牛乳パックで子どもの消防車を作ってみました!

牛乳パックで子どもの消防車を作ってみました!
投稿日: 2015年10月13日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 21,842
35 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
3女1男、1旦那と日々騒がしい生活と闘うアラフォーです。仕事と家事と育...
保育園に通う息子の参観日に1歳の子どもたちがみんな楽しそうに遊んでいる乗り物を発見!

保育士さんに聞いてみると先生達が牛乳パックで作った手作りのおもちゃだそうで、ちょうど歩き始めの子どもの足の運動にいいおもちゃだそうです

早速、かわいい息子のために家用のおもちゃ自動車を作ってみました


材料

  • 牛乳パック :6個
  • 新聞紙 :4日分くらい
  • 赤色画用紙A4(消防車用) :3枚
  • 折り紙又は色画用紙(装飾用) :適量
  • 木工用ボンド :1本
  • OPPテープ(透明) :1巻

牛乳パックを頑丈にします

牛乳パックを頑丈にします

必要な牛乳パックは6箱です

この牛乳パックの中に新聞紙を詰めていきますが、ただ丸めて詰めるだけではダメです

何故かと言うと、丸めて入れると牛乳パックの中に隙間ができて子どもが乗っている時にところどころへこんでしまうのと、足で蹴って進む車なのである程度の重さがないと進みにくいそうです

時間と忍耐いります

時間と忍耐いります

新聞紙を写真のように牛乳パックの大きさの四角に折っていきます

この大きさを何枚も何枚も折ります

そして隙間なくギュッギュと押し込んでいきます

結構な量の新聞紙を折るので時間はかかりました

私は娘たちにも手伝ってもらいながら6本の牛乳パックに新聞紙を詰め込みました

この高さまで詰め込みましょう

この高さまで詰め込みましょう

蓋が閉じれるギリギリの高さまで新聞紙は詰め込みます。

そうすると子どもが乗った時へこみません

土台が完成!

土台が完成!

牛乳パック6個に新聞紙の詰め込み作業が終われば、自動車の形に合わせてガムテープで固定します

前部分は牛乳パック2本を立てて、お尻を乗せる部分はパック4本を横に2本づつにします

後ろから見た感じはこんなんです

消防車にデコっていきましょう

消防車にデコっていきましょう

牛乳パックの表面に木工用ボンドをしっかり付けて色画用紙を貼り付けていきます

消防車なので赤い画用紙を使いましたが、救急車や電車なんかにする時はその色の画用紙を貼っていきましょう

じゃーん!貼り付け完了です!

仕上げ

仕上げ

折り紙と、色画用紙を使って窓やタイヤ、ホースなど適当にデザインして貼り付けます

装飾が完成したら、剥がれないように、紙が破けないように 最後の仕上げに透明のOPPテープを全体に巻いていきます

息子に乗ってもらいました

息子に乗ってもらいました

うちの子毛が薄いですが気になさらないで・・・

自動車は結構重いので、足を踏ん張らないと前に進みません

手を前に置いて前かがみになって頑張って押しています

自動車は結構頑丈なので少々荒っぽい遊び方をしても潰れません
※新聞紙をしっかり詰め込んだ成果です

おもちゃとしてだけでなく、踏み台としても使えるので便利ですよ♪
※結構重たいですが、うちの子は自分で持ち運びしてます

小さい子の足の発達のためにもこの手作りおもちゃなかなかおすすめですよ~

コツ・ポイント

牛乳パックに画用紙などを貼り付ける時はボンドをたっぷり全体に塗ります
たっぷり付けないと紙が浮いてきて修正するはめになりますので・・・


SNSでシェア
詳しく見る

2016年10月24日 12:00
毛が薄いのくだりがウケましたww 可愛いお孫のために頑張ってつくりたいと思います
コメントをもっと見る


関連するキーワード