知りたい!教えたい!暮らしのアイデアがいっぱい!

特集

体にやさしく買い置き可!ひじき&切り干し大根の最新レシピ

ミネラル豊富で栄養価の高いひじきに切り干し♪ じょうずに使ってバランスの良い献立にしたいですね。乾物というと、ちょっと古くさいイメージかもしれませんが、暮らしの達人たちのレシピは、カフェふうだったりアレルギーっ子対応だったりと、いまどきなものがたくさん! ぜひためしてみてくださいね。

ささっと戻して毎日でも使いたいひじきメニューのレシピ

ひじきといえばおふくろの味。定番の煮物も捨てがたいですが、コロッケ、サラダ、炒め物などなど、色々なメニューにアレンジできるのが良いところ。歯ごたえがよくなったり、見た目に変化をつけたりで、子どもたちもぱくぱく食べてくれることうけあいです!

パン粉も卵も使わないコロコロコロッケ

なんと、衣は乾燥した状態のマッシュポテトなんです。じゃがいもonじゃがいも!この衣なら、卵や小麦がNGな人でも思い切り食べられますね。好みでひじきの量を加減して。でもおいしいからってあまり増やしすぎるとまとまらなくなりますのでご注意を…

デリふう♪水菜れんコーンひじきのサラダ

サラダに蓮根と水菜が入っていると一気にデリふうになるって、そんな法則気づいてましたか? 確かにおしゃれ〜なサラダに仕上がっています! 秘伝の配合、とはいえ超覚えやすいレシピのごまダレをかけて召し上がれ。

ひじきと鶏肉のそぼろ丼

高い栄養価は去ることながら、彩りにも欠かせないひじき。黒ならのりでもいいじゃない、と思うかもしれませんが、そこはかみ応え、味のしみ具合など、この場合はひじきに軍配が上がりそう。いつも脇役のひじきにスポットを当てたくて考えたレシピだそうで、ひじきへの愛がこもっていますね。

おしゃれ系♡ひじきと豆のデリサラダ

ひじき、お豆、玉ねぎと、ヘルシーな素材ばかりを組み合わせたこのサラダは、某社員食堂でも人気のメニューなんだそう。ドレッシングにはにんにくを入れると、香りとコクが出て食欲が増します。ちょっとした箸休めにも、がっつり野菜を食べたいときにもバッチリな一皿です。

ミネラルたっぷり!きのこ、さといも、ひじきのいためもの

さといもをいためものに… おまけにひじき投入とは、ちょっと意外な組み合わせ!? 味付けは塩とごま油のみ!の潔さですが、これがいくらでも食べられちゃう旨味たっぷりのお味に仕上がるんです。一度食べたらやみつきになる不思議なおいしさ、堪能してください!

バリエーションなら切り干し大根も負けてない!簡単レシピをご紹介

切られて干されて、カラカラになった大根さん。それが切り干し大根。でもそんな目に会いながらも栄養を逃さず、むしろがっちりとたくわえちゃうというのがすごいですよね。そんなありがた〜い切り干し大根で、栄養満点メニューをじゃんじゃん作ってみませんか。

少しの野菜と切り干し大根で、栄養満点サラダ

きゅうり1本でここまでボリューミーなサラダができるとは!野菜が高いとき、切り干し大根て本当に助かりますよね。マヨネーズ風味のドレッシングであえると、子どもも大好き、ビールにも良く合うごちそうサラダになりますよ。

切り干し×貝割れで大根親子サラダ

どっちが親?という疑問は置いておいて… 親戚みたいな切り干しと貝割れをじょうずにミックスした、ピリっと大人の味のサラダになっています。貝割れ以外の材料は、混ぜて作り置きしてもOK。食べる直前に貝割れを混ぜて、シャキシャキの食感を楽しんでください♪

切り干しと豆腐のヘルシーロールキャベツ

お肉に負けない旨味が出ると噂の切り干し大根。ヘルシーな切り干し&豆腐でロールキャベツを作って、シチューの素で煮込む、どう考えてもおいしいでしょ、というレシピ。お豆腐をどかっとそのまま入れていためるのも豪快で良し!クリームシチューとロールキャベツの良いとこどりですね。

切り干し大根と厚揚げのあっさり煮

色々食べてもやっぱり落ち着くのがほっこり系の煮物。切り干し大根のカルシウムは、厚揚げのタンパク質と合わせることで吸収率が高まるので、ほっこりだけでなく、骨を強くする効果もあるレシピです!

仰天!乾物をおいしく、スピーディーに戻す方法とは?

乾物を調理するには、まず水につけて戻す必要がありますが、時間を短縮させたい場合にはお湯につけてみて。ひとつまみの砂糖もプラスすれば、例えばひじきならたったの5分で戻すことができます。あるいは、砂糖水につけた乾物にラップをかけ、3分ほどレンジでチンしてもOK.急いでいる時にはオススメです。
また、おいしさをプラスしながら戻すには、なんとヨーグルトを使うのがいいのだとか。以下の方法、ぜひ試してみてください。

話題のヨーグルト戻しの方法はこちら!

美肌に効く!健康に良い!と最近話題の「乾物ヨーグルト戻し」は、水切りヨーグルトや焼きヨーグルトを作ったときの「ホエー」をムダなく使い切るテクでもあります。
が、なんといっても乾物xヨーグルトの組み合わせは、より高い栄養価を得られるのが魅力。ここでご紹介したひじき、切り干しなどのおかず系はもちろん、寒天やドライフルーツなどのスイーツ素材を戻すときにもOK。美肌ママを目指して、ちょっと試してみます?

さてさて、地味だけど、その旨味と栄養価で人気の衰えない乾物の両巨頭、ひじきと切り干し大根のレシピ、いかがでしたか? ウワサのヨーグルト戻しにも挑戦して、ツヤツヤお肌めざしましょう!

まとめ/伊波裕子

人気ランキング

暮らしニスタランキング

暮らしニスタとは

暮らしニスタアイデアリーダー

Montana

Montanaさん

こんにちは!Montanaです。小学生の娘がいます。暮らしを楽しむことが好きで、フリマの実行委員もしています。おやこで...

特に今、注目したい暮らしニスタを”姫ニスタ”と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

三木芽久美さん

三木芽久美さん

レインボールームのインストラクターや野菜ソムリエ、アイシングクッキーの講師…など、さまざまな顔を持つ三木さん。子育てをしながらクリエイティブな毎日をパワフルに送っているハンドメイドの達人です。その意外な過去についてもお話しいただきました!

暮らしニスタへのご意見をお聞かせください。

ご意見が送信されました。
暮らしニスタ編集部では頂いたご意見を元に、暮らしニスタが安心&簡単&楽しくなるように機能を進化させてまいります。

※本文を入力してください。

+暮らしニスタへ意見を送る

返信をご希望の方は
お問い合わせよりご連絡ください。

乙女のお財布
家計簿

Copyright© KURASHINISTA All Rights Reserved.