「4月道端の雑草」可愛いけどデビル!貞子のような危険な雑草?各自治体から駆除を推奨されています。

「4月道端の雑草」可愛いけどデビル!貞子のような危険な雑草?各自治体から駆除を推奨されています。
投稿日: 2024年4月1日 更新日: 2024年4月2日
閲覧数: 55,929
4 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を大切にしています。保育...
以前ご紹介して、大反響を頂いた植物です。お花の前の蕾の時期の画像を今回は撮影してきましたよ。

この植物は、よく話題にされる要注意雑草の「ナガミヒナゲシ」です。

この植物は、よく話題にされる要注意雑草の「ナガミヒナゲシ」です。

早春から5月頃に、街中で沢山花を咲かせる雑草です。こちらは、ケシ属に属する外来種の植物です。撮影した日は、4月1日です。エイプリルフールに遭遇しましたよ。

首のような茎が長く下まで伸びて、気味が悪いですね。この垂れ下がった茎と蕾は、ケシ属に属する植物という感じですね。オバケっぽい蕾です。

各自治体から駆除を推奨されている植物です。

各自治体から駆除を推奨されている植物です。

ナガミヒナゲシの問題は、花後の細長い実!
4月の初日なのに、もう種を作っていますよ。画像の右のすっと立ち上がったものがそうです。中には、驚くほどの種が詰まっていますよ。1つの実のなかに1500粒以上の種子が入っているともいわれています。

そして、その種は、未熟な種にも発芽能力があり、異常なまでに繁殖力があるそう。一部の自治体ではナガミヒナゲシに対する注意喚起していたり、各自治体からは、駆除を推奨されている植物です。

1株からはおよそ16万粒以上もの種が取れるそうです。

この植物達は、「アレロパシー」という物質を出して、自分だけがその地で群生できるようにする戦術ともいえるものを持っていて、他の植物の生育を阻止します。

なので、自分達だけ生き残って、オレンジ色に染めて群生して自生していることも多く、街を歩いていても、とても目立ちますよ。

ポピーの花にも似た、可愛いお花です。

ポピーの花にも似た、可愛いお花です。

小さくてオレンジ色の可憐な花を咲かせるので、こんな風に、少しだ雑草に混じって開花していると、駆除はしようとはなかなか思わないですよね。

はじめは、ロゼッタ状なんですよ。

はじめは、ロゼッタ状なんですよ。

この状態から、グングン大きくなっていきます。この小さい状態の頃に、駆除された方が良いように思います。

ナガミヒナゲシの花言葉は「平静」「慰め」「癒やし」です。

ナガミヒナゲシの花言葉は「平静」「慰め」「癒やし」です。

可愛いお花ですよね!観賞用にも良さそうな位素敵です!

でも、すぐに、群生するんですよね。あまりにもたくさん咲くと、威圧感さえ感じます。
この花言葉は、1本の花を見つめた際につけたのでしょうか?

「平静」「慰め」「癒やし」だなんて、言っていられないお花なんですよ。

茎を傷付けると、液体が出てきます。肌の弱い方は、かぶれます!

茎を傷付けると、液体が出てきます。肌の弱い方は、かぶれます!

こちらのお花は、茎を切ると黄色の乳液を出すんです。その液体は有害です。人がその乳液に触れると、肌に弱い人はかぶれてしまうんです。

ナガミヒナゲシは葉茎に毒性のアルカロイドが含まれています。

昨年も、調べれば調べるほど、ヤバイ雑草として投稿させていただいて、大反響を頂いた、デビルな雑草です。

お庭などで、雑草に混じって、オレンジ色の花が咲いていたり、ケシのような不気味な首の垂れた茎と蕾を見つけたら、駆除された方が良いですよ。
その際は、手袋をつけて作業をしてくださいね!

こちらの情報が誰かの喜びになりますように・・・
最後まで読んでくださってありがとうございます。

コツ・ポイント

•可愛いお花ですが、お家近くで見つけたら、駆除された方が良いように思います。その際は、手袋をして、お子様がいない時にされた方が良いですよ。茎から出る液体には、アルカロイドを含み、肌がかぶれる危険性があります。


SNSでシェア





プレゼント&モニター募集