【防災】高校生の息子の防災ポーチ、中身は何が入ってる?

【防災】高校生の息子の防災ポーチ、中身は何が入ってる?
投稿日: 2024年1月30日 更新日: 2024年1月30日
閲覧数: 12,895
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
家事や片づけを楽にすませ、心と時間にゆとりをもって楽しく暮らしたい4...
地震はいつ来るかわからない。
外出時の備えとして推奨されているのが防災ポーチ。

今回は、高校生の息子の通学リュックに入れている防災ポーチをご紹介します。

防災ポーチの中身は?

防災ポーチの中身は?

左上から時計回りに

・ポーチ
・携帯トイレ×2
・軍手
・レジ袋
・エマージェンシーシート
・絆創膏、傷パット
・ガムテープ
・圧縮タオル×2
・現金、連絡先メモ
・ライト、予備電池1本

ポーチ、携帯トイレ、エマージェンシーシート、圧縮タオル、ライトは100均商品。

軍手、レジ袋、ガムテープ、電池は家にあったもの。
という、お手軽防災ポーチです。

どうやって中身を決める?

どうやって中身を決める?

ポーチを作る際は、登下校時に被災する想定で必要なものを考えてみました。

息子の場合
・登下校は電車と徒歩
・学校から家まで遠い(徒歩での帰宅は難しい)
・普段の持ち物(水やお菓子、モバイルバッテリー、マスク)に足りないものを
と考えました。

電車内の長時間の閉じ込めを想定しての簡易トイレやエマージェンシーシート。
夜間や停電時のためのライト。
濡れたり汚れたりしたときのための圧縮タオル。
スマホが使えないとき、公衆電話を使うための現金や連絡先メモ。

これを基本に、普段の生活でも使えそうなものを選んでいきました。

コツ・ポイント

防災ポーチも、ライフスタイルに応じて中身はさまざまです。

まずは水を持ち歩くことからはじめて、通勤通学中にもし地震が起きたら?と想像しながら、自分仕様の防災ポーチに育てていくのもいいと思います。

息子の防災ポーチも、持ち歩いてから1年以上。
エマージェンシーシートはポンチョ型のほうがいいな、とか、電池式充電器も入れるといいかも、など改善したい点も多々ありますが、重さや大きさにも配慮が必要です。

持ち歩く本人のライフスタイルの変化に合わせて、これからもバージョンアップしていってほしいなと考えています。


SNSでシェア
詳しく見る





プレゼント&モニター募集