キャラ弁☆運動会のお弁当「しろくまさんのポケット稲荷」の作り方

キャラ弁☆運動会のお弁当「しろくまさんのポケット稲荷」の作り方
投稿日: 2016年9月19日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 4,379
17 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
8、10、12歳のママです。 子供の入園をきっかけにキャラ弁ブロ...
定番の稲荷寿司をかわいくアレンジしてみました!
丸いおにぎりを稲荷にinすることで、ひょっこり顔を出しているくまさんが作れます。

マスキングテープと爪楊枝で作った旗を持たせれば応援団の出来上がりです(^0^)
これからの運動会シーズンに是非作ってみてくださいね。

くまさんの両脇に添えたお花デコの稲荷はおじいちゃんおばあちゃんでも食べやすい味にしました。
みんなで楽しい運動会を過ごして欲しいです。

材料

  • ご飯 :適量
  • すし酢 :適量
  • 稲荷用味付きお揚げ :個数分
  • かまぼこ :5センチ
  • カニカマ :1本
  • 海苔 :適量
  • ビアハム :適量
  • 焼きパスタ :適量
  • マヨネーズ :少々

1:まずは丸い塩むすびを作ります。具はお好みで入れてくださいね!ボール型ではなくおやき型が理想です。

2:耳はかまぼこを5ミリ厚に切ったものをタピオカ用ストローで丸く抜き端を少し切ります。


3 :クリックして写真をのせる
手はかまぼこを2ミリ厚に切ってから抜き型で抜きます。型がなければ包丁で切ります。


4 :クリックして写真をのせる
ポッペはビアハムをストローで抜きます。ストローを少しつぶして楕円にします。


5 :クリックして写真をのせる
カニカマは赤い部分を剥がして5ミリ幅に裂きます。


6 :クリックして写真をのせる
目、鼻、口は海苔で作ります。パンチがあると楽ですよ。


7:クリックして写真をのせる
稲荷は口が空いている方を少し内側に折り曲げて丸おにぎりを入れます。


8 :クリックして写真をのせる
ハチマキを貼り付け耳を合わせて一緒に焼きパスタで差して固定します。

9:手は差し込むだけです。ほっぺはパスタで止めるかマヨネーズで貼ります。


10 :顔パーツを貼り付け爪楊枝とマスキングテープで作った端をおにぎりに刺して完成です!

11:少し斜めに重ねるように詰めます。

おかずも彩りよく詰めましょう。

桂むきにしたカリカリ小梅と細切りのたくわんをお花にしました。
葉っぱは斜め切りのインゲンです。

稲荷に十字に切り込みを入れてお花を埋め込みます。

コツ・ポイント

おにぎりを握るときはお揚げのサイズに合うように握ります。
ボール型ではなく、少しつぶしたおやき型が理想です。



SNSでシェア
詳しく見る

2016年10月3日 15:53
ザッキー☆さん  初めまして、りゅう妃と申します。すごいお弁当ですね。しろ熊さんも可愛いけど、お隣の小梅とたくわんのバラ、凄いーーー!小梅はりんごのように剥いてるのかしら?そのまま乗せても可愛いかな。とずぼらな私は思いました。色がきれいで食欲湧きますね。
2016年10月03日 20:03:25
りゅう妃さん、初めまして。(^0^) レシピ気に入っていただけて嬉しいです! 小梅は1個で1周分しか剥けません。リンゴのように長くではなく、梅の真ん中あたりを太い幅で桂むきしてください。桂むきというと、表面だけ剥くように聞こえますがしっかりと身まで剥いて大丈夫です。 それを梅2個分、つまり2枚の花びらを重ねるとそれっぽく見えます。 試してみてくださいね!
2016年10月3日 14:20
4才の孫の幼稚園運動会で、お稲荷のお花、旗を持ったハチマキ熊さん作りました。ザッキーさんの写真のようにはいきませんでしたが、皆から褒められました。 祖母のお教室参加可能であれば、参加させて頂きたいと思います。 ザッキーさんの大ファンです。 本は熟読しております。
2016年10月03日 19:59:00
ユヅヒロさん、初めまして。 コメントありがとうございます!(^0^) 早速作ってくださって嬉しいです。皆様にお褒めの言葉をいただいたとのこと、私も嬉しいです!! ファンだなんて言っていただけるだけで感激です!おまけに本まで(^V^) 現在定期的に行っているキャラ弁教室はご近所さん向けのものなので、お近くの方ならご参加いただけますよ。新宿区、千代田区、文京区(会場は飯田橋付近です。) その他自宅教室などの詳しいご案内はブログ内にあるメールフォームからご連絡いただければお答えいたします。 http://ameblo.jp/yamapankazzzzz/?frm_id=v.mypage-ameblo--myblog--blog こちらのページの左側、中段あたりにあるグレーのメールBOXからお願いいたします。
コメントをもっと見る