enひかりは実際どう?契約前に知っておくべきメリット・デメリット!

enひかりって実際どうなの?契約前に知っておくべきデメリットはない?

手ごろな価格の光回線として知られてきているenひかり
申込を検討しているけれど、実際の評判など気になるポイントはたくさんありますよね。

「料金は本当に安いの?」
「契約期間の縛りがないって本当?」

など契約を考えている人が気になる情報を集めました。

その結果分かったのは、enひかりは安心して利用できる光コラボであること。
全国で使えますし、速度も十分なので、これまでenひかりを知らなかった人も導入を検討する価値のある光回線サービスです。

特に「インターネットは安さを重視して選びたい」と考えている人にぴったり。
メリットやデメリットをもとに解説していくので、契約前の参考にしてみてくださいね。

【結論】enひかりは安さ重視・契約期間が気になる人にぴったりの光回線

出典:enひかり

enひかりは株式会社縁人が提供する光コラボレーション(以下光コラボ)です。

光コラボレーションとは

さまざまな事業者がNTTの光回線(フレッツ光)を借りて、自社独自のサービスと組み合わせて光回線サービスを提供するモデルのことです。フレッツ光と比べて月額料金が安くなるケースが多く、お得なスマホ割や各事業者のポイント還元を用意している事業者もあります。

NTTのフレッツ光を利用するサービスのため、全国で安定した回線を使えます。
光コラボは「光回線+プロバイダ」をセットで契約するため、手続きがシンプルなのも魅力です。

光コラボの月額利用料金はマンションタイプで概ね4,000円前後。それに対しenひかりは3,520円(マンションタイプ)と「月額料金が業界最安値水準」で、インターネットを安く使いたい人に向いています。

契約期間の縛りがある一般的な光回線と異なり「期間の縛りがない」点は次の引っ越しまで使いたいといった人にもおすすめです。
また「格安Wi-Fiサービス」を利用できるため、旅行や出張の機会が多い人も向いています。

enひかりがおすすめの人

  • できるだけ安いインターネットを探している人
  • 契約期間を気にしないで光回線を利用したい人
  • 旅行や出張が多くWi-Fiをレンタルしたい人

enひかりの評判は?フレッツ光だから安心

インターネットサービス全体で見ても、enひかりはまだ知名度が高くなく、あまり知らないという人も多いでしょう。
そのため「安心して使えるサービスか」「聞き慣れないサービスだから回線が不安定なのでは?」と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

enひかりは、NTTのフレッツ光を使用しているため回線の速度や品質はフレッツ光と同様で安心して利用できます

当社調べの総合満足度を比較しても、同じ光コラボのドコモ光SoftBank光より高くなっており、実際に使用すると十分満足できるサービスであることが分かります

サービス名 enひかり ドコモ光 SoftBank光
総合満足度 3.54 3.47 3.30

フレッツ光を利用中なら工事不要!

現在フレッツ光や光コラボを利用中の場合、enひかりへの乗り換えは同じフレッツ光回線を利用するため、工事が不要です。
また、ひかり電話も電話番号が変わることはなく、(条件あり)オプションも一部を除きそのまま使えます。

料金や契約期間が好評!enひかりのメリット

enひかりの最も大きなメリットは「料金の安さ」。
他の光コラボと比較しても、月額料金が安いことがわかります。

さらに「契約期間の縛り」のも大きな特徴です。
一般的には契約期間を設けていることが多く、契約期間の縛りがないプランは月額料金が高額になります。
それに対しenひかりは契約期間の縛りないプランにも関わらず、低価格で利用できます

また、便利な「Wi-Fiレンタルサービス」など、enひかりならではのメリットを紹介していきます

メリット① 月額料金が業界最安値水準

出典:enひかり

月額料金が安いのはenひかりの大きなメリットです。
これまでも「最安値水準」をうたってきたenひかりですが、2021年7月1日からさらに値下げを実施
マンションタイプ3,520円(税込)、ファミリータイプ4,620円(税込)で利用可能です。

同じ光コラボであるドコモ光やSoftBank光と比較するとその差は明らか。
金額の差が大きいファミリータイプでは1,100円も差があり、年間13,200円の差額になります。

<主な光コラボとの料金比較(税込)>
契約タイプ enひかり ドコモ光 SoftBank光
マンションタイプ 3,520円 4,400円 4,180円
ファミリータイプ 4,620円 5,720円 5,720円

※ ドコモ光・SoftBank光は2年定期契約あり
※ 2021年9月時点の内容

UQモバイル・ahamoユーザーは料金割引の対象

通常の月額料金も平均的な光コラボより安いenひかりですが、「UQモバイル」「ahamo」の利用者だとさらにお得になります。
UQモバイル,ahamoのユーザーは「勝手に割り」の対象となり、毎月110円(税込)割引される仕組みです。

<「勝手割に割り」適用前後の料金比較>
契約タイプ 通常料金(税込) 勝手に割り適用料金
マンションタイプ 3,520円 3,410円
ファミリータイプ 4,620円 4,510円

※ 2021年9月時点

「勝手に割り」は自動的に適用されるわけではないので注意が必要です
「UQモバイル」や「ahamo」の対象サービスを契約していることに加え、別途enひかりへの申請が必要です。

勝手に割り対象者

  • 契約者本人か同居の家族がUQモバイルかahamoの対象サービスを契約している人
  • enひかりカスタマーセンターへ「勝手に割り」を申請
  • 対象サービスの契約を確認できる資料の提示を求められたとき都度提示
  • 対象サービスの契約がなくなったときの1ヶ月以内の申し出

他の光回線サービスの「スマホセット割」のサービスとは異なり、「UQモバイル」や「ahamo」の料金が割引になるわけではなく、enひかりの月額料金が割引になります。

メリット② 契約期間の縛りがなく違約金なしで解約できる

出典:enひかり

インターネットの契約では「期間の縛りがある」ものが主流となっています。
解約できるタイミングが決まっており、契約期間内での解約だと違約金が発生してしまいます。
例えばドコモ光では2年、SoftBank光では2年または5年と、契約期間に縛りがあるプランが一般的です。

一方enひかりでは契約期間の縛りが一切ありません。そのためいつ解約しても違約金は不要。
契約期間を気にする人も気軽に利用できます。

<主な光コラボの契約期間比較>
光回線名 enひかり ドコモ光 SoftBank光
契約期間 縛りなし 2年 2年・5年

ドコモ光やSoftBank光でも契約期間の縛りがないプランはありますが、縛りのあるプランと比較して料金が高く設定されているので、選びやすいとはいえないでしょう。

<期間の定めがないプランの料金比較(税込)>
光回線名 enひかり ドコモ光 SoftBank光
マンションタイプ 3,520円 5,500円 5,390円
ファミリータイプ 4,620円 7,370円 6,930円

※ 2021年9月時点

マンションタイプ・ファミリータイプともに最も安いのはenひかりで、ファミリータイプではドコモ光と2,750円も差があることがわかります。

契約期間を気にせず自由に使えるインターネットを考えている人には、enひかりがおすすめです。

引っ越しが多い・短期間だけ使いたい人にもおすすめ

契約期間の縛りがないenひかりは、解約のタイミングに左右されることがありません。

契約期間内で引っ越しや解約などが発生すると、違約金が数万円と高額なケースもあり、一括返で済しないと行けないためため大きな負担になってしまいます。
期間の定めがなく違約金が発生しないenひかりなら、引っ越し時の負担を軽減できます。

メリット③ Wi-Fiレンタルが安い

出典:enひかり

格安料金で利用できる「Wi-Fiレンタル」も魅力です。
利用に際し初期費用や違約金は一切不要
1泊2日390円(税込)からのレンタル料金と、往復送料870円(税込)の合計1,260円(税込)のみで利用可能です。

加えて1泊2日以上レンタルをすると、プラス3泊4日分を無料でレンタルできます
そのため1泊2日分の料金で5泊6日も使うことができます。そこで5泊6日の料金で他社のWi-Fiレンタルサービスと料金を比較してみました。

<Wi-Fiレンタル料金比較>
サービス名 enひかり Wi-Fiレンタルどっとこむ NETAGE
5泊6日の利用料金
(税込)
1,260円~ 1,720円~ 1,705円~

※ 料金送料込み
※ 2021年9月時点

この表からもenひかりの提供するWi-Fiレンタルが格安であることが分かります。旅行や出張のときにも気軽に使いやすい価格ですね。

これほど安くサービスを提供できるのは、enひかりの運営会社である株式会社縁人がWi-Fiレンタルサービスも展開しているから。

また16:00までに注文すれば最短翌日にはモバイルWi-Fiルーターが届きます。急な予定にも素早く対応でき便利です。

enひかりのWi-Fiレンタル

  • 1,260円(税込)から利用できる(1泊2日利用料金+送料)
  • 1泊2日以上レンタルでプラス3泊4日(1泊2日なら5泊6日利用可能)
  • 16:00までの注文で最短翌日お届け

※ 2021年9月時点

enひかりと同じ光コラボのドコモ光やSoftBank光でもWi-Fiレンタルを行っています。
しかしこちらは開通工事前の期間に貸し出すものです。
enひかりのレンタルサービスでは、「旅行先」や「出張先」など必要なときにいつでも使えるのがうれしいですね。

Wi-Fiレンタルの利用シーンは他にもさまざまです。「入院」中にもWi-Fiがあれば、スマートフォンやタブレットを使えます。スマートフォンを使い過ぎ「速度制限」がかかったときにも心強いサービスです。

大手キャリアのスマホセット割が使えない?enひかりのデメリット

総合満足度が高いenひかりは、平均より安い料金契約期間がないこと格安のWi-Fiレンタルという3つのメリットが魅力のサービスですが、デメリットもあります。

<enひかりのデメリット>

  • ユーザー数が多いフレッツ光を利用しているため回線が混雑する傾向がある
  • キャッシュバックがない
  • スマホセット割がない

デメリットとはいっても、ただ悪いだけではありません。次から詳しく説明していきます。

デメリット① フレッツ光回線を使っているため混雑しやすい傾向がある

PCを利用しているイラスト

enひかりの最高速度は1Gbps(1Gbps=1024Mbps※)で、同じ光コラボのドコモ光やSoftBank光の最高速度と同じです

ただし最高速度は技術上の最大値です。この最大値が一般的な利用環境で出るとは限りません。家庭で利用するときの速度により近いのは「平均速度」です。

※ Mbpsとは1秒間に運べるデータ量を表したインターネットの速さを表す単位

一般的に用途によって以下の通信速度が必要といわれています。

<インターネットで必要な通信速度の目安>
用途 必要な通信速度
WEBサイトの閲覧 約10~30Mbps
動画再生 約10〜30Mbps
オンラインゲーム 約100Mbps

enひかりの平均速度(下り)は327.81Mbps(※1)。上記の用途の必要速度を上回っていることから、ゲームや動画もストレスなく楽しめるでしょう。

※1 平均速度は2021年7月27日時点の「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載しています

v6プラスへ加入でサクサク快適

ただし、enひかりが利用しているフレッツ光回線は、多くの人が使っている分、時間帯によっては回線が混雑し、通信速度が不安定になってしまうこともあるようです。

ただし、IPv6に対応した「v6プラン」の加入すると混雑の改善が期待できます。

IPv6(IPoE方式)とは

IPv6(IPoE方式)とは、より高速で安定したインターネット接続方式のことです。

これまでは「IPv4(PPPoE方式)」接続が主流でしたが、利用者が増えると回線が混雑し、速度が低下することがありました。 一方で「IPv6(IPoE方式)」接続は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても通信速度が安定しているといわれています。

enひかりは月額198(税込)でv6プランに加入することができ、最低利用期間や違約金がないので加入することをおすすめします。

デメリット② キャッシュバックがない

enひかりでは、他社の特典にあるキャッシュバックを設けていません。
多くの光回線は契約期間の定めがあり、契約期間内に解約すると違約金が発生する可能性があります。そのため乗り換えに有効なキャッシュバックなどキャンペーンを実施している光回線サービスも多くあります。

キャッシュバックの例

  • ドコモ光:他社で利用中のインターネットの解約違約金補助20,000円
  • SoftBank光:他社から乗り換えで条件を満たすと普通為替最大24,000円分

2021年9月時点ではenひかりのキャッシュバックキャンペーンは実施していないため、他の光回線から乗り換え時には、契約期間や違約金について確認しなければいけません。

デメリット③ 大手キャリアとのスマホセット割がない

enひかりは、光回線の契約でスマホ料金が割引される「スマホセット割」がありませんが、「UQモバイル」や「ahamo」との組み合わせで、enひかりの月額料金が割引される「勝手に割り」はあります
しかし一般的なスマホセット割のように、スマートフォンの料金が割引されるわけではなく、enひかりの月額料金がやすくなります。

スマホのセット割とは?

スマホの月額料金が割引になる、光回線サービスのプランのこと。

スマホセット割は利用できませんが、enひかりは月額料金が低価格で設定されているため、割引がなくても安く利用できる可能性があります。
また、スマホのセット割の適用にはオプションの加入が必要な場合もあるので、適用条件を確認の上、検討してみることをおすすめします。

申し込み~工事完了までの流れをチェック

enひかりを利用するときの申し込み方法は、「フレッツ光」もしくは「光コラボ」を利用しているかどうかで異なります。

フレッツ光や光コラボを利用していない場合

今現在使っているインターネットの回線が「auひかり」「NURO光」などの個別回線の人や、インターネットの固定回線を契約していない人は、新規契約になります。

お申し込みの流れ

  1. お申込みフォームへ必要事項を記入し送信
  2. 3営業日以内にカスタマーセンターから申込確認と工事日調整の連絡
  3. 電話にて申し込みの最終確認と工事日などの決定
  4. 電話から3営業日以内に本人確認書類の提出
  5. 光回線の開通手続き

フレッツ光や光コラボを利用している場合

現在フレッツ光や光コラボを契約している場合、NTT東日本・NTT西日本のWebサイトまたは電話での手続きが必要です。

「フレッツ光」をご利用中の人は「転用承諾番号」を、「光コラボ」をご利用中の人は「事業者変更承諾番号」の取得が必要です。

転用承諾番号の取得先
分類 NTT東日本 NTT西日本
受付センター※
フレッツ受付センタ
0120-140-202
光番号受付センタ
0120-553-104
Webサイト https://flets.com/app4/input/ https://flets-w.com/collabo/

受付時間:9:00~17:00

必要な番号を取得したら「お申込みフォーム」へ入力しましょう。
フレッツ光を契約中なら「転用申込」、光コラボ契約中なら「事業者変更申込」へチェックを入れます

その後お申し込み確認や電話での最終確認などを行い、転用日または事業者変更日を決定し完了です。
転用や事業者変更の場合、既にフレッツ光の回線が開通しているため、開通工事は必要ありません。

初期費用は事務手数料+工事費で決まる

enひかりを使い始めるときには「初期費用」がかかります。
この初期費用は「事務手数料」と「工事費」の組み合わせで決まります。

申込みの際には以下の表を参考してみてください。

<事務手数料(税込)>
新規 3,300円
転用 2,200円
工事費のパターン
工事パターン 工事費用(税込)
無派遣工事
(宅内の配線設備を再利用)
2,200円
訪問工事あり、屋内配線新設なし
(工事担当者が伺い宅内の配線設備を再利用)
8,360円
訪問工事あり、屋内配線新設あり
(工事担当者が伺い新たに配線)
16,500円

まとめ

enひかりは業界最安値水準の月額料金や契約期間の縛りがない点など、魅力が多いサービスです。
特に「月額を抑えたい人」「契約期間を気にしないで光回線を使いたい人」「旅行や出張の多い人」におすすめです。

  • 月額料金は最安値水準!安さ重視の人におすすめ
  • 契約期間の縛りがなく違約金も0円!期間を気にしないで契約できる
  • モバイルWi-Fiレンタルサービスが格安!旅行や出張のときに便利

Popular Posts

Clients

クライアント一覧