戸建てのインターネットの選び方は?おすすめの光回線と利用手順を解説

戸建てに引っ越す予定だけど、インターネットはどうやったら利用できるの?安くて速いおすすめのインターネット回線が知りたい!

いまや日常生活に欠かせない存在となったインターネット。
特に戸建ての場合、1階でネット動画、2階でオンラインゲームなど、家中のいろいろな場所で同時に利用することもありますよね。

インターネット回線の種類はいくつかありますが、家族みんなでインターネットを快適に利用するなら、光回線がおすすめです。
通信速度が速く安定しているので、同時に複数の機器をネットに繋いでも問題なく使うことができます。
さらにスマホとのセット割やキャンペーンを利用すれば、月額料金も抑えられますよ。

今回は戸建てでインターネットを選ぶときのポイントや利用開始までの手順、おすすめの光回線について詳しく解説していきます。

戸建てのインターネットは光回線がおすすめ!

PCを操作する女性のイラスト

戸建ての場合、家族同時にパソコン、スマホ、ゲーム機器などでインターネットにアクセスすることが多いので、通信速度が気になりますよね。

結論からお伝えすると、戸建てで複数人でインターネットを利用するなら、光回線が最もおすすめです。

光回線の特徴は、通信速度が非常に速く安定している点にあります。
他の方法と比較しながら、光回線の特徴とメリット・デメリットを見ていきましょう。

戸建てでインターネットを使う方法はおもに3つ

戸建てでインターネットを利用する方法はいくつかありますが、ここでは以下の3つをご紹介します。

戸建てで利用できるおもなインターネット回線

  1. 光回線
  2. ホームルーター
  3. ポケットWi-Fi

まずは速度、料金などの比較表を見てみましょう。

<戸建てのインターネット回線比較表>
回線 光回線 ホームルーター ポケットWi-Fi
最大回線速度※
1Gbps ~ 2Gbps

150Mbps 〜1.2Gbps

440Mbps 〜 558Mbps
速度制限
なし

一部あり

あり
料金相場
4,000〜6,000円程度

3,000〜5,000円程度

3,000〜5,000円程度
工事
必要

不要

不要
開通までの期間
2週間〜2ヶ月程度

2〜3日程度

2〜3日程度
外出先で使えるか
使えない

持ち運びには不向き

使える

※ 1Gbps(1ギガバイト)=1024Mbps(メガバイト)

光回線は固定回線なのでほとんどの場合工事が必要になりますが、その分通信速度が非常に安定しており、速度制限もありません

NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスはもちろん、高画質のオンラインゲームもサクサク楽しむことができます。

一方、ホームルーターポケットWi-Fiはモバイル回線(無線)のため、工事不要ですぐに使えるのが利点。
しかし通信速度は光回線より劣り、速度制限がかかる場合もあります。

固定回線
電柱から専用のケーブルを建物内に引き込むことでインターネット通信を行う回線
モバイル回線
スマホのように専用の電波を受信することでインターネット通信を行う回線

ここからそれぞれの特徴をさらに詳しく解説してきます。

光回線は安定した通信速度が魅力

速度に満足している男性のイラスト

光回線とは、光ファイバーケーブルを使ったインターネットの固定回線のこと。
固定回線には他にケーブルテレビ回線を利用するCATV、固定電話の回線を利用するADSL(新規申し込み受付終了)がありますが、光回線は通信速度が群を抜いて速く安定しているため、近年では固定回線の主流になっています。

光回線のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 通信速度が速くて安定している
  • 通信制限がない
  • スマホセット割やキャッシュバックがある
  • 工事が必要
  • 開通までに時間がかかる
  • 持ち運びはできない

光回線は一度に多くのデータを送受信できるため、大容量の動画やゲームのダウンロードもスムーズ。

月額固定料金で速度制限が設けられていないので、容量を気にすることなくインターネットを楽しめます。また、後述しますがスマホとのセット割やキャッシュバックなどの特典も充実しているので、それらをうまく利用すれば月々の通信料も抑えられます。

ただし、光回線を家の中に初めて導入する場合は工事が必須となり、開通までに最短でも1ヶ月程度は要します。すぐにでもインターネットを利用したいのであれば、NURO光やソフトバンク光など、開通までの期間にポケットWi-Fiのレンタルを行っている光回線サービスを選びましょう。

光回線が向いているのはこんな人!

  • インターネットを複数人・複数端末で同時に使いたい
  • 動画やゲームを通信制限なしでサクサク楽しみたい

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

ホームルーターは工事不要で同時接続も可能

ホームルーターは、機器をコンセントに繋げるだけですぐにインターネット通信ができる据え置きタイプのWi-Fiルーターのこと。
スマホのように外の電波を受信するモバイル回線で、おもにWiMAXとSoftbank Airの2種類があります。

ホームルーターのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 工事不要ですぐに使える
  • 複数台の接続も可能
  • 月額料金が光回線に比べて割安
  • 通信速度が光回線に比べて遅い
  • 一部通信制限がある

固定回線の光回線と違い、ホームルーターは工事不要ですぐに使えるという点が大きなメリット。
また、一度に接続できる端末の数がポケットWi-Fiより多く、家族が多くても安心です。

ただし、光回線に比べると通信速度が安定しておらず、家族同時にインターネットに接続すると繋がりにくくなることも。
また、プランごとの月間データ容量を超えると極端に通信が遅くなってしまうため、動画やゲームを頻繁に利用する人には向いていないかもしれません。

ホームルーターが向いているのはこんな人!

  • 立地条件などにより光回線の工事ができない
  • 引越しの可能性がある人
  • インターネットの利用頻度が低い

ポケットWi-Fiは持ち歩き可能だが戸建てには不向き

ポケットWi-Fiとはホームルーターと同じ無線タイプの小型通信端末のことで、モバイルルーターとも呼ばれます。
こちらも工事不要で端末が届けばすぐにインターネットに接続することが可能です。

ポケットWi-Fiのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 工事不要ですぐに使える
  • 持ち運びが可能
  • 月額料金が光回線に比べて割安
  • 通信速度が不安定
  • 同時接続できる端末数が少ない
  • 誰かが持ち出したら家で使えない

最大の特徴は持ち運びができるという点。
ホームルーターはコンセントに繋がないと利用できませんが、ポケットWi-Fiは充電しておけばいつでもどこでもインターネットに接続することができます。

しかしどこでも利用できる代わりに、通信速度はホームルーターよりも不安定。
また多くの場合、通信制限があるうえに一度に接続できる機器も少ないので、インターネットを家族で利用したい場合にはおすすめしません。

ポケットWi-Fiが向いているのはこんな人!

  • おもに外出先でインターネットを利用したい
  • インターネットの利用頻度が低い

家族で快適に使うなら光回線が最適

ここまで光回線、ホームルーター、ポケットWi-Fiそれぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介してきましたが、インターネットを複数の人・端末で利用する戸建てでは、光回線が最適といえます。

ホームルーターとポケットWi-Fiは工事不要の手軽さが魅力ですが、通信速度が不安定で制限がかかることもあるので、特にインターネットの利用頻度が高い人にとっては不便を感じるかもしれません。

光回線であれば、例えば1階でNetflixとネットショッピング、2階でオンラインゲームなど、家族それぞれが別の場所・機器でインターネットに接続していても、安定した速度を保つことができます。
インターネットに速度や快適さを求める人は、光回線を選んでおけば間違いないでしょう。

重視すべきは料金・速度・キャンペーン!戸建ての光回線の選び方

料金、速度、キャンペーン

戸建てタイプの光回線を申し込もうと思っても、種類が多くてどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

ここでは光回線で特に重視したい月額料金、通信速度、キャンペーンについて、料金の相場や見比べるポイントを解説していきます。

月額料金の相場は?スマホとのセット割がお得!

戸建てタイプの光回線の月額料金は4,500〜6,000円ほど。
平均月5,000円前後かかりますが、スマホとのセット割を使えば通信費全体を抑えることができます。

セット割とは、スマホと光回線をまとめて契約することでスマホの月額料金が割引になるサービスを指します。
どんな組み合わせがセット割の対象となるのか、例を見てみましょう。

<おもなスマホキャリアと光回線の割引例>
スマホキャリア 光回線サービス セットでの割引(税込)
ドコモ ギガホ、ギガライトの場合
スマホの月額料金が550~1,100円割引
パケあえる、かけホーダイの場合
スマホの月額料金が110~3,850円割引
au など スマホの月額料金が550~1,100円割引
ソフトバンク スマホの月額料金が最大1,100円割引

例えばドコモの場合、ドコモ光とのセット割でスマホの月額料金が最大3,850円割引になります。
セット割は家族にも適用されるので、家族みんなが同じキャリアであればよりお得です。

料金で見比べるときは、月額料金よりもスマホとのセット割を重視するといいですよ。

どの光回線を選んでも通信速度は問題なし

通信速度はほとんどの光回線で最大1Gbps、NURO光は最大2Gbpsと非常に高速。
光回線サービスによっては5Gbps、10Gbpsのプランもあります(一部エリアのみ)。

ただし、この数値は「最高の条件が整った環境下でのみ出せる理想の速度」なので、常に1Gbpsで通信できるわけではありません。
実際の光回線の速度は、環境にもよりますが平均100〜300Mbps程度と言われています。

ここで自宅でインターネット検索、動画サイト、オンラインゲームなどを利用するときに必要になる通信速度の目安を見てみましょう。

<インターネットで必要な通信速度の目安>
用途 必要な通信速度
WEBサイトの閲覧 約10~30Mbps
動画再生 約10~30Mbps
オンラインゲーム 約100Mbps

戸建てでいろいろな端末を同時に使っていても、100Mbps以上の速度が出ていれば、家族で快適にインターネットを利用することができます。

高仕様のオンラインゲームを利用する場合など、さらに速度を重視したい人は、混雑した回線を避けて通信ができるIPv6に対応しているかなどにも注目しましょう。

キャッシュバックなど各種キャンペーンに注目

光回線は申し込み窓口ごとにキャッシュバックなどのキャンペーンを行っています。

内容や金額は窓口によってさまざま。各光回線サービスの公式キャンペーンのほかに、プロバイダや代理店独自のキャンペーンもあるので、どこで申し込むのかも重要になります。

<主要光回線キャンペーン比較表>
光回線サービス 工事費無料 おもなキャンペーン
フレッツ光 なし
  • 最大2年間月額割引
  • Wi-Fiルーターの無料レンタル
ドコモ光 あり
  • 最大20,000円キャッシュバック
  • dポイント最大2,000ポイントプレゼント
  • Wi-Fiルーターの無料レンタル
ソフトバンク光 あり
  • 最短2ヶ月で最大37,000円のキャッシュバック
  • 乗り換え新規で回線工事費に応じて最大26,400円キャッシュバック
NURO光 あり
  • 45,000円キャッシュバック
auひかり あり
  • 最大61,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルータープレゼント
  • 他社サービスからの乗り換えで最大30,000円キャッシュバック
  • auひかり電話の月額利用料が2ヶ月目から初回契約期間中(戸建て36ヶ月、マンション24ヶ月)無料
So-net光 あり
  • 3年間月額割引
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターが無料レンタル
@nifty光 あり
  • 30ヶ月間月額割引
  • 新規申込で15,000円、転用・事業者変更申込で5,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバックの申請が簡単で最短2ヵ月の現金振り込み
ビッグローブ光 あり
  • 35,000円のキャッシュバック
  • または、26,000円のキャッシュバック+工事費無料

※ 2021年9月時点のキャンペーン内容
※ プロバイダー・販売店のキャンペーン内容を含む

特にあるとうれしいのが、工事費実質無料と高額キャッシュバックのキャンペーン。

光回線の工事費は33,000円以上かかることもありますが、キャンペーンが適用されれば工事費相当額が毎月の支払いから割り引かれます
さらに高額キャッシュバックも付いていると、お得感も倍増。

ただしキャンペーンによっては、有料オプションへの加入、知人の紹介など、適用条件が付いていることもあります。

また、受け取り時期が1年後と長いことや、2回に分かれている場合も。
申し込みの際はキャンペーン適用の条件や受け取り時期をしっかり確認しましょう。

口コミで高評価!スマホキャリア別おすすめ光回線

ここからはスマホとのセット割が適用されるおすすめの光回線を紹介していきます。

各光回線サービスを実際に利用しているユーザーの口コミも併せて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

スマホキャリア別おすすめ光回線

  • auユーザーならauひかりまたは@nifty光がおすすめ
  • ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ
  • ソフトバンクユーザーならNURO光またはソフトバンク光がおすすめ

auユーザーならauひかりまたは@nifty光がおすすめ

スマホのキャリアがauという人にはauひかりがおすすめです。

auのセット割「auスマートバリュー」が適用され、スマホの利用料金が550〜1,100円(税込)永年割引されます。
50歳以上の家族なら契約者と同居していなくてもセット割が適用されるので、遠くに住む両親などもauであれば割引になります。

また、auひかりは通信速度の速さにも定評があります。
ユーザーの口コミを見てみましょう。

良い点

金曜日から土曜日の週末の夜の時間帯でもNetflixやYoutubeを視聴してもスムーズに視聴することができます。今まで動画が止まるといったことはありません。この回線の速度は、かなり速いです。そのため、快適に動画を視聴することができています。

42歳/男性

良い点

家族がリビングでAmazonプライムビデオを視聴中に別室でPS4のオンラインゲームやスマホでYouTube視聴など同時に複数のことをしていても動作が重くなったり止まったりすることもなく快適に使えるところがよかったです。

32歳/女性

注意しておきたいのが、auひかりは提供エリアが限定されており、東海・関西・沖縄では利用できないという点。
提供エリア外に住んでいる人は、「auスマートバリュー」が適用される@nifty光を検討してみてください。

auユーザーが@nifty光に申し込むと、auひかりと同じようスマホの利用料金の割引が受けられます

なお、auひかり、@nifty光ともに、auスマートバリューの適用には光電話への加入が条件となります。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

@nifty光

@nifty光

新規申込で15,000円キャッシュバック。
2年プランの申込で月額550円~660円割引を受けられるのがポイント。auユーザーならauスマートバリューの適用でスマホ代が毎月1,100円割引。

ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ

スマホのキャリアがドコモという人にはドコモ光がおすすめです。

ドコモ光セット割」でスマホ利用料金が「ドコモのギガプラン」なら最大1,100円(税込)、「カケホーダイ&パケあえる」なら最大3,850円(税込)永年割引されます(カケホーダイ&パケあえるは新規申し込み受け付け終了)。

また、「ドコモのギガプラン」の場合、ファミリー割引のグループ全員がセット割の対象になり、三親等以内で最大20回線まで登録可能。スマホを複数台持ちしている人や家族が多い人も安心です。

次にドコモ光ユーザーの口コミを見てみましょう。

良い点

回線のつながり状況は申し分なく快適です。一度も遅いなどのストレスは無しです。スマホでもユーチューブ動画をよく観ますがサクサク動きますし、容量の多い資料のダウンロードも問題なく動いてくれます。

45歳/女性

良い点

スマホもドコモを使っているので一緒に支払いができる点で楽なことと、dポイントが貯まるのでポイント分がお得かなと思いました。機器代と工事費も実質無料でしたし、回線も安定していると思うので問題はありません。

26歳/女性

通信速度はもちろん、料金にも満足している人がたくさんいました。特に申し込みや契約更新でdポイントがもらえるというのは魅力的。
2021年9月現在、「ドコモ光 1ギガ」を申し込むとdポイント2,000ポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。

「ドコモ光セット割」が適用されるのはドコモユーザーだけなので、スマホがドコモという人はドコモ光の検討をおすすめします。

ソフトバンクユーザーならNURO光またはソフトバンク光がおすすめ

スマホのキャリアがソフトバンクという人にはNURO光がおすすめです。

ソフトバンクのセット割「おうち割 光セット」はNURO光にも適用され、ソフトバンクのスマホ利用料金が最大1,100円永年割引されます。
同居の家族はもちろん、離れて暮らす家族も最大10回線まで割引可能です。

さらにNURO光は通信速度が最大2Gbpsと高速

月額料金も比較的安いので、ユーザーから高い評価を得ています。

良い点

同じ家でYouTubeやHulu、DAZNなどの動画を同時に3人視聴していてもまったく止まりません。オンラインゲームもサクサク動きます。ダウンロードも早いです。接続が途切れることもなく、常に安定して速度が早いので満足しています。

44歳/女性

良い点

元々ソフトバンクのWi-Fiを使っていて解約手数料を負担してくれると言うことでありがたかったです。また工事費用も実質無料でソフトバンクの割引も適用されていて、それでいて速度も速いので料金に不満はありません。

21歳/男性

NURO光では2021年9月現在、45,000円キャッシュバック、工事費実質無料などのお得なキャンペーンを行っています。
初期費用が抑えられるのもうれしいポイントですね。

ただし、NURO光は提供エリアが限定されており、住んでいる地域によっては利用できません。

東北、北陸、中国、四国などNURO光の提供エリア外に住んでいる人は、セット割が使えるソフトバンク光を検討しましょう。

なお、「おうち割 光セット」を適用するには、NURO光ならNURO光でんわへの加入、ソフトバンク光ならおうち割 光セットオプションへの加入契約がそれぞれ必要条件となります。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

戸建てで光回線を利用するには?開通までの手順を確認

ここからは戸建てで光回線を利用する方法や手順について解説していきます。

まず開通までのおおまかな流れを見てみましょう。

<光回線の利用開始までの手順>
Step1. 提供エリアを確認し、契約する光回線を選ぶ
Step2. 光回線サービスに申し込む
Step3. 必要に応じて工事を行う
Step4. インターネットの接続設定をして開通

特に新築戸建ての場合、開通工事が必須となるので、余裕を持って申し込むことが大切です。

光回線サービスの提供エリアであっても、周辺の環境によっては工事ができないこともあるので、導入可能かどうか事前に確認しておきましょう。

契約前に知っておきたい戸建ての光回線の仕組み、開通までにかかる時間、設置場所などについて、さらに詳しく解説していきます。

新築なら工事は必須!戸建ての光回線の仕組み

光回線は、電気のように電柱や地下に張り巡らされている「光ファイバーケーブル」を自宅内に引き込むことで利用できるようになります。

戸建ては集合住宅と違い個別で光ファイバーケーブルを引き込む必要があるため、基本的に工事が必須となります。

工事のイメージ図

光ファイバーケーブルは電話線やエアコンの通気口を通して自宅に引き込むことがほとんどですが、どちらも利用できない場合は壁に1cmほどの小さな穴を開けて引き込みます。
新築の場合は事前に施工会社に光回線導入の意思を伝えておくと、配線がスムーズになりますよ。

賃貸や中古の戸建ての場合は、室内にすでに光コンセントが設置してあれば、工事不要で利用できる可能性があります。
光コンセントとは、光回線専用のコンセントのことで、下図のような形をしています。

光コンセントのイメージ

そのまま利用できるかはどの光回線サービスに対応しているかにもよるので、不動産会社や管理会社、前のオーナーに確認しておくといいでしょう。

なぜ料金が割高?マンションタイプとの違い

戸建てタイプの光回線の月額料金や工事費用は、マンションタイプより割高なことがほとんどです。

同じ光回線でもなぜ費用が変わってくるのでしょうか。マンションタイプの仕組みを見てみましょう。

マンションの場合、光ファイバーケーブルをまず建物内の共有スペースに引き込み、そこから各戸に配線します。

マンションの光回線工事のイメージ図

建物への導入の手間がない分、工事費が割安になり、一本の光ファイバーケーブルを共有するため月額料金も安く設定できます。
ただし、利用できる光回線サービスが限定される、配線の方式によっては通信速度が遅くなってしまうなどのデメリットもあります。

一方、戸建ては光ファイバーケーブルを個別に導入するため、手間はかかりますが回線を独占することができます。
工事費や月額料金が少し高くなる分、通信速度が安定し快適に利用することができます。

契約は早めに!開通までに2〜3ヶ月かかる場合も

戸建てに新しく光回線を導入する場合、開通までに早くても1ヶ月程度は要します。

特に春の引越しシーズンなど混み合う時期は、3ヶ月以上かかる場合も。光回線の導入を決めたら、引越し前でもすぐに申し込みをしましょう。

また、新築の場合は住所が正式に決まらないと工事日が決められません
住所を確定させるための新築届は通常ハウスメーカーや工務店が提出するので、早めの対応をお願いするか、自分で提出するという手もあります。

住所が確定したらあとは光回線サービスに連絡して住所登録を行い、工事日の調整へと進みます。
住所が決まっていなくても仮の住所で申し込みはできるので、先に申し込みだけでも済ませておくと住所確定後の流れがスムーズになりますよ。

事前に光コンセントの設置場所を決めておくとスムーズ

新築戸建ての場合は、施工会社と相談して事前に光コンセントの設置場所を決めておくと実際に利用するときに便利です。

光電話を使うのであれば電話機の近く、見えないところがいいのであればクローゼットの中など、希望によって適した場所は変わってくるので、設計の段階で伝えておきましょう。
インターネットをおもに2階で利用する場合は光コンセントを2階に設置することも可能です。

事前に希望を伝えておくと光回線用の配管を用意しておいてくれるので、壁に穴を開ける必要はなく、配線がごちゃごちゃになることもありませんよ。

家中で使えるようにするには無線LANルーターが必要

戸建ての場合は家のさまざまな場所で家族同時に接続することが多いので、無線LANルーターが必須と言えます。

無線LANルーターとは

パソコンやスマホなどを無線でインターネットに接続する通信機器のことで、簡単にいうとWi-Fiを飛ばす機器です。
「Wi-Fiルーター」と「無線ルーター」とも呼ばれています。

無線LANルーターの位置は、できるだけ家の中心で床から離れた場所のほうが電波が飛びやすくなります。

また、無線LANルーターは電源に繋ぐ必要があるので、コンセントから離れた位置には置けません。
設計の際、できれば無線LANルーターの設置場所まで決めておくと、快適に利用できるのでおすすめです。

まとめ

戸建てのインターネットに最適といえる光回線。

家族それぞれが同時に動画やオンラインゲームをしていても、通信速度が安定している光回線ならストレスなく快適に利用できます。

スマホとのセット割が適用される光回線を選べば、家族全体の通信費もグッと抑えられますよ。
戸建ての場合は工事が必要になることが多いので、自分にぴったりの光回線を選んだら早めに申し込みましょう。

  • 戸建てでインターネットを利用するなら光回線が最もおすすめ
  • 戸建てで光回線を選ぶときはスマホとのセット割やキャンペーンの内容で見比べる
  • 新築戸建て光回線を利用するためには工事が必須。中古や賃貸なら不要な場合も
  • 開通までに時間がかかるので契約は早めに。ルーターの位置なども決めておこう

Popular Posts

Clients

クライアント一覧