分なテープをカットします。

クリアカップの縁からはみ出した部分をカットします。カップの縁にカッターの刃をあててぐるっと一周切るようにします。

富士山カップがキャンドルに♪

富士山カップがキャンドルに♪

LEDキャンドルライトのスイッチを入れて上からカップをかぶせれば、“火を使わない富士山キャンドル”の完成♪

セットで楽しむ「青富士&赤富士」♪

セットで楽しむ「青富士&赤富士」♪

より縁起が良いとされる「赤富士」もつくって、セットで飾ると華やかさが倍増!

食卓を彩るアイテムに♪

食卓を彩るアイテムに♪

食卓上では縁起の良い飾りとして活躍するほか、“逆さ富士”にすれば、コップに早変わりするという実用的な使い方も♪

コツ・ポイント

●マスキングテープは模様入りのものをチョイスするのがオススメ!無地のものよりPOPでかわいく仕上がります!


SNSでシェア
詳しく見る