お知らせ

コメント

編集部からの連絡

コラム

冬休みに観たい!親子で楽しめる感動の映画5選

冬休みに観たい!親子で楽しめる感動の映画5選
年末年始や子どもの冬休みと、家族で過ごす時間が増えるこの時期。
せっかくならどこかに出かけたいけれど、寒いし、寒いし、寒いし…ということで、出かけるのが億劫になってしまいますよね。


そこで今回は、寒いときにこそ楽しめる『親子で楽しめる感動の映画』をご紹介します。

自分らしく生きることを決意したペンギンの物語『ハッピーフィート』

皇帝ペンギンの世界は歌が命。歌で心を伝えられなければ、一人前の大人にはなれません。
しかし、音痴な皇帝ペンギンの少年マンブルは仲間に入れてもらえず、孤立してしまい――。

音痴でもダンスは得意なマンブル。
しかし、どれだけダンスができても、その個性ゆえペンギン界では相手にされません。
そんなマンブルは、やがて群れを抜けて外の世界に飛び出します。
そこで、出会ったのはマンブルの個性を認めてくれる仲間たち。
彼らのおかげで自分に自信を持ったマンブルは、やがて大きな目標へ進みます。
­
人と違うことをすると、反対は必ずあるもの。
しかし、1人でも味方をしてくれる人がいるならば、どんなことでも頑張れますよね。
マンブルの母親は、とくにマンブルのダンスの才能を応援していました。
ぜひ、小さなお子さんを持つ方に見てもらいたい作品です。

姉妹の愛情が世界を変える『アナと雪の女王』

触れるものを凍らせる魔法を持つ姉エルサ。
彼女は子どもの頃、妹アナを魔法により傷つけたことから自分の殻に引きこもります。
そんなエルサは戴冠式の日に、あるきっかけにより王国を冬に変え、城から逃亡し――。

一躍ブームとなった『アナと雪の女王』。
一時は日本中が「ありの~ままで~♪」と劇中曲を熱唱していたほど。
本作は劇中歌も素晴らしいですが、なんといっても姉妹愛の溢れたストーリーが魅力的。
とくにエルサを追いかけ雪山へと向かうアナの姿は、自分の生きたいように生き、芯の強さを発揮する現代女性の魅力と通じるものがあります。

氷河期を舞台にした感動の物語『アイスエイジ』

氷河期の地球で、仲間からはぐれたナマケモノのシドと、なぜか北へ向かうマンモスのマニーは共に旅をすることに。
­
2匹はある日、人間の母親と赤ちゃんに遭遇。
しかし、母親はすぐに亡くなってしまい、シドとマニーは赤ちゃんを父親の元に届ける旅へと出発します。そこにサーベルタイガーのディエゴが加わり――。
­
サーベルタイガーの群れは人間への復習のために、ある集落を襲います。
その群れの中にいたのがディエゴ。
そして、サーベルタイガーの襲撃を逃れたのが母親と赤ちゃんでした。
­
シドとマニーと旅をしながらも、はじめは赤ちゃんを狙っていたディエゴ。
しかし、次第に仲間と友情を育み、赤ちゃんの愛らしさに魅了されていきます。
ディエゴの心の変化には感動させられるシーンも多く、また、子どもをかばって亡くなる母親の姿や、子どもを待つ父親の姿にも胸を打たれます。

クリスマスを信じる子どもたちへ『三十四丁目の奇跡』

本物のサンタ・クロースを名乗る老人クリスは、人事係のドリスに採用され、サンタの格好をしてメイシー百貨店で働くようになります。
クリスは本物のサンタと慕われ人気者に。
しかし、メイシー百貨店の専属医師ソーヤーにより、サンタの妄想を抱く危険人物だと判断され――。

1947年に製作され、何度もリメイクされたクリスマスの名作。
儲け主義に走り、サンタ・クロースを客寄せに過ぎないと思っている百貨店、そしてクリスマスは幻想とサンタを信じない母と娘。
サンタ・クロースなんて夢物語だという前提がありながらも、クリスと過ごすことで少しずつ、本当にサンタ・クロースはいるのかもしれないと前提を打ち壊していく本作。
クリスマスを行う意義について考えさせられます。

クリスマスシーズンの定番『ホームアローン』

クリスマスの家族旅行で、シカゴに在住するマカリスター家はパリに行くことに。
しかし、慌てて空港へと向かったため、8歳のケビンが1人家に取り残されてしまい…。
そんなケビン1人で過ごすマカリスター家に2人組の泥棒が侵入し――。

クリスマスシーズンの定番作品。
5人兄弟の末っ子で、いつも兄や姉からからかわれていたケビン。
家族旅行に置いていかれたきっかけも、兄とケンカをして屋根裏部屋で寝ていたから。
家族なんていなくなってよかったと思うケビンですが、一人で過ごすうちに家族の大切さに気づきます。
ケビン少年が家の中にあるアイテムを駆使して泥棒を追い出す本作は、コメディ映画ではあるのですが、家族愛も描かれ、笑いあり感動ありの名作です。

寒くて家から出たくないと思った日には、こたつに入って映画鑑賞はいかがでしょう。
今回紹介した5作品は家族の絆について描かれた作品も多いため、家の中にいながら、映画を楽しみ、さらには家族の絆についても考えさせられますよ。
­
<プロフィール>
舟崎泉美
ライター/エンタメライター。富山県出身、東京都在住。小説や脚本を執筆し、その経験を活かしライターとして雑誌やWEBなどに、本のレビュー、映画レビューなどを書く。最近はエンタメに限らず、女性向き媒体でさまざまなジャンルの記事を執筆。第一回本にしたい大賞受賞。著書「ほんとうはいないかもしれない彼女へ」(学研パブリッシング)。
­
写真© chihana - Fotolia.com
執筆者:舟崎泉美

ひこまるさん

2479

簡単なお料理・100均グッズを利用したテーブルコ...

原田ひろみさん

1520

兵庫県在住 ライフオーガナイザー/クローゼットオ...

めろんぱんさん

1513

お菓子作りだいすき。我が家のちびっこたちのために...

おくやままさみさん

1329

ふだんの毎日の生活を身近なもので、お金をかけず、...

4児ママRomiさん

1233

高3、高1、小4、小3の4児のママです。低コスト...

ひこまるさん

26304

簡単なお料理・100均グッズを利用したテーブルコ...

4児ママRomiさん

16573

高3、高1、小4、小3の4児のママです。低コスト...

原田ひろみさん

15850

兵庫県在住 ライフオーガナイザー/クローゼットオ...

三木芽久美さん

15085

時短で楽しくオシャレに暮らすのが目標!2児の男の...

なが みちさん

14765

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

ひこまるさん

96887

簡単なお料理・100均グッズを利用したテーブルコ...

4児ママRomiさん

69224

高3、高1、小4、小3の4児のママです。低コスト...

なが みちさん

49626

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

おくやままさみさん

40481

ふだんの毎日の生活を身近なもので、お金をかけず、...

michiカエルさん

39433

ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に...