知りたい!教えたい!暮らしのアイデアがいっぱい!

コラム

THE 修羅場!妻を激怒させた夫のうっかり失言集

よく「男性と女性では感じ方が違う」などと言いますが、男性にとっては平気なことも女性にとっては深く傷つくことだったりするのは結構あるもの。
それは夫婦といえども、無意識に発した言葉が相手の逆鱗に触れてしまって大惨事…なんてこともあるわけです。
今回は既婚男性100人に、ちょっとした失言から大ゲンカに発展した経験について聞いてみました。

女心に気づかない無神経さに反撃!

・「『バレンタインのチョコレートを選びに行くので、子どもの面倒を見ていて欲しい』と言われたときに、『もういい歳なんだから、いいんじゃないか?』と言ってしまったことです」
­
・「『お前はブスだ』と思ったことを言ったら、相手が泣き出して殴りかかってきた」
­
・「女房の鼻について、ちゃかした言い方をしたらものすごく怒りだして大ゲンカに。なんであんなに鼻について言うと怒るのか、今でもよくわからない」
­
なぜ妻が怒ったのか、理由は簡単です。「妻だって女! ちゃんと女性として扱ってほしい」のです。とくに容姿に関することは、たとえ身内といえども、女のプライドを傷つける言い方は当然NGです。

暴言でした、スミマセン……

・「『家事をしない専業主婦はただの失業者』と言ってしまいました。改めて考えれば暴言であり、妻が激怒したのも分かる」
­
・「妻がPTA本部役員をおおせつかったときに慰労会があったのですが、盛り上がりすぎて妻の帰宅が午前様になったときに、母親がいなくてグズッて寝た子どもが可愛そうに思えて、翌朝『役員が忙しいなら、子どもは転校させる』と言ってしまい、しばらく冷戦になりました」
­
・「妻に向かって『怠け者だ』と言ったときには、かなりキレられました。怖かった…」
­
ダンナさんは今では反省している言葉の数々ですが、女性は過去に言われたこともしっかり覚えていますから要注意ですよ。ぶり返されたら、ひたすら謝るしかありません。

焼きもちに火がついて暴発

・「職場の同僚の女の子をファーストネームで呼んだとき、それを聞いた嫁がヤキモチを焼いてケンカになった」
­
・「寝ているときにどうやら知らない女性の名前を私が言っていたらしく、朝から大ゲンカになりました」
­
・「私はバツイチで、妻は婚約していたにもかかわらず相手の浮気が発覚して破談になった経験があります。私は前妻のことはもう何とも思っていないのに、妻は何かとそのことを話題にするので、つい『お前も結婚直前までいっていただろう』と言ってしまいケンカになりました」
­
こんなケンカなら犬も食わない? 奥さんに愛されている証拠ですね。でも、寝ている間にほかの女性の名前はいけません!

結婚自体を悔いるような言葉は禁句

・「『なぜ結婚したんだ』とか『結婚しなきゃよかった』というようなことを言ってしまって、大変な大ゲンカになってしまいました」
­
・「『お前と結婚したのは失敗だった』と言ったときに、離婚騒ぎになった」
­
・「『今後のことを冷静に考えると、一緒にいるのは想像できない』と冗談で言ったら、9日間口を聞いてくれなくなった」
­
結婚を悔いるような発言は、あとあとに傷跡を残すもの。男性にとっては何気ないグチでも、女性にとって結婚とは自分の一生を変えてしまう一大事。軽々しく後悔されては困るのです!

冗談で言ったつもりが…!!

・「妻のお菓子をこっそり食べてしまったときに『君がこれ以上太らないように俺が犠牲になったんだ』と言ったら、かなりの大ゲンカになりました」
­
・「“鬼ヨメぶり”を妻がいるときに友人に話していたのですが、そのときは妻も笑っていたので、つい脚色を交えながら面白おかしく話し続けていたら、帰りの車中で一言も口をきいてくれなかった」
­
・「妻がゴロゴロ寝ていたのを見て『トドみたいだね』と思わず言ってしまったら激怒!こちらは逆に『冗談が通じないのか!』と腹が立ちケンカになった」
­
男性の冗談ってなぜか笑えないものが多いのはなぜでしょう? あと、「太っている」関連の話題は、自分で言うのはよくても夫から指摘されるのはイヤなんです!
­
ちょっと口が滑ってしまったことで大ごとになった経験は夫婦なら誰しもあるかと思いますが、相手の気持ちってなかなかわからないものですよね。「そこまで怒らなくても」と思いつつ、ちょっと反省している夫たちの告白でした。
­
文/吉田直子
※暮らしニスタ編集部が既婚男性100人を対象に行ったアンケート調査より
写真© WavebreakmediaMicro - Fotolia.com

人気ランキング

暮らしニスタランキング

暮らしニスタとは

暮らしニスタアイデアリーダー

4児ママRomi

4児ママRomiさん

高3、高1、小4、小3の4児のママです。低コストでお部屋をリメイクするのが好きです。100均アレンジ、DIYが少々得意...

特に今、注目したい暮らしニスタを”姫ニスタ”と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

youmamaさん

youmamaさん

大掛かりなDIYから、100均アイテムをリメイクした小物まで、youmamaさんの手にかかればアンティーク風のおしゃれなインテリア&雑貨の出来上がり!どうやって作品を生み出しているのか、ご家族との時間や思い描く将来像についてうかがいました。

暮らしニスタへのご意見をお聞かせください。

ご意見が送信されました。
暮らしニスタ編集部では頂いたご意見を元に、暮らしニスタが安心&簡単&楽しくなるように機能を進化させてまいります。

※本文を入力してください。

+暮らしニスタへ意見を送る

返信をご希望の方は
お問い合わせよりご連絡ください。

乙女のお財布
家計簿

Copyright© KURASHINISTA All Rights Reserved.