知りたい!教えたい!暮らしのアイデアがいっぱい!

コラム

気になる彼をオトす!肉食系女子による「飲み会のお作法」

忘年会、新年会などのお酒が入る席は、気になる彼と仲良くなる絶好のチャンス! そんなこんなでいろいろあって、無事に妻の座を手に入れた既婚女性たちに、実際に効果があった“肉食テクニック”を教えてもらいました!

飲み会で気になる彼をオトす「会話」編

オチのないダラダラ話なんてNG! いついかなるシーンでも、狙った獲物がしっかり食いつく話術がこちら。
­
・「好きな人の近くや隣の席を確保することはマスト。そして常に目を合わせることを意識しながら楽しくおしゃべりします」
­
・「その人が話しているときは常に相槌をうって、目を離さないようにする」
­
・「逆に、飲み会ではわざと離れた位置に座ります。他の男性と仲良くおしゃべりして盛り上がったあと、会計のときに好きな人のところへ行って『本当は隣に座りたかったな~』とか言っちゃう❤」
­
・「『土日は何をしているの?』と聞かれたので、『東京観光している』と答えたら、『どこに行ったことがある?』『ここ一緒行かない?』と、一緒に出かける約束までもっていきます」
­
・「好きなドリンクばかり頼んでいたら、とっても好きな人から『そのドリンク、ほんと好きだよなぁ~』と言われたので、『●●(好きな人の名前)の方がもっと好きだけどね!』と冗談めかして言いました。かなりドキッとしたそうです」
­
・「相手の目を見てうなずくだけで、『ちゃんと話を聞いてくれる!』『愛想がいい!』なんて言われます。実はこれ、夜の店でバイトしていたときに客の男性を落とすのに使っていた簡単テク」

飲み会で気になる彼をオトす「服装」編

飲みの席では、テーブルから上の上半身勝負! オフィスではあまり強調できない「バストを強調」のテク多し。
­
・「下はパンツスタイルでも、上は胸のあたりが開いたニットを仕込み、その上に羽織ものを着て、2次会などで彼の隣に座れたらさりげなく脱ぐ。そうすると、やっぱり男性だから、そういうところに目がいってしまうので、こうなるとかなりの確率で落とせます」
­
・「胸のラインがわかる服を着て、彼の目の前限定でちょっとセクシーに見えるポーズを意識していたら、彼の目が真剣になり、私に夢中になっていました」
­
・「せっかくなので巨乳を利用していました。胸が目立つ洋服はマストで、ちょっとした瞬間に相手の腕やひじに胸を押し付ける。ベタだけど落ちない人はいなかった」

飲み会で気になる彼をオトす「ボディタッチ」編

「意識してしまう人が多いみたい」との証言が多かったボディタッチ。距離が近くなる飲み会でいざ実践!
­
・「会話の中で『楽しいよー!』ということをアピールするための『ボディタッチ+笑顔』は欠かせません! 『この子、俺のこと好きかも』と思わせることができればこっちのもんです」
­
・「ボディタッチは本当に効果があります! わざとらしくない感じで、楽しいときは肩に触れたり、グラスを受けとるときに少し触れるくらいの感じで。たまに全く触らないときも作って、駆け引きをします」
­
・「まずは相手の話をよく聞き、ちょっとずつボディタッチを増やしていきます。そして、様子を見つつ、よきところで酔ったふりをして寄りかかります。たいていの場合は、それで急接近し、相手の心を掴んじゃえます!」

飲み会で気になる彼をオトす「仕上げ」編

何事も「最後」が大事!ということで、飲み会のフィナーレである「帰り際」に命をかける女性たちのテクがこちらです。
­
・「会社の飲み会のとき、帰り際にコソッと『もう帰るんですか?』と上目遣い&裾ひっぱりで、2人だけでの二次会に成功」
­
・「飲み会帰り、上司とふたりきりになったときに『10秒だけ手をつないでもいいですか?』と甘えてみたら成功した」
­
・「飲みに行って、少し酔ったところで彼の手を握り、上目遣いで『好きになっていいですか?』」
­
・「酔ったふりをして壁ドンでキス。そのあと、我に返った体で『ごめんなさい』と言いながら上目遣いをします」
­
・「酔った勢いで家に上がりこみ、そのまま棲みついてしまう。うまくいけば私みたいに結婚までいけます」
­
結果、玉砕しても「全然覚えてないんだけどーーー!」とかスッとぼけちゃえばオールクリア(?)にもできちゃうので、忘年会・新年会で、ドーンといってみませんか?
男性側も、実は何かが起こることを待っているかも?!
­
文/和田玲子
※20~40代の既婚女性100人を対象に暮らしニスタ編集部が行ったアンケート調査より
写真© blanche - Fotolia.com
執筆者:和田玲子

人気ランキング

暮らしニスタランキング

暮らしニスタとは

暮らしニスタアイデアリーダー

なかじま ひでみ

なかじま ひでみさん

12歳の男の子と3歳の女の子の母です。 仕事をしながらお菓子教室に通って、あとは独学で勉強しました。 今はおうちで楽し...

特に今、注目したい暮らしニスタを”姫ニスタ”と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

三木芽久美さん

三木芽久美さん

レインボールームのインストラクターや野菜ソムリエ、アイシングクッキーの講師…など、さまざまな顔を持つ三木さん。子育てをしながらクリエイティブな毎日をパワフルに送っているハンドメイドの達人です。その意外な過去についてもお話しいただきました!

暮らしニスタへのご意見をお聞かせください。

ご意見が送信されました。
暮らしニスタ編集部では頂いたご意見を元に、暮らしニスタが安心&簡単&楽しくなるように機能を進化させてまいります。

※本文を入力してください。

+暮らしニスタへ意見を送る

返信をご希望の方は
お問い合わせよりご連絡ください。

乙女のお財布
家計簿

Copyright© KURASHINISTA All Rights Reserved.