ドコモ光の知らないと損するメリットとは?ドコモユーザー必見の魅力を徹底解説!

ドコモユーザー必見!ドコモ光の知らないと損するメリットは?ドコモ光の魅力を徹底解説!

ドコモユーザーにとってうれしい魅力が満載のドコモ光。
ドコモのスマホを使っていて、より快適なインターネット回線を探している人にぴったりの光回線です。

今回はそんなドコモ光の知っておきたいメリットを紹介。
ドコモのスマホとドコモ光をセットにすることで、スマホの月額料金が最大1,100円引きになるドコモ光セット割」をはじめとし、安定した通信速度や工事費無料キャンペーンなど、幅広く解説していきます。

最後にお得なキャッシュバックがもらえるプロバイダも紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

【結論】ドコモユーザーが得する光回線はドコモ光で決まり!

ドコモ光はNTTドコモが提供する全国対応の光回線サービス。まずは概要を見ていきましょう。

<ドコモ光の概要>
対象エリア 全国
月額料金 (税込) マンション 4,400円
戸建て 5,720円
工事費 実質無料
最大速度 1Gpbs
契約期間 2年
違約金※
(税込)
マンション 8,800円
戸建て 14,300円

※ 契約期間外に解約した場合に発生

月額4,400円から、動画やゲームを最大通信速度1Gpbsで快適に楽しむことができます。
新規申し込みの工事費も無料で、初期費用を抑えて導入できるのもうれしいポイント。

さらにドコモのスマホユーザーであれば、スマホとドコモ光のセット割でスマホ代が毎月割引になるのも大きなメリットです。

次からはドコモ光がどのような人に向いているのか、具体的に説明していきます。

ドコモ光はこんな人におすすめ

サクサク動いて月額料金もリーズナブルなドコモ光。
具体的には以下のような人に向いているといえます。

ドコモ光に向いている人

  • スマホキャリアがドコモの人
  • ドコモ光を長期間使う予定のある人
  • 安定したインターネット通信で動画やゲームをサクサク楽しみたい人
  • 工事など初期費用を抑えて申し込みたい人

スマホキャリアがドコモであれば、まずドコモ光を選ぶのがおすすめです。
先ほどもご説明したように、スマホのセット割をはじめとしたメリットを受けられるからです。
実際のドコモ光ユーザー712人を対象にしたアンケートでも、80%以上のスマホキャリアがドコモであるという結果が出ています。

<Q.現在使用している携帯電話のキャリアを教えてください。>
携帯電話のキャリア 割合
ドコモ 81.0%
ソフトバンク 4.4%
au 6.8%
その他・契約していない 7.8%

このことからも、ドコモ光は多くのドコモユーザーから人気の光回線サービスであると分かりますよね。

それではドコモ光に向いている人の特徴から、より深くメリットを掘り下げていきましょう。

ドコモ光のうれしいメリット!スマホとのセット割で月額料金が最大1,100円割引に

ドコモ光の最大のメリットであるスマホとのセット割が「ドコモ光セット割」です。

<ドコモ光セット割の概要>
スマホ料金プラン 割引料金(税込) 対象期限
5Gギガホ 1,100円 無期限
ギガホ
5Gギガホ プレミア(※)
ギガホ プレミア(※)
5Gギガライト/ギガライト 550〜1,100円

※ 2021年4月1日〜のプラン

ドコモ光の契約者および「ファミリー割引」内の家族全員のスマホ月額料金が割引になります。
「ファミリー割引」とは家族間の国内通話料が無料になるスマホの割引グループのことで、離れて住む家族や祖父母なども対象です。

割引額はスマホの料金プランにより異なりますが、最大で月額1,100円(カケホーダイ&パケあえるに契約している場合は最大3500円割引)も割引に。
例えば家族4人でドコモのスマホを使っていれば、月額料金が最大4,400円引き、1年で最大5万2,800円もお得になります。
ドコモユーザーが多いほど月額料金を節約できますよ。

まだまだある!通信速度やdポイント、工事費無料などドコモ光のメリット

ドコモ光のメリットは「ドコモ光セット割」だけではありません。
スマホの月額料金の割引以外にも、たくさんのお得なポイントがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メリット①|長く使うとお得!「ドコモ光更新ありがとうポイント」で2年ごとに3,000ポイントがもらえる

ドコモ光を2年定期更新プランで契約すると、更新ごとに「ドコモ光更新ありがとうポイント」として3,000円分のdポイントがプレゼントされます。

dポイントとは

1ポイント=1円として使えるドコモのポイントのこと。ドコモのスマホ購入代金などのほか、全国にある幅広いdポイント加盟店で使うことができます。

ドコモ光は全国対応の光回線サービスのため、提供エリア外でなければ引っ越しや転勤などで解約をする必要もありません。
また、引っ越し後もドコモ光を利用できるように申し込み手続きを行えば、5,000ポイントを獲得できます。
このように更新や移転でポイントが貯まり、さまざまな場面でポイントが使えるためとてもお得です。

メリット②|新規工事費が無料!初期費用を抑えて申し込める

はじめて光回線サービスを利用する場合は、通常開通工事が必要です。
そもそも光回線は、光ファイバーと呼ばれる特殊な線を自宅に引き込むことでインターネットが使えるようになります。
そのため図のように、電柱や地下を巡る光ケーブルを開通工事によって導入しなければなりません。

光回線の工事費は契約する光回線サービスによって異なりますが、一般的にマンションタイプで1万5,000円~3万円、戸建てタイプで2万円~4万円程度の費用が発生します。

ですが2021年10月時点では、ドコモ光では新規申し込みの工事費無料キャンペーンを実施中。
通常は工事費+事務手数料3,300円がかかるところ、工事費が0円のため事務手数料の負担のみでドコモ光を申し込むことができます。

メリット③|光コラボからの乗り換えもスムーズ!他社違約金も20,000円補償

ドコモ光は他社光回線からの乗り換えもスムーズ。そもそもドコモ光はNTTのフレッツ光回線を借りてサービスを提供する「光コラボレーション」という形態をとっています。

光コラボレーションとは

NTTの光回線(フレッツ光)を借りて、さまざまな事業者が自社独自のサービスと組み合わせて光回線サービスを提供する形態のこと。
フレッツ光と比較して月額料金が安くなるケースが多く、スマホキャリアごとの月額料金の割引やキャッシュバック、ポイント還元などの特典を用意している事業者もあります。

下記の表のように、もともと他社の光コラボレーションで光回線サービスを利用していた場合は、基本的に開通工事を行う必要がないため、手軽にドコモ光に変更することができます。

<光回線サービスの種類>
種類 光回線サービス 乗り換え時の工事の有無
フレッツ光 フレッツ光 工事なし
光コラボレーション ソフトバンク光
So-net光
nifty光
ビッグローブ光
個別の光回線 NURO光 工事あり
auひかり
コミュファ光
メガエッグ光
ピカラ光
BBIQ光

さらにドコモ光は光回線をインターネットに繋ぐ窓口であるプロバイダを20社以上から選ぶことができます。
中でもGMOとくとくBBなら、他社光回線サービス解約時に発生する違約金を最大20,000円キャッシュバックしてくれるのでおすすめです。
すでに他社の光回線サービスに加入していても、損をせずにドコモ光に乗り換えることができます。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

メリット④|快適インターネットで動画やゲームもサクサク!高速通信IPv6にも対応

ドコモ光の最大速度は1Gbpsで、動画やゲームなど容量の大きいコンテンツもストレスなく楽しむことができます。
しかしあくまで最大速度のため、実際の通信速度とはまた異なります。
そこで注目したいのが平均速度です。
ドコモ光のおすすめプロバイダであるGMOとくとくBBでは、実際の通信速度をウェブサイトで定期的に公開しています。

ドコモ光の平均速度(GMOとくとくBB調べ)

  • 下り速度342.71Mbps
  • 上り速度299.10Mbps

※ 2020年1月1日~2021年2月28日集計
※ 全国合計 3,187件(IPv6利用時)の計測データ

下りとは動画やウェブサイトの閲覧、ダウンロードを指し、上りはSNSへの画像投稿などアップロードを意味します。インターネットで必要な通信速度は用途により異なり、目安として以下のようになります。

<インターネットで必要な通信速度の目安>
用途 必要な通信速度
WEBサイトの閲覧 約10~30Mbps
動画再生 約10〜30Mbps
オンラインゲーム 約100Mbps

ドコモ光(GMOとくとくBB)なら下り速度342.71Mbpsで必要速度を上回っています

さらにドコモ光は高速通信IPv6(v6プラス)に対応
インターネット回線の混雑を避けて、時間帯を問わず安定した通信環境が期待できます。

IPv6とは

IPv6とは次世代のインターネット接続方式を指します。
これまではIPv4という接続方式が主流でしたが、IPv4は利用者が増えると回線が混雑しやすく、速度が遅くなることがありました。
一方でIPv6は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても安定した通信が可能になります。

在宅ワークで1日を通して自宅でインターネットを使う人や、動画やゲームを頻繁に行う人にもうれしいですよね。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

ドコモ光のデメリットは?新料金プランahamoはセット割の対象外なので注意

高速インターネット通信が可能で月額料金もリーズナブルなドコモ光ですが、以下のようなデメリットが挙げられます。

それぞれ順番に説明していきます。

デメリット①|新料金プランahamoは「ドコモ光セット割」の割引対象外

2021年3月からドコモのスマホ新料金プラン「ahamo」がスタートしました。

ahamoとは?

オンラインからのみ受付するドコモの新料金プラン。
基本料金は2,970円(税込)で、20GBの高速&大容量インターネット通信が可能です。
国内通話料金は5分以内であれば何度でも無料。シンプルで使いやすい次世代型の料金プランです。

お得な料金プラン「ahamo」ですが、注意点として「ドコモ光セット割」との併用ができません
ただ、ドコモ光とのペア回線(ドコモ光とスマホの名義連携)の設定は可能です。その場合は「ahamo」以外のドコモスマホユーザーの月額料金が割引対象となります。

デメリット②|f他社の光回線の方が月額料金が安い場合もある

月額料金だけで比較すると、ドコモ光より安価な光回線も存在します。

<主要な光回線の月額料金比較>
光回線
サービス名
月額料金(税込)※2 スマホセット割
マンション 戸建て スマホキャリア 割引額
ドコモ光※1 4,400円 5,720円 ドコモ 毎月最大1,100円
フレッツ光※1 4,785円 6,270円 プロバイダにより異なる
ソフトバンク光 4,180円 5,720円 ソフトバンクまたはワイモバイル 毎月最大1,100円※3
auひかり 4,180円 5,610円 au 毎月最大1,100円
ビッグローブ光 4,378円 5,478円 au・BIGLOBEモバイル・UQモバイル 毎月最大1,100円

※1 ドコモ光、フレッツ光のプロバイダはGMOとくとくBBの料金を表記
※2 フレッツ光は「ギガマンションスマートタイプ ミニ」と「ギガファミリースマートタイプ」の料金を記載
※3 ワイモバイルはおうち割 光セット(A)となり、毎月最大1,188円割引

ですが、ドコモ光では離れて住む家族も割引対象となる「ドコモ光セット割」があります。
スマホのセット割を考えると、ドコモユーザーはドコモ光を選べば、通信費全体を抑えられるのでおすすめです。
一方でドコモユーザー以外は、自身のスマホキャリアと連携した光回線サービスを検討するのもいいでしょう。

デメリット③|時間帯や通信状況によっては速度が遅くなる可能性も

ドコモ光に限らずインターネット回線サービスでは、環境によって通信速度が低下してしまうことがあります。
時間帯による回線混雑、端末側の障害など考えられる原因は主に5つあります。

原因 改善策
① 回線が混雑している IPv6対応のプロバイダやWi-Fiルーターに切り替える
② 通信機器の不調 ONUやWi-Fiルーターを再起動する
③ 端末とWi-Fiルーターが遠い、または障害物が多い Wi-Fiルーターの設置場所を変える
④ Wi-Fiに接続している端末が多い Wi-Fiの接続先を変える/利用していない端末のWi-Fi接続を解除する
⑤ パソコンやスマホなどの端末が古い 端末をアップデートする/新しくする

ONUとは光回線を利用するのに必要な装置で、自宅に引き込んだ光ファイバーからの信号を、インターネットの接続に必要なデジタル信号に変換します。
こうした通信機器の再起動や、パソコンなど端末自体をアップデートすることで改善が見込める場合もあります

上記のような改善策を実施することで、通信速度をより安定させることができるでしょう。

ドコモ光はプロバイダ選びでもっとお得に!おすすめはGMOとくとくBB

これまでドコモ光のメリットとデメリットを紹介してきました。
最後にドコモ光を申し込む時に知っておきたいプロバイダについて解説します。

プロバイダとは

自宅に引いた光回線をインターネットに繋げる役割を担う会社です。

今までは、光回線(データの通り道)を持っている「回線事業者(フレッツ光など)」と「プロバイダ」の2社と契約する必要がありましたが、近年は回線事業者とプロバイダの契約をセットで提供するドコモ光のようなスタイルが主流となり、契約を1社で済ませられるようになりました。

ドコモ光では、20社以上と多種多様なプロバイダがあります。
それぞれ最大通信速度やキャッシュバックなどのキャンペーンが異なります。

ですが20社以上もあると、どのプロバイダを選んだらいいか分からないですよね。
各種キャンペーンや月額料金などを総合すると、最もおすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。次から主要なプロバイダを比較しながら説明していきます。

主要プロバイダ6社を比較!GMOとくとくBBなら安定した通信でキャンペーンも充実

ドコモ光のプロバイダはタイプAとタイプBの2種類に分かれます。タイプBはタイプAよりもマンション・戸建てともに月額料金が約200円高いため、タイプAから選ぶのがいいでしょう。

<主要6社のプロバイダ比較>
プロバイダ 料金タイプ 通信速度の平均値 特典
GMOとくとくBB タイプA 277.06Mbps
  • 最大20,000円CB
  • dポイント2,000ptプレゼント
OCN タイプB 222.91Mbps
  • dポイント10,000ptプレゼント
DTI タイプA 208.87Mbps
  • dポイント最大10,000ポイントプレゼント
@nifty タイプA 185.24Mbps
  • 最大20,000円CB
  • dポイント2,000ptプレゼント
ぷらら タイプA 214.11Mbps
  • 最大15,000円CB
  • dポイント2,000ptプレゼント
BIGLOBE タイプA 250.8Mbps Wi-Fiルーターの無料レンタル

※ 平均速度は2021年3月24日時点、「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載しています
※ 特典内容は2021年10月時点の内容

どのプロバイダもより高速な接続方式「IPv6(v6プラス)」に対応しており、Wi-Fiルーターの無料貸し出しも行っているので、安定した通信速度でインターネットを利用できます。

中でもおすすめのプロバイダがGMOとくとくBB
高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルでき、通信速度の平均値も高いです。
またパソコンとスマホのセキュリティソフトや、インターネット接続設定の訪問サポートも1年間無料。サポート体制が手厚いことも評判です。

さらに申し込みと同時にドコモの映像コンテンツへの加入を行うことで、最大20,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施中。
通信速度・サポート体制・キャンペーンと三拍子そろって充実しているのが魅力といえます。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

まとめ

今回はドコモ光のメリット・デメリットについてまとめました。
スマホと光回線のセット割でスマホの月額料金が最大1,100円引きになるドコモ光は、ドコモユーザーなら特にお得に感じることのできる光回線サービスです。

新規開通工事費や他社違約金も補償するため、費用を抑えて契約できることも人気です。
また最もお得なプロバイダはGMOとくとくBBドコモ光のプロバイダの中でもトップクラスの通信速度で、サポート体制やキャッシュバックキャンペーンも充実しています。

快適なインターネット環境を提供するドコモ光。メリット・デメリットを理解して、ぜひ申し込んでくださいね。

  • ドコモユーザーならドコモ光を選ぶのがおすすめ
  • ドコモの光セット割」でスマホの月額料金が毎月最大1,100円割引になる
  • 新規開通工事が無料&他社違約金も最大20,000円補償
  • 契約更新時にdポイントがもらえる
  • プロバイダは高速通信が期待でき、サポート体制も手厚いGMOとくとくBBがおすすめ

Related Posts

もっと見る

Popular Posts

Clients

クライアント一覧