ドコモ光で一番安いタイプはどれ?お得なプランを解説

ドコモ光で一番安いタイプはどれ?お得なプランを解説

ドコモユーザーはスマホのセット割でお得に利用できるドコモ光。

ドコモ光の料金プランは5つのタイプを用意し、それぞれユーザーにとって利用しやすいよう工夫されています。ただ、一番安く利用するにはどのタイプがよいのか知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回はドコモ光ののタイプの特徴やメリットデメリットを解説していくので、新たにドコモ光を契約しようと考えている人は参考にしてください。

後半には、おすすめの窓口も紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

ドコモ光は料金が異なる5つのタイプから選べる

ドコモ光はドコモが運営する光回線サービスです。

<ドコモ光の概要>
対象エリア 全国
月額料金
(税込)
マンション 4,400〜4,620円※1
戸建て 5,720〜5,940円※2
初期費用
(税込)
開通工事費 無料
契約料 3,300円
最大速度 1Gpbs
契約期間 2年
違約金
(税込)
マンション 8,800円
戸建て 14,300円

※1 2年定期契約の場合
※2 2年定期契約、1ギガ定額制プランの場合

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用した光コラボレーションモデルの光回線で、全国の広いエリアで利用可能です。

光コラボレーションとは

さまざまな事業者がNTTが提供する光回線(フレッツ光)を借りて、自社独自のサービスと組み合わせて光回線サービスを提供するモデルのことです。

ドコモ光の料金プランは5つに分かれていて、プロバイダと料金設定が異なります。

<ドコモ光の料金タイプ>
料金プラン 特徴
タイプA プロバイダ料が月額料金に含まれているプラン
タイプB
タイプC ケーブルテレビの設備を使うプラン
単独タイプ 月額料金のほかにプロバイダ料が発生するプラン
ミニ ネットの使用料に応じて料金が2段階で変化するプラン

ここからは、それぞれのプランの違いや月額料金などを詳しく解説していきます。

どのプランでもドコモユーザーならセット割が使える!

プランの説明の前に、ドコモのスマホを使っていればお得になる「ドコモ光セット割」について紹介します。

「ドコモ光セット割」とは、ドコモのスマホとドコモ光をセットで利用すれば、毎月のスマホ月額料金が1,100円※割引になるサービスです。

※「カケホーダイ&パケあえる」の場合は110〜3,850円割引

家族全員分のスマホが対象になるので、家族内にドコモユーザーが多いほどお得になります。例えば、4人家族で全員がドコモのスマホを利用している場合、毎月最大4,400円引きになり、1年間だと最大52,800円も通信費を節約することができます。

「ドコモ光セット割」はドコモ光以外では適用されないので、ドコモユーザーであればドコモ光を利用するのが一番お得といえるでしょう。

ドコモ光の月額料金を比較!お得に利用できるのはタイプA

ここからは、それぞれのプランの月額料金を比較していきます。

プラン 月額料金(税込)
マンション 戸建て
2年定期契約 契約期間なし 2年定期契約 契約期間なし
1ギガ タイプA 4,400円 5,500円 5,720円 7,370円
1ギガ タイプB 4,620円 5,720円 5,940円 7,590円
1ギガ タイプC 4,400円 5,500円 5,720円 7,370円
1ギガ 単独タイプ 4,180円
+プロバイダ料
5,280円
+プロバイダ料
5,500円
+プロバイダ料
7,150円
+プロバイダ料
ドコモ光 ミニ 2,970〜
7,920円
4,620〜
7,920円

結論からお伝えすると、マンション、戸建てともに「1ギガ タイプA」を2年の定期契約で利用した場合が一番月額料金が安くなります。

また、ドコモ光の契約には2年間の定期契約と契約期間のない契約の2種類があります。
2年定期契約では、月額料金がマンションで1,100円、戸建てで1,650円安くなります

契約期間が設定されている場合は、更新月以外で解約すると違約金がかかります。ただし、引越しをする場合でも、ドコモ光の提供エリア内であれば解約せずに移転手続きが可能です。

次からはそれぞれのプランの詳細を解説していきます。

「タイプA・B」はプロバイダ料金を含んだプラン

タイプAとタイプBはプロバイダ料金が月額料金に含まれているプランです。

そもそも、プロバイダとはどのような役割なのでしょうか。

プロバイダは光回線とインターネットを繋ぐ役割をしていて、プロバイダなしではインターネットに接続することはできません。つまり、光回線を利用する場合は、光回線を提供する「回線事業者」と、その光回線をインターネットへ接続する「プロバイダ」が不可欠なのです。

通常光回線を利用するには、ドコモ光のような回線事業者とプロバイダのそれぞれに毎月料金を支払う必要があります。しかしタイプA・Bでは、月額料金にプロバイダ料金を含んでいるので、別々で支払うより割安になっています。

プロバイダはタイプAなら18社、タイプBなら6社の中から選ぶことができます。
計24社の提携プロバイダ以外でドコモ光を利用することはできないので注意してください。

<ドコモ光タイプA・B提携プロバイダ>
プラン 1ギガ タイプA 1ギガ タイプB
プロバイダ
  • GMOとくとくBB
  • @nifty光
  • plala
  • BIGLOBE
  • ドコモ net
  • andline
  • SIS
  • ic-net
  • hi-ho
  • BB.exciteコネクト
  • Tigers-net.com
  • エディオンネット
  • シナプス
  • DTI
  • 楽天ブロードバンド
  • TikiTiki
  • 光コアラ
  • @ネスク
  • OCN
  • @TCOM
  • TNC
  • WAKWAK
  • AsahiNet
  • @ちゃんぷるネット

タイプA・Bのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

<タイプA・Bのメリット・デメリット>
メリット デメリット
  • プロバイダ料金が含まれているため、月額料金が安い
  • 契約手続きを簡略化できる
利用できるプロバイダが限定されている

タイプA・Bは利用できるプロバイダが限定されているものの、ドコモ光を安く利用できるプランです。
特にタイプAはドコモ光のプランの中で最安値となっているので、タイプAのプロバイダの中から選んで契約するのがおすすめです。

ケーブルテレビの設備を使う「タイプC」

タイプCはケーブルテレビの設備を使ってインターネットに接続するプランです。

ケーブルテレビの設備があれば工事不要でドコモ光が利用できるので、ケーブルテレビを契約中のドコモユーザーにおすすめです。料金も「1ギガ タイプA」と同じ料金で利用できたりと、安く設定されています。

ドコモ光タイプCの対象となる提携ケーブルテレビは以下のとおりです。

<タイプC提携ケーブルテレビ>
提携ケーブルテレビ 提供エリア 速度
シー・ティー・ワイ 三重県四日市市、いなべ市、桑名市(長島町のみ)、菰野町、木曽岬町 最大1Gbps
ケーブルネット鈴鹿 三重県鈴鹿市
近鉄ケーブルネットワーク 奈良県奈良市(旧月ヶ瀬村、旧都祁村は除く)、 生駒市、天理市、生駒郡、香芝市、大和郡山市、大和高田市、葛城市、桜井市、北葛城郡、橿原市、磯城郡、高市郡、御所市、五條市(旧西吉野村、旧大塔村は除く)、大阪府四條畷市(一部のみ)
エヌ・シィ・ティ 新潟県長岡市、三条市、見附市、小千谷市
ニューメディア 北海道函館市、七飯町、北斗市、山形県米沢市、南陽市、 高畠町、川西町、福島県福島市、新潟県新潟市
テレビ小松 石川県小松市、能美市
香川テレビ放送網 香川県坂出市、綾歌郡宇多津町、善通寺市
秋田ケーブルテレビ 秋田県秋田市、潟上市
伊賀上野ケーブルテレビ 三重県伊賀市(旧・名賀郡青山町を除く)
上越ケーブルビジョン 新潟県上越市、妙高市
射水ケーブルネットワーク 富山県射水市、高岡市の一部(牧野地区)
アドバンスコープ 三重県名張市、伊賀市の一部(旧・多賀郡青山町)
テレビ岸和田 大阪府岸和田市、泉北郡忠岡町
ケーブルテレビ富山 富山県富山市(旧・婦負郡婦中町、山田村を除く)、中新川郡舟橋村
ケーブルメディアワイワイ 宮城県延岡市、日向市、門川町、川南町、都農町
ベイ・コミュニケーションズ 大阪府大阪市福島区、西淀川区、港区、大正区、此花区、西区、此花区、西区、浪速区、住之江区、西成区、北区、中央区の一部、 兵庫県尼崎市、西宮市、伊丹市
キャッチネットワーク 愛知県刈谷市、安城市、高浜市、知立市、碧南市、西尾市
TOKAIケーブルネットワーク 静岡県富士市、冨士宮市、沼津市、静岡市(旧蒲原町、由比町) 三島市、裾野市、御殿場市、清水町、長泉町、伊豆の国市、 函南町、焼津市、藤枝市、伊豆市一部、小山町一部、島田市
KCN京都 京都府相楽郡精華町、相楽郡笠置町、相楽郡南山城村、木津川市(山城町除く)、京田辺市、 城陽市、宇治市、久世郡久御山町の一部
上野ケーブルビジョン 長野県上田市(丸子地域・武石地域除く)、東御市、坂城町、青木村の一部
鹿沼ケーブルテレビ 栃木県鹿沼市
エコーシティ・駒ヶ岳 長野県駒ヶ根市、飯島町、宮田村、中川村
中部ケーブルネットワーク 三重県川越町、朝日町、桑名市多度町
愛知県春日井市、小牧市、犬山市、扶桑町、大口町、名古屋市緑区、豊明市、日進市、東郷町、豊川市 岐阜県各務原市、美濃加茂市、川辺町、八百津町、養老町、本巣市
ひまわりネットワーク 愛知県徒歩田市、みよし市、長久手市、蒲郡市、幸田町 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市
シーシーエヌ 岐阜県岐阜市、関市、美濃市、羽島市、各務原市川島、瑞穂市、岐南町、笠松町、北方町
長崎ケーブルメディア 長崎県長崎市、西海市、西彼杵郡時津町、西彼杵郡長与町
出雲ケーブルビジョン 島根県出雲市(旧平田市を除く)
知多メディアスネットワーク 愛知県東海市、大府市、知多市、東浦町、名古屋市・阿久比町の一部
Goolight 長野県須坂市、上高井郡小布施町、上高井郡高山村
多摩ケーブルネットワーク 東京都青梅市、羽村市、福生市、西多摩郡瑞穂町の一部 下り最大2.5Gbos
上り最大1.25Gbps

タイプCではケーブルテレビの設備をそのまま利用できますが、上記ケーブルテレビを契約していないと利用できないので注意してください。

<タイプCのメリット・デメリット>
メリット デメリット
  • 契約中のケーブルテレビの設備を使うので、サービスをそのまま利用できる
  • 月額利用料がタイプAと同額で安い
  • 対象のケーブルテレビを契約している必要がある
  • 電話やテレビも利用すると、ドコモ光で利用するより高くなることもある

また、ケーブルテレビによっては電話や映像サービスもまとめてドコモ光にした方が安くなる場合もあります。ドコモ光ならドコモ光電話が月額550円、ひかりTV for docomoが月額2,750円と割安なので、今利用しているケーブルテレビの料金と比べてみることをおすすめします。

プロバイダを自由に選択できる「単独タイプ」

単独タイプはプロバイダを自由に選択できるプランです。

タイプA・Bでは利用できるプロバイダが限定されていましたが、単独タイプでは自分の好きなプロバイダでドコモ光を利用できます。今利用しているプロバイダをそのまま使いたいという場合は単独タイプを選ぶとよいでしょう。

ドコモ光自体の料金はタイプAより安く設定されていますが、回線の利用料に加えてプロバイダの利用料が発生するので、プロバイダによっては月々の料金は割高になることもあります。代表的なプロバイダの料金を紹介するので、参考にしてみてください。

例えば大手プロバイダのYahoo!BBの場合、プロバイダ利用料はマンションで1,045円、戸建てで1,320円となります。回線の月額料金と合わせると、マンションは5,225円、戸建ては6,820円となり、タイプA・Bよりもかなり高くなってしまいます。

特にプロバイダにこだわりがなければ、月額料金の安いタイプA・Bを検討した方がよいでしょう。

<単独タイプのメリット・デメリット>
メリット デメリット
  • 好きなプロバイダを利用できる
  • ほかのプランより割高になる場合がある
  • 回線事業者とプロバイダの両方と契約する必要があり,手間がかかる

単独タイプは好きなプロバイダが利用できるということが特徴なので、プロバイダにこだわりのある人や、今利用しているプロバイダをそのまま使いたい人にはおすすめできます。

2段階定額サービス「ドコモ光 ミニ」

ドコモ光 ミニは毎月の通信量によって料金が2段階で変化する戸建て専用プランです。

200MBまでは基本使用料の2,970円のみ、どんなに使っても上限は6,270円です。
200MBから1,200MBまでは10MBあたり33円追加するシステムで、使った分だけ料金が増えていきます。

<ドコモ光 ミニのメリット・デメリット>
メリット デメリット
あまり使わなかった月は料金が安く済む 通信量が多いと定額タイプより割高になる

ミニプランは使わなかった月が安くなるので、毎月インターネットの使用量が一定でないという人にはおすすめのプランです。

ただし、データ通信量を上限まで使うとほかのプランより高くなってしまうので、通信量が1,200MB(1.2GB)以上使うという場合は、定額制のプランの方が安く利用できるでしょう。

定期契約の場合は契約期間内に解約すると解約金が発生する

それぞれのプランには2年定期契約と契約期間のない契約があります。先ほどもお伝えしましたが、2年定期契約で更新月以外で解約すると解約金が発生するので注意してください。

<ドコモ光の解約金>
建物タイプ 解約金(税込)
マンション 8,800円
戸建て 14,300円

解約金なしで解約するには、更新月で解約する必要があります。更新月は契約満了月の当月、翌月、翌々月の3ヵ月に設定されていて、申告がない場合は自動更新されてしまいます。

解約をする場合はできるだけ更新月に解約することが費用を抑えるコツでもあるので、次の更新月を覚えておくとよいでしょう。

速度に違いはなく最大通信速度は1Gbps。戸建ての場合は10ギガも

続いて速度についてですが、ドコモ光は最大通信速度1Gbpsの1ギガプランがメインとなっています。
2段階定額制のドコモ光 ミニのみ、最大通信速度は100Mbpsとなっています。

ただし、最大通信速度1Gbpsというのはベストエフォート型のため、実際にこのスピードが出るというわけではありません。実際には、ユーザーの実測値から算出した平均速度を参考にするとよいでしょう。

ベストエフォート型とは?

ベストエフォートとは「最大限の努力」という意味で、回線事業者が最大限努力した時に出る速度のことです。理論上での速度なので、最大速度が1Gbpsと提示されている光回線であっても、実際に1Gbpsの速度が出るというわけではありません。目安として捉えるようにしましょう。

そもそも、どのくらいの通信速度があれば快適にインターネット通信ができるのでしょうか。それぞれの通信に必要な速度は下記が目安となっています。

<インターネットで必要な通信速度の目安>
用途 必要な通信速度
WEBサイトの閲覧 約10〜30Mbps
動画再生 約10〜30Mbps
オンラインゲーム 約100Mbps

今回ドコモ光の平均速度を調べたところ、252.98Mbps※の速度が出ていることが分かりました。
一番速度が必要なオンラインゲームでも100Mbpsが目安とされているので、ネットショッピングやYouTubeやNetflixでの動画再生など、日常的に使う分にはスムーズな通信が期待できるでしょう。

※ 平均速度は2021年8月25日時点、「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載しています。

また、ドコモ光は戸建て限定で10ギガ高速通信プランを用意しています。

<ドコモ光10ギガプランの詳細>
プラン 月額料金(税込) プロバイダ
2年定期契約 契約期間なし
10ギガ タイプA 6,930円 8,580円 GMOとくとくBB、ドコモ net、plala、andline、ic-net、hi-ho
10ギガ タイプB 7,150円 8,800円 BB.exciteコネクト、エディオンネット、AsahiNet
10ギガ 単独タイプ 6,490円 8,140円 プロバイダ指定なし

料金は1ギガプランより月額料金が高くなりますが、オンラインゲームなど通信量の多い作業を日常的に行うという人や、同時に複数台で通信する環境である場合は検討してみるとよいかもしれません。

ただ普段のインターネット利用であれば、1ギガプランで十分な速度が出ることが期待できるので、特別な理由がない限りは1ギガプランで問題ないでしょう。

また、10ギガプランは現在のところ、提供範囲が一部の大都市エリアに限られています。順次エリアの拡大を進めていますが、10ギガプランを検討する際は、まず住んでいる場所が提供エリア内かどうかを確認しましょう。

プロバイダはタイプAのGMOとくとくBBがおすすめ!工事費無料特典あり

各プランについて解説してきましたが、結論ドコモ光はタイプAが一番安く利用できるプランです。
タイプAを利用する場合、プロバイダは特典が充実しているGMOとくとくBBがおすすめです。

2021年9月現在、GMOとくとくBBを選ぶと、下記の特典が受けられます。

GMOとくとくBBの申し込み特典

  • 新規工事費用が無料
  • 20,000円キャッシュバック
  • 2,000dポイントプレゼント
  • 高性能Wi-Fiルーター無料レンタル
  • インターネットセキュリティソフトが1年間無料

マンションで16,500円、戸建てで19,800円かかる工事費が無料になるだけでなく、現金のキャッシュバックやWi-Fiルーターの無料レンタルなど、プロバイダをGMOとくとくBBにするとさまざまなメリットがあります。

通信速度も全国平均で下り345.44Mbpsと高い水準で、速度、料金、特典がそろったプロバイダといえるでしょう。10ギガで利用する場合でも、GMOとくとくBBはタイプAのプロバイダとして設定されているので、ぜひ検討してみてください。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

今の契約プランを確認・変更する方法

ドコモ光を契約中で、契約中のプランを確認したり安くできるプラン変更したいという場合はMy docomo、ドコモインフォメーションセンターで対応しています。

窓口 問い合わせ先
My docomo ホームページ
ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000 (受付時間9:00〜20:00)

一番手軽に確認できるのはMy docomoで、料金プランの変更・確認など24時間手続きが可能です。
営業時間外でも利用できるので、時間が空いた際に手早くチェックできます。

ドコモインフォメーションセンターはドコモが設置している電話窓口です。特に土日は混雑が予想され、オペレーターに繋がらないことも。どうしても電話で問い合わせたい場合は、できるだけ平日に連絡するか、優先的にオペレーターに繋いでくれる事前予約を取っておくと安心です。

まとめ

今回はドコモ光の料金プランについて、詳しく解説してきました。

5つのプランが用意されていますが、一番安く利用できるのはタイプAです。
さらにドコモのスマホを使っていれば「ドコモ光セット割」が適用され、毎月の通信費も節約することができますよ。

タイプAのプロバイダを選ぶときは、特典に着目してよりお得に利用できるプロバイダを選ぶようにしましょう。GMOとくとくBBは豊富な特典があるのでこれから光回線を導入する人にもおすすめのプロバイダです。

  • 一番安く利用できるのは2年定期契約のタイプA。プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ
  • 単独タイプは好きなプロバイダが選べるが、利用料金はタイプAより高くなることも
  • 定期契約の場合は更新月以外で解約すると解約金がかかる
  • ドコモのスマホを使っていれば「ドコモ光セット割」が適用されスマホ料金が毎月割引
  • より速い通信を望む場合は10ギガプランを申し込む※戸建て限定

Related Posts

もっと見る

Popular Posts

Clients

クライアント一覧