オーブン粘土で手作りミニおひなさま

オーブン粘土で手作りミニおひなさま
投稿日: 2015年5月22日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 741
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
英国の医師バッチ博士が確立した「バッチフラワーエッセンス」を暮らし...
このお雛さまは、うずらの卵くらいの大きさの、ちいさなちいさなオーブン粘土のお雛さまです。
長女の初節句の時に沢山作って、内祝いにお配りしたもの。
私にとっては思い出の一品です。

イメージは、桃と橘のお花

イメージは、桃と橘のお花

桃と橘の花をイメージして色を作り、着物の柄を作り出す過程は、
思い出すだけでも楽しい作業。
またいつか作りたいな♪とおもっているので、
粘土と道具一式は、押入れの天袋に眠っています

着物の柄は、練りきりで作ります。

着物の柄は、練りきりで作ります。

お雛さまの姿からは想像できないと思いますが、
後ろにある原色の粘土を混色して好みの色を作り、
色を重ねては切り、重ねては切りを繰り返した練りきりという方法で
着物の柄を作り出したものなのです。

柄を並べたままでも お雛さまに見えるかしら?

柄を並べたままでも お雛さまに見えるかしら?

イメージする色によって、出来上がる色もさまざま。
こうやって並べてみると、このままでもお雛さまに見えるかしら?

コツ・ポイント

作った粘土は、オーブンレンジで焼いたら完成です。
埃がついたら水で洗えるんですよ。
お手入れも簡単な、かわいいちいさなお雛さまです♪


SNSでシェア
詳しく見る

2015年5月22日 13:29
とても素敵ですね~☆私も今年小麦粘土で作りましたが、もう端にも棒にもかかりません。素晴らしいです。世間知らずなのですがオーブン粘土っていう粘土があるんですね。陶器的になる粘土ってことでしょうか?粘土を扱うのがとても好きなので一度探してみたいな~って思いました。内祝いに手作りの品を億張りになられるお気遣いも素敵ですね~私もそんなプレゼントだったらすごく嬉しいです。
2015年05月23日 23:41:24
hico-maruさま ありがとうございます。 小麦粘土も楽しいですよね♪ オーブン粘土は「フィモ」という商品があって、焼くまではずっと柔らかいので、すぐじ仕上げなくてもいい便利な粘土なんですよ! 陶器ではなく、マットなプラスチックみたいな感じです。 アクセサリーや、ボタンに使う方もいらっしゃるようですよ。 焼いたら、洗っても大丈夫なので、埃がついても洗えるし、 洗えるから箸置きを作っても使えますね。
コメントをもっと見る