マンションでインターネットを使いたい!光回線の利用開始手順を解説

目次

マンションでインターネットを使いたいけど、何からしていいかわからない、古いマンションに住んでいるけど、インターネットって使えるの?

毎日の生活には必要不可欠となったインターネット。
YouTubeの視聴や高画質の映画鑑賞、ネットショッピングなど家の中で通信量を気にせずに接続するためにはインターネット回線の契約が必要になります。

今回は、自宅でも快適にインターネットを利用するための手順や光回線の仕組みを解説していきます。
住んでいる建物や自分の生活スタイルに合わせて、準備していきましょう。

最後には通信費が節約できるおすすめの光回線も紹介しているので検討してみてください。

マンションで利用できるインターネットの種類とは?

マンションでインターネットを利用する方法はいくつかありますが、今回はおもに使われている光回線ポケットWi-Fiついて説明します。

結論からお伝えすると、自宅で快適にインターネットを利用したい場合は安定した高速通信ができる光回線がおすすめです。

しかし、インターネットを使うシチュエーションやマンションの状況によってはポケットWi-Fiが向いている場合もあるので、それぞれの特徴を踏まえたうえでどちらが自分にあっているか判断してみましょう。

光回線とは?通信するときに必要なデータの通り道

光回線とは、光ファイバーケーブルを利用したインターネット回線のことです。

インターネット回線とは、通信するときに使うデータの通り道のことで、光回線の場合は「光ファイバーケーブル(以下、光ケーブル)」と呼ばれる線を使って通信を行っています。
光ケーブルは、電気のように電柱や地下に張り巡らされており、この光ケーブルを家に引き込むことで、インターネット通信ができるようになります。

おもに自宅でインターネットを使う人は光回線がおすすめ

光回線は無制限で高速な通信できるといった特徴があるため、以下のケースに当てはまる人におすすめです。

光回線に向いている人

  • 家でインターネットを利用する人
  • 動画やゲームを通信制限なしでサクサク楽しみたい人

また、光回線には以下のようなメリット、デメリットがあります。

メリット デメリット
  • 大容量のデータを高速通信できる
  • 月額一定料金で無制限に利用できる
  • 安定した通信ができる
  • 持ち運びができない(自宅のみ)
  • 初期工事の費用がかかる(キャッシュバックキャンペーンで工事費が実質無料になる光回線サービスが多い)
  • 契約期間中に解約すると違約金がかかる場合がある

光回線は大容量のデータ通信や安定した通信環境が作れるので、家で快適にインターネットを利用したい人にぴったり
通信量の上限がないので、どれだけ使っても料金が変わらないのもうれしいポイントです。

申込みから開通までは平均で約1〜2ヵ月かかりますが、NURO光SoftBank光では、開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルを行っています。
このような光回線サービスを選べば、工事に伴うインターネット不通期間をなくすことができますよ。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

ポケットWi-Fiとは?持ち運び可能な通信端末

ポケットWi-Fiはモバイルルーターとも呼ばれる、持ち運び可能な無線タイプの通信端末のことです。

スマホのように専用の電波を受信したポケットWi-Fiとパソコンやタブレットを接続することで、インターネットに繋がるようになります。
特別な工事は必要なく、端末を受け取り、設定を行えばインターネットが使えるようになるのが特徴です。

外出先でもインターネットを使いたい人はポケットWi-Fiの利用がおすすめ

では、ポケットWi-Fiはどんな人に向いているのでしょうか。

結論からお伝えすると、小型の端末を持ち運べばどこでもインターネットが使えるため、外出先でインターネットを使いたい人におすすめです。

ポケットWi-Fiの利用に向いている人

  • おもに外出先でインターネットに接続したい人
  • できるだけ早くインターネットの利用を開始したい人
  • 家でNetFlixやYouTubeなど高画質の映像をあまり視聴しない人

実際に利用する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのか確認しておきましょう。

メリット デメリット
  • 持ち運び可能でどこでもWi-Fiが使える
  • 工事の必要がなく、設置が簡単
  • 光回線より通信速度が遅い
  • 速度制限がある

ポケットWi-Fiは、場所を問わなずにインターネットを利用できる点が最大の特徴です。端末があれば自宅の中だけでなく外出先でもインターネットに接続できます。
さらに、光回線の利用時に必要な回線引き込み工事がいらないため、利用までの手続きを短く済ませることが可能です。

しかし、一定の通信量を超えると通信制限になるケースが多いため、NetFlixやYouTubeで高画質の動画を再生したり、オンラインゲームをたくさんする人など、大容量の通信を快適に楽しみたい人は通信量の上限がなく、高速通信できる光回線の方がおすすめです。

マンションで光回線を利用するには?

マンションで光回線を利用するには、光回線の契約をして回線の引き込み工事をする必要があります

ここで、光回線の契約や光ケーブルの仕組みを押さえておきましょう。

光回線契約の仕組み

光回線を使ってインターネットに接続するには、プロバイダ光回線事業者の2社と契約する必要があります。

プロバイダと回線事業者の役割

プロバイダ
光回線をインターネットに繋げて、実際に利用できるようにする会社
回線事業者
光回線(データの通り道)を所有・提供している会社
回線事業者とプロバイダの役割図

このイラストのように、パソコンなどの通信機器で送受信するデータは光回線を通り、プロバイダを経由することでインターネットに接続できるようになります。

では、プロバイダはどのような役割を担っているのでしょうか。わかりやすく高速道路を例に説明していきます。

例えば、インターネットを「高速道路」と仮定した場合、光回線は「自宅から高速道路へ向かう道」、プロバイダは「高速道路の入り口にある料金所」にあたります。

光回線の仕組み図

高速道路を利用する場合、料金所を通らなければ中に入ることはできませんよね。これと同じ仕組みで、光回線の場合もプロバイダを通過しなければ、インターネットに接続することができません。

つまり、光回線を利用するには、光回線を提供する「回線事業者」と、その光回線をインターネットへ接続する「プロバイダ」の2社と契約する必要があるのです。

しかし、近年では「回線事業者」と「プロバイダ」が一体化された「光コラボレーション」と呼ばれる光回線サービスが主流となってきており、契約方法がシンプルになりました。

光コラボレーションとは

さまざまな事業者がNTTから光回線(フレッツ光)を借りて、独自のサービスと組み合わせて提供するモデルのことです。
簡単にいうと、光回線とプロバイダが一本化されたサービスで、契約を1社のみで済ませられるというメリットがあります。

プロバイダ一体型の光回線サービスであれば契約を1社で済ませられるため、契約手続きを簡略化したい人はプロバイダ一体型のサービスを選ぶようにしましょう。

光ケーブルとは?光回線の利用時にデータが通る道

光ケーブルとは、光回線を使ってデータ通信を行う際のデータの通り道のことです。

光ケーブルは電柱や電線の中を通っており、この光ケーブルを共有部分を経由して部屋に引き込むことでインターネットが利用できるようになります。

なお、インターネットに接続する方法は上で解説した光回線・ポケットWi-Fi以外にも、ADSL(電話回線)やケーブルテレビ回線がありますが、家にインターネット回線を引く固定回線の中では、光回線の通信速度がもっとも速いといわれています。

マンションでインターネットを利用するには?

ここまで光回線やポケットWi-Fiの概要をお伝えしてきましたが、実際にマンションでインターネットを利用するにはどうすれば良いのでしょうか。

光回線などの固定回線を利用する場合は建物自体に回線が引いてある必要があり、マンションによって導入状況が異なります。どのようなパターンがあるのか確認してみましょう。

マンションのインターネットの対応状況はおもに上記の3種類あります。

それぞれ利用手順が異なるので、タイプ別に見ていきましょう。
現在住んでいるマンションや引越先のマンションがどのタイプなのか分からない場合は大家さんやマンションの管理会社に確認してみてくださいね。

インターネット対応マンションの場合

インターネット対応マンションとは共有部分まで光ケーブルが引き込まれている状態のマンションを指します。

利用開始までにいくつか手順を踏む必要があるので、余裕を持って申し込むようにしましょう。

利用開始までの手順

  1. 契約する光回線サービスを決める(NURO光、auひかりなど)
  2. 回線事業者・プロバイダと契約
  3. 光ケーブルケーブル引き込み工事
  4. 無線LANルーターを設置

注意しておきたいのが、光ケーブルを部屋に引き込むための工事を行う必要があるという点です。
基本的に光回線を導入する際は工事が必要ですが、マンションによっては工事が必要ない場合もあるので、自分の家は工事が必要かどうか事前に確認しておきましょう。

共用部分から専有部分まで光ケーブルの引き込み工事が必要

インターネット対応マンションで光回線を利用するには、一般的に共用部分から専有部分である部屋まで光ケーブルを引き込む工事が必要になります。
ただし、建物によっては工事が必要ないケースもあるため、まずは建物の状況別にインターネットの有無を確認しておきましょう。

<建物のインターネット環境による開通工事の有無>
工事が必要
  • 建物に光回線が導入されていない
  • マンションの共有部分まで光回線が導入されているが、部屋までは光回線が導入されていない
工事が不要
  • 部屋まで光回線が導入されている

部屋まで光ケーブルが引き込まれていない場合は開通工事を行う必要があります。
しかし、過去に工事を行い、部屋まで光回線が導入されている場合は工事は不要です。工事状況が分からなければ管理会社に問い合わせましょう。

部屋に光コンセントがあれば工事は不要

部屋に光コンセントがある場合はすでに光回線が引き込まれているので基本的に工事は不要です。
光コンセントは電気用のコンセントと一緒になっている「一体型」と独立している「分離型」がありますが、差し込み口に「光」という表記があれば光コンセントなので探してみましょう。

ただし、光コンセントがある場合も契約する光回線によっては工事が必要になるケースがあります

部屋まで光回線が引き込まれている場合でも使用する回線によっては工事が必要になる

先ほどお伝えしたように、光コンセントがあれば基本的に工事の必要はありませんが、使用する回線によっては工事が必要なケースもあります。
契約する光回線サービスの使用回線によって工事の有無が変わるので注意しましょう。

<光回線サービスの種類>
種類 おもな光回線サービス 使用回線
①フレッツ光 フレッツ光 NTTの光回線
②光コラボレーション ドコモ光
ソフトバンク光
So-net光プラス
ビッグローブ光
③個別の光回線 NURO光 独自の光回線
auひかり 独自の光回線
コミュファ光 独自の光回線

上の表のように光回線サービスは3つの種類に分けられます。
注目しておきたいのが使っている回線(光ケーブル)の種類。
フレッツ光」と「光コラボレーション」はNTTが提供する光回線を使用し、「個別の光回線」はそれぞれ独自で提供している光回線を使っているという特徴があります。

工事するのが手間という場合は、部屋に引き込まれている光回線に対応した光回線サービスを選べば工事の必要はありません。

例えば、部屋にNTTの光回線が引き込まれている場合、フレッツ光やドコモ光を選べば工事の必要はありませんが、NURO光を使いたい場合は新たにNURO光の光ケーブルを引き込む工事が必要になります。

簡単にいうと、部屋に引き込まれている光ケーブルをそのまま使う場合は工事不要ですが、新しく別の光ケーブルを入れるときは改めて工事をしなければならない、というわけです。

そのため、部屋に光コンセントが設置されている場合は、どの光回線が引かれているのか、事前に大家さんやマンションの管理会社に確認しておきましょう。

インターネット非対応マンションの場合

インターネット非対応マンション建物自体に光ケーブルが引き込まれていない状態のマンションを指します。
この場合、インターネットを使うためには2つの手段があります。

  1. A:マンション向けプランを導入する
  2. B:戸建て向けプランを個人的に契約する

光回線はマンション向けと戸建て向けのプランがあります。それぞれの導入の仕方を解説します。

まずAの方法ですが、新たにマンション自体に光回線を導入する必要があります。
マンション入居者で共有するマンション向けプランはリーズナブルな料金設定となっていますが、オーナーの許可取得のほか設備導入、マンション内で一定の契約者を集めるといった行程が必要になるので現実的には難しいといえます。

Bの方法は、利用したい光回線事業者がマンションでの戸建てプランの利用を許可している場合に利用できます
適用可能な条件を設定している場合があるので、光回線サービスのホームページで確認してみましょう。ただし、この場合でも工事が必要になるので大家さんの許可が必要になります。

工事不可の場合はポケットWi-Fiを検討しましょう

光ケーブルを共有スペースまで引き込む工事ができない場合は、ポケットWi-Fiの利用を検討してみてください。
光回線のような工事は不要なので手軽に利用でき、家のなかだけでなく外出先でも利用することができます。

光回線より速度は遅い傾向にありますが、インターネット非対応マンションでインターネット環境を作るとしたら最も現実的といえるでしょう。

インターネット無料マンションの場合

インターネット無料マンションの場合は部屋まで光ケーブルが引き込まれていて、自分で契約する必要のない状態のマンションを指します。
家賃や管理費の中にインターネット使用料が含まれていることが多く、新たに料金は発生しないことが多いです。

また、入居後すぐに利用できるというメリットもあります。

Wi-Fiを飛ばすのであれば無線LANルーターが必要

光ケーブルが部屋まで引き込まれている場合、有線での接続はすぐに可能ですが、無線でインターネットに繋ぎたいときは、部屋にWi-Fiを飛ばす無線LANルーターを別途用意する必要があります

無線LANルーターとは

パソコンやスマホなどを無線でインターネットに接続する通信機器のことで、簡単にいうとWi-Fiを飛ばす機器です。「Wi-Fiルーター」と「無線ルーター」とも呼ばれています。

インターネット無料マンションは通信速度が遅い?

インターネット無料マンションは、個別に契約した光回線に比べて通信速度が遅いといわれています。通信速度が遅くなると考えられる大きく2つの原因をそれぞれ説明します。

速度が遅い原因

  1. 回線の混雑
  2. 光回線より遅いインターネット回線が導入されている

1の「回線の混雑」は同じ時間帯にたくさんの通信が行われることで、回線が混雑すると通信速度が低下します。これはインターネット無料のマンションに限らず、すべての集合住宅において起こることです。
インターネット無料マンションに住んでいる人は、すべての住居がインターネットを利用できる環境にあるため、利用者が集中することで混雑が起きやすくなり、さらなる速度低下を招く可能性があります。

マンションに導入されている回線ではなく、個別に契約をして光回線を利用する場合は混雑の起きにくい「IPv6」接続サービスが利用できる光回線サービスを選ぶことをおすすめします。

IPv6とは?

IPv6とは次世代のインターネット接続方式のことで、従来はIPv4という接続方式が主流になっています。簡単にいうと、「IPv4」は利用者が増えると回線が混雑しやすく、速度が遅くなってしまうの対して、「IPv6」は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても安定した通信ができるというわけです。

また、2の「光回線より遅いインターネット回線が導入されている」のように、そもそもマンション全体で契約した回線が、ケーブルテレビやADSL(電話回線)といった光回線より遅いインターネット回線が導入されている場合もあります。
また、光回線サービスの中でも速度の遅い光回線サービスと契約している場合もあるので、これから入居を考えているという人は事前に管理会社に確認してみましょう。

個別で毎月のネット使用料を払う必要はありませんが、より快適にインターネットを使いたい場合は個別契約も検討してみましょう。次に個別に光回線を契約することについて説明します。

大家さんの許可があれば光回線の個別契約も可能

インターネット無料マンションでも光回線の個別契約が可能な場合もあります。

ただし、個別に光回線を契約する場合には工事が必要になり、壁に小さな穴を開ける場合もあります。
そのため、個別契約する場合は大家さんや管理会社に連絡をして事前に導入の許可を取っておきましょう。 

マンションで使うならどの光回線サービスがおすすめ?お得に使える「スマホのセット割」

では、マンションで使う光回線はどこを選べばよいでしょうか?
そこで今回は、通信費が節約できる「スマホのセット割」を行っている光回線サービスをを紹介するのでぜひ検討してみてください。

スマホのセット割とは

スマホと光回線をまとめて契約することでスマホの月額料金が割引になるサービスです。
例えば、ドコモユーザーの人がドコモ光に契約すると、スマホの月額料金が最大で1,100円(税込)割引になります。これを活用すれば月々の通信費をおさえることができるため、まずは各スマホのセット対象となっている光回線サービスを把握しておくことが大切です。

スマホのセット割が適用される光回線だと毎月550〜1,100円も節約できる!

ここでは、スマホと合わせて光回線サービスを利用することでお得な割引が受けられる代表的な光回線サービスを紹介します。

各社ごとに解説しますので、検討してみてください。

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめです。
ドコモ光セット割」で「ドコモのギガプラン」なら永年最大1,100円(税込)、「カケホーダイ&パケあえる」なら110円〜3,850円(税込)の月額料金の割引があります。
「ウルトラシェアパック100」なら3,850円(税込)の割引がるので、毎月大きな割引を受けることができます。

なお、家族内に3回線以上のドコモ契約者がいればファミリー割引が適用されます。
各契約内容に合わせて全員が割引になるのでお得です。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

auユーザーならauひかりまたはビッグローブ光がおすすめ

auユーザーならauひかりもしくはビッグローブ光がおすすめです。

auスマートバリュー」を利用すれば、プランによっても異なりますが月額料金が550〜1,100円(税込)永年割引となります。
割引条件としてスマートフォンの指定プランに加入する必要があるので、契約内容を事前に確認しましょう。

また、auショップで手続きを行えば、住所の異なる家族でも「auスマートバリュー」が適用されます。
離れたところに暮らす親子や単身赴任の家庭などでも割引を受けることができます。

ただし、auひかりは提供エリアが限られているため注意しましょう。auひかりの提供エリア外であれば「auスマートバリュー」が適用可能なビッグローブ光を検討してみてください。
ビッグローブ光提供エリアも全国と広範囲に及ぶので、居住地がエリア内かどうかチェックしてみましょう。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

ビッグローブ光

auユーザーなら、ビッグローブ光×auセット割でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引。有料オプション加入なしで、各種キャッシュバックキャンペーンが受けられる。

SoftBankユーザーならSoftBank光またはNURO光がおすすめ

SoftbankユーザーはSoftbank光もしくはNURO光がおすすめです。

セット割である「おうち割 光セット」はSoftbankユーザーのみが利用できるサービスで、Softbank光とNURO光が対象になります。
契約プランによっても異なりますが、月額料金がデバイス1台につき2年間もしくは永年550〜1,100円(税込)割引になります。
対象となる端末は10台までとされているので、家族で契約をしている人にとっては非常に大きな割引となりますね。

なお、おうち割光セット適用には、NURO光ならNURO光でんわへの加入、ソフトバンク光電話ならオプションへの加入契約がそれぞれ必要(どちらも月額税込550円)になりますので、注意しましょう。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

まとめ

マンションでインターネットを使うにはいくつかの手順があります。住んでいるマンションの状況をしっかり知った上で自分に合った光回線を選んで契約しましょう。

  • 光回線とは光ケーブルを使って高速通信ができるインターネット回線のこと
  • 光回線を利用するときは「回線事業者」「プロバイダ」の両方の2社と契約が必要(プロバイダ一体型のサービス利用時は1社)
  • 光回線が部屋まで引き込まれていない場合は工事が必要。その際は大家さんの許可を取る必要がある
  • 工事ができないインターネット非対応マンションの場合はポケットWi-Fiの利用を検討
  • スマホとセット割が適用される光回線がお得でおすすめ

Popular Posts

Clients

クライアント一覧