木瓜(ぼけ)の木は、意外に危険?お子様・ペット要注意!♡花言葉の1つは、織田信長の家紋が由来?

木瓜(ぼけ)の木は、意外に危険?お子様・ペット要注意!♡花言葉の1つは、織田信長の家紋が由来?
投稿日: 2024年4月1日 更新日: 2024年4月1日
閲覧数: 22,338
4 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を大切にしています。保育...

この植物は、木瓜(ぼけ)です。

この植物は、木瓜(ぼけ)です。

ボケは、バラ科ボケ属の落葉低木で、日本原産のクサボケを含む3種が存在します。木瓜(ぼけ)の花は古くから親しまれている落葉低木であり、平安時代初期に渡来しましたが、園芸植物としての普及は明治時代以降になったとされています。

ボケの開花時期は主に3月から5月であり、赤、白、ピンク、オレンジの花を咲かせます。また、11月頃から花が咲き始めるものもあるとされています。

木瓜(ぼけ)の花言葉は「先駆者」「指導者」「早熟」「熱情」「妖精の輝き」「魅感的な恋」「退屈」「平凡」。

木瓜(ぼけ)の花言葉は「先駆者」「指導者」「早熟」「熱情」「妖精の輝き」「魅感的な恋」「退屈」「平凡」。

ボケは様々な花言葉を持ちますが、「先駆者」という言葉は特に印象的です。
この花言葉は、織田信長が家紋としてボケを用いていたことに由来しています。信長の家紋として有名なのは「木瓜紋」ですが、実は信長の家紋は7つも存在します。
特に信長が最も使用した「木瓜紋」は、日本において特に多く見られる家紋の一つであり、五大紋の一つとされているそう。

また、「妖精の輝き」という花言葉もぴったりです。早春に開花しているボケの花姿は、まさに妖精の輝きを思わせる美しさで、可愛らしい赤い色の花姿に見とれてしまいます。

ボケの花は梅の花にも似ており、美しいお花です。花後の9〜10月には青い実をつけ、その実からは香りのよい果実酒やジャムが作られ、楽しむことができるそうです。

種類・品種によって、トゲのあるものとないものがあります。

種類・品種によって、トゲのあるものとないものがあります。

ボケには棘がある種類もあるんですね。意外に知られていないことではないでしょうか?

棘があるとゆうことは、お子様やペットが怪我をする可能性があることに気をつける必要があります。やんちゃざかりのお子様をもつ方、ペットを飼っている方は、お気をつけくださいね。

知っていれば、悲劇を避けることもできます。
こちらの情報が誰かの助けや喜びになりますように・・・

コツ・ポイント

•ボケは一般的な散歩道でも見かけることができる花であるため、注意が必要です。また、木瓜(ぼけ)はバラ科ボケ属に属していますが、全てのボケがバラのように棘を持っているかはわかりません。
•ボケは様々な花言葉を持ちますが、「先駆者」という言葉は特に印象的です。この花言葉は、織田信長が家紋としてボケを用いていたことに由来しています。


SNSでシェア

2024年4月1日 23:12
ちょっと気になったので・・・・・調べてみました~ 木瓜(ぼけ)て・・・・失礼な言い方なので・・・・ 果実が瓜に似ており、木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したとも言われるそうです。 いわれは、判ったけど・・本人(ボケ)の気持ちをかんがえると「木瓜(もけ)」 のままで良かったように思います。当時の人が・・・・笑いを取るのに・・・・・ ぼけ!! と言ったのではなかろうかと・・・・WWW
2024年04月02日 09:12:22
私も、木瓜(ぼけ)とゆう名が面白いなー!と失礼だなー!と感じていました(笑!) 私としては、他の名をつけてあげて欲しかった?!ぼけの花が咲いていて、見つけたら、嬉しくなりました、ぼけの植物に一緒に注目して調べてくだって、嬉しいです♪
コメントをもっと見る





プレゼント&モニター募集