セリアのブリキフレームと磁石で!ずっと使える万年カレンダー♪

セリアのブリキフレームと磁石で!ずっと使える万年カレンダー♪
投稿日: 2015年6月24日 更新日: 2018年7月18日
閲覧数: 30,240
303 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子さんと楽しめるハンドメ...
カレンダーは年の暮れにならないと豊富に出てこない。欲しい物はすぐに売り切れてしまって、カレンダーがないままの部屋はありませんか?
私はそんな今年のカレンダーがなく半年が経過してしまったので、セリアの商品を組み合わせてずっと使えるカレンダーを作ってみました。

毎月磁石の数字を並べ変えれば10年後でも使えちゃうエコなカレンダー♪材料も全て100均で揃います。
※2016年1月29日主婦の友社出版「Seriaだから出来る!大人可愛い部屋作り」に掲載された作品です。

材料

材料

インテリアブリキフレームL(セリア)・・・1個
強力マグネット25P(セリア)   ・・・2セット
三角吊金具 6p(セリア)    ・・・1セット
油性サインペン(セリア)     ・・・1本
マグネット粘着シート(セリア)  ・・・1枚

家にあったもの
塗るだけで黒板になるペイント 
白いペン(ペイントマーカー)
麻紐
黒板シート(黒)
ドライバーケースセット(6P)

※家にあったものも全てセリアで買った物で残った廃材と日用品です。

1.色を塗る・字を書く

1.色を塗る・字を書く

まず、ブリキフレームの一番上に曜日を書きます。
月曜日・・・Mon.
火曜日・・・Tue.
水曜日・・・Wed.
木曜日・・・Thu.
金曜日・・・Fri.
土曜日・・・Sat.
日曜日・・・Sun.

※この様に略して書いた方が大きさにちょうど合います。

続いて、強力マグネットに黒板ペイントで色を塗ります。黒板ペイントは先が細くなっているのでそのまま直接色を塗っても大丈夫!乾いたら2.3回重ね塗りするとより色が鮮やかになります。

2.数字を書く

2.数字を書く

1.で塗った強力マグネットに1~31までの数字を書いていきます。チョークでもいいのですが、白いペンの方がよりコントラストがハッキリして見やすいです。もし失敗したら、除光液で消して、もう一度黒板ペイントを塗れば元通りです。何度でも書きなおせます。

3.黒板シートで12か月分の〇月シートを作る

3.黒板シートで12か月分の〇月シートを作る

黒板シートとマグネット粘着シートの両方のシールを剥がして貼り合わせ、黒板シート側に白いペンで月を英語で書き、ハサミでカットし、シートを作る。
1月・・・January
2月・・・February
3月・・・March
4月・・・April
5月・・・May
6月・・・June
7月・・・July
8月・・・August
9月・・・September
10月・・・October
11月・・・November
12月・・・December

4.裏面に吊金具をつける

4.裏面に吊金具をつける

裏面の上の角2カ所にキリなどで軽く穴をあけ、そこに吊金具のネジをドライバーでねじ込む。左右両側に吊金具をつけたらお好みの長さの麻紐を通して完成。

5.完成

5.完成

フレームの真ん中にもマグネット粘着シートをカットしたものを貼りつけ、その貼りつけたところに、該当する月のシートを貼る。

コツ・ポイント

毎月、月別の上のシートを貼りかえ、数字もカレンダー通りに並び変える。
31日までない月ははずして、月の残りの物と一緒に保管する。



SNSでシェア
詳しく見る