光コラボの乗り換え手順は?工事は必要?注意点からキャンペーンまで解説!

目次

フレッツ光の回線をお得に利用できると人気の光コラボレーション(以下、光コラボ)。
フレッツ光からの乗り換えや光コラボ同士の乗り換えは、工事不要で簡単にできるのも魅力です。

ですが、フレッツ光以外の回線の場合はどうなのか、乗り換えるとしてもどこがいいのか、 迷っているという人も多いのではないでしょうか。

今回は、光コラボに乗り換える場合、光コラボからのりかえる場合、両方のパターンでおすすめの乗り換え先や手続きを徹底解説していきます!
乗り換えの注意点も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

そもそも光コラボって?事業者一覧&他の光回線との違いをチェック!

光コラボレーション(光コラボ)は、各事業者がフレッツ光の回線を借り独自のサービスを加えて提供しているモデルを指します。

回線自体はフレッツ光のものですが、事業者によりサービス内容が異なり、インターネット接続に必要なプロバイダも併せて契約することができます

光回線の種類は大きくフレッツ光、光コラボ、独自回線を持つ事業者の3種類に分けられます。
独自回線とは、フレッツ光以外で自社独自の回線を保有する事業者を指します。

それぞれの違いや代表的な事業者を見てみましょう。

<光コラボとフレッツ光、独自回線の違い>
比較内容 光コラボ フレッツ光 独自回線
回線 NTT NTT 自社が保有する回線
おもな光回線サービス事業者
(=契約先)
ドコモ光、ソフトバンク光、楽天ひかり、So-net光プラス、ビッグローブ光、@nifty光など フレッツ光 NURO光、auひかり、コミュファ光、メガ・エッグ光、eo光、BBIQ光など
月額料金
(マンションタイプ)
3,000

4,000円
3,000

4,000円

プロバイダ料金
3,000

5,000円
プロバイダ 一体型 個別で契約 事業者により異なる
スマホセット割 あり
(一部を除く)
なし あり
(一部を除く)
特徴
  • 料金が比較的お得
  • キャンペーンや特典が充実している
  • 提供エリアが広い
  • プロバイダを300社以上から選べる
  • 速度が比較的速い
  • キャンペーンが充実している
  • 提供エリアが限られていることが多い

違うタイプの光回線への乗り換えも可能ですが、手順やかかる費用、乗り換え先を選ぶ基準も少しずつ変わってきます。

光コラボの乗り換えでよく聞く「転用」と「事業者変更」の違い

光コラボの乗り換えには、「フレッツ光から光コラボへ」、「光コラボから光コラボへ」、「光コラボから独自回線へ、または独自回線から光コラボへ」の3パターンがあります。

このうち、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを「転用」、光コラボから光コラボへの乗り換えを「事業者変更」と呼びます。

フレッツ光と光コラボは利用する回線が同じなので、新たな開通工事は不要、費用負担も少なく手軽にできるといったメリットがあります。

光コラボの乗り換え先の選び方は?パターン別におすすめを紹介!

乗り換えのときに気になるのが、また開通工事をする必要があるのか、という点ですよね。

開通工事の有無は、フレッツ光から光コラボ、光コラボから独自回線など、乗り換えパターンによって分かれます。すぐに乗り換えたい人や工事の手間や費用が気になる人は、工事不要のパターンから選ぶとよいでしょう。

<乗り換えパターンごとの工事の有無>
利用中の光回線 乗り換え先の光回線 工事の有無
光コラボ 光コラボ・フレッツ光 なし
独自回線 あり
フレッツ光 光コラボ なし
独自回線 あり
独自回線 光コラボ・フレッツ光 あり
独自回線 あり

独自回線への乗り換え、独自回線からの乗り換えは工事が必須になります。しかし、独自回線は通信速度が比較的安定しており、キャンペーンも多いため、工事費が無料になることも。

工事不要ですぐに乗り換えたい、速度を改善させたいなど、目的や希望から乗り換え先の光回線を絞っていきましょう。

また、スマホのセット割が使えるかも重要です。セット割では特定のスマホキャリアの月額料金が毎月割引になるので、通信費全体の節約につながります。

ここからは乗り換えのパターン別に、乗り換え先の選び方とおすすめの光回線を紹介していきます。

【光コラボorフレッツ光→光コラボ】工事不要で楽々!乗り換え先はスマホキャリアで選ぼう

光コラボはフレッツ光回線を利用するので、フレッツ光からの乗り換え(転用)、光コラボ間の乗り換え(事業者変更)には開通工事が必要ありません

乗り換えにかかる期間も1週間~10日ほどと短いため、手間や費用を抑えて乗り換えたいという人におすすめです。

なお、使用している回線は同じなので、乗り換えても通信速度は大きく変わることはありません。しかし、次世代通信規格のIPv6に対応しているかで速度の安定性は変わってくるため、選ぶ際の参考にしましょう。

IPv6(IPoE方式)とは

IPv6(IPoE方式)とは、より高速で安定したインターネット接続方式のことです。

これまでは「IPv4(PPPoE方式)」接続が主流でしたが、利用者が増えると回線が混雑し、速度が低下することがありました。 一方で「IPv6(IPoE方式)」接続は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても通信速度が安定しているといわれています。

また、光コラボはプロバイダ一体型なので、プロバイダと別契約のフレッツ光より月額料金が割安になります。ここで、IPv6に対応しているおもな光コラボ事業者の月額料金を比較してみましょう。

<おもな光コラボの料金比較>
光コラボ事業者 月額料金(税込) スマホセット割
マンションタイプ 戸建てタイプ
ドコモ光 4,400円 5,720円 ドコモ
ソフトバンク光 4,180円 5,720円 ソフトバンク
楽天ひかり 4,180円 5,280円 なし
So-net光プラス 4,928円 6,138円 au
ビッグローブ光 4,378円 5,478円
@nifty光 3,828円 5,060円

※ 2021年9月時点
※1 定期契約プランの初年度の料金

月額料金だけで見比べると、So-net光プラスが最もお得です。
ただし、スマホのセット割が使えるかどうかで、全体の通信費は大きく変わります。

スマホのセット割とは

スマホの月額料金が割引になる、光回線サービスのプランのことです。
割引が適用される光回線スマホキャリアの組み合わせは決まっており、割引額もそれぞれ異なります。

例えばセット割で家族4人分のスマホ代が毎月1,100円割引される場合、月々4,400円、年間で52,800円の割引となり、月額料金の差より断然大きくなります。
光コラボに乗り換える際は、スマホキャリアに合わせてセット割が使える事業者を選ぶとよいでしょう。

ここから、スマホキャリア別のおすすめ光回線を紹介していきます。

auユーザーならSo-net光プラス

auのスマホを使っている場合は、セット割「auスマートバリュー」が適用される光コラボから選びましょう。auスマートバリューでは、auのスマホ代が毎月最大1,100円割引されます。
ただし、適用には光電話(月額550円)への加入が必須となります。

auスマートバリューが適用されるおもな光コラボ

  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • 楽天ひかり
  • @nifty光
  • ピカラ光

auスマートバリューが使える光コラボはいくつかありますが、月々の支出をより抑えたい人にはSo-net光プラスがおすすめです。

<So-net光プラスの概要>
提供エリア 全国
月額料金 マンション 4,928円
戸建て 6,138円
工事費 実質無料
最大速度 1Gpbs
契約期間 3年
違約金 70,000円※

※ 2021年9月31日現在実施されている、「夏の大還元祭」より

IPv6対応のWi-Fiルーターのレンタルが永年無料、訪問設定サポートも1回無料など、特典が多いのもうれしいポイントです。

So-net光プラス

月額料金も安く、総合セキュリティソフト無料、専門スタッフによる訪問設定サポートなど、サポートも充実した光回線。
工事費相当額は月額料金から分割割引されているので実質無料。さらに、auスマホユーザーなら1台あたり毎月1,100円割引。

ドコモユーザーならドコモ光

スマホキャリアがドコモの場合、セット割が適用できるのはドコモ光のみとなっています。

<ドコモ光プラスの概要>
提供エリア 全国
月額料金 マンション 4,400円
戸建て 5,720円
工事費 実質無料
最大速度 1Gpbs
契約期間 2年
違約金 マンション 8,800円
戸建て 14,300円

「ドコモ光セット割」でスマホ代が毎月1,100円永年割引されます。
オプション加入などの条件もないので、ドコモユーザーはドコモ光一択といっても過言ではないでしょう。

また、ドコモ光では2年契約の更新のたびに、dポイント3,000ptがもらえます
dポイントは街中の加盟店などで1pt=1円として利用できる便利なポイント。長く利用すればするほどお得になります。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

ソフトバンクまたはワイモバイルのスマホを使っている場合は、ソフトバンク光を選びましょう。

<ソフトバンク光の概要>
提供エリア 全国
月額料金 マンション 4,180円
戸建て 5,720円
工事費 26,400円
最大速度 1Gpbs
契約期間 2年
違約金 10,450円

ソフトバンク光の「おうち割光セット」で、ソフトバンクのスマホ代は毎月最大1,100円、ワイモバイルは毎月最大1,188円割引になります。例えば家族4人全員ワイモバイルの場合、毎月最大4,752円もの割引に。

ただし、おうち割 光セットの適用にはオプションパック(月額550円)への加入が必須となります。
オプションパックは以下の3つのオプションのセットで、無線通信や光電話が利用できるようになります。

ソフトバンク光のオプションパック

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • BBフォンまたはホワイト光電話または光電話(N)+BBフォン

通常のオプション料金は、光BBユニットのレンタルが月額513円、Wi-Fiマルチパックが月額1,089円、ホワイト光電話が月額513円となり、それぞれ単独で加入すると合計2,115円もかかってしまいます。
ところがオプションパックはすべて合わせて550円になるため非常にお得。
Wi-Fiで無線通信をしたい人、固定電話を利用する予定がある人は、加入して損はないと言えるでしょう。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

その他のスマホユーザーなら楽天ひかり

3大キャリア以外のスマホを利用している人には、楽天ひかりがおすすめです。

<楽天ひかりの概要>
提供エリア 全国
月額料金 マンション 4,180円
戸建て 5,280円
工事費 19,800円
最大速度 1Gpbs
契約期間 3年
違約金 10,450円

2021年9月現在、楽天ひかりのUN-LIMITキャンペーン」で月額料金が1年間大幅割引になり、マンションタイプは1,980円、戸建てタイプは3,080円で利用することができます。

さらに楽天モバイルとセットで申し込むと、楽天ひかりの利用料金が1年間無料に。
戸建てタイプでは年間63,380円もの節約になります。

楽天ひかり

楽天ユーザーならここ一択!

  • 楽天モバイルとの申し込みで、楽天ひかりの月額料1年間無料
  • 楽天市場でのお買い物がポイント+1倍
  • 楽天モバイルと合わせればポイント最大5.5倍
楽天ユーザーはこちらをチェック

【光コラボ→独自回線】速度改善に期待!工事必須だがお得なキャンペーンも

現在光コラボを利用していて、通信速度に不満がある場合は、独自回線への乗り換えがおすすめです。
自社の回線を保有しているため、フレッツ光の回線より混雑しにくく、比較的通信速度が安定しやすい傾向があります。

ここで、独自回線を利用している光回線サービスとフレッツ光回線を利用している光回線サービスの速度を比較してみましょう。
なお、速度を比較するときは最大通信速度ではなく、ユーザーの実測値から算出された「平均速度」が参考になります。

<おもな独自回線と光コラボの平均通信速度>
回線タイプ 光回線サービス 下り平均速度 上り平均速度
独自回線 auひかり 376.05Mbps 270.56Mbps
NURO光 475.92Mbps 411.01Mbps
コミュファ光 673.93Mbps 360.63Mbps
メガ・エッグ光 376.8Mbps 232.83Mbps
eo光 450.41Mbps 295.7Mbps
BBIQ光 316.71Mbps 205.58Mbps
フレッツ光回線 フレッツ光 248.38Mbps 186.83Mbps
ドコモ光 242.59Mbps 184.21Mbps
ソフトバンク光 297.41Mbps 190.19Mbps
So-net光プラス 288.03Mbps 198.77Mbps
ビッグローブ光 234.25Mbps 175.08Mbps
楽天ひかり 186.39Mbps 163.11Mbps

※ 平均速度は2021年7月2日時点、「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載しています。

ただし、独自回線への乗り換えには必ず新規の開通工事が必要になります。また、光コラボの解約時期によっては違約金も発生してしまいます。

乗り換え先を選ぶ際は、違約金や工事費が無料になる乗り換えキャンペーンを行っているところを選ぶとよいでしょう。

おもな独自回線の月額料金やキャンペーンの有無は以下の通りです。

<おもな独自回線の料金比較>
独自回線名 提供エリア 月額料金(税込) キャンペーン スマホ
セット割
マンションタイプ 戸建てタイプ 工事費無料 違約金負担
NURO光 北海道、関東、東海、関西、九州(一部を除く) 5,210円 5,210円 ソフトバンク
auひかり 全国(ホームタイプの中部、関西、沖縄を除く) 4,180円 ※2 5,610円 au
コミュファ光 東海、長野 3,800円 ※3 5,500円 ※3
メガ・エッグ光 中国 3,520円 4,620円 ×
eo光 関西 3,248〜3,326円 3,562円
BBIQ光 九州 3,410~5,280円 4,400円 × ×

※ 2021年9月時点。キャンペーンは公式サイトから申し込んだ場合
※1 定期契約プランの初年度の料金
※2 マンション タイプV16、お得プランの場合
※3 プロバイダ一体型プラン、光電話セットの場合

提供エリアに注意しつつ、料金やキャンペーンがお得な独自回線を選びましょう。セット割が利用できればさらにお得になります。

なお、公式サイトのキャンペーンのほかに、申し込み窓口となる代理店独自のキャンペーンが行われている場合もあります。どこで申し込むのが一番お得か、比較して選ぶことが大切です。

最大速度2GbpsのNURO光は公式キャンペーンが充実

NURO光は最大通信速度が2Gbpsと、業界最速クラスの光回線です。また、公式キャンペーンが多いことでも人気を集めています。

2021年9月現在、他社からの乗り換えでかかる違約金などの費用を最大60,000円まで還元
ほかに工事費実質無料、訪問サポート1回無料などの特典があります。

また、ソフトバンクユーザーであればセット割も適用でき、スマホ代が毎月最大1,100円割引になります。

ただし、提供エリアが限られている点には注意が必要です。提供エリアに含まれていても、建物や地域によっては対象外になってしまうので、まずは公式サイトで確認してみましょう。

auひかりは工事費無料で違約金も還元

auひかりは、KDDIが独自に保有する回線を利用しているため、通信速度の安定性に定評があります。

乗り換えキャンペーンも充実しており、2021年9月現在、公式キャンペーンで違約金相当額を最大30,000円まで還元。ネット+電話の契約で、工事費も実質無料になります。

8社あるプロバイダによっても特典が異なり、例えばGMOとくとくBBの場合、2021年9月時点のキャンペーンで最大61,000円のキャッシュバックが受けられます。

また、auユーザーであればauスマートバリューでスマホ代が毎月1,100円割引に。割引適用には光電話(月額550円)の加入が必須となります。

なお、auひかりのホームタイプは、提供エリアが限られています。マンションタイプも建物がauひかりに対応していないと導入できないので、申し込み前に公式サイトで確認しておきましょう。

auひかりが導入できない場合は、引っ越しエリアに合わせて、auスマートバリューが適用できる他の独自回線も検討してみましょう。

【独自回線→光コラボ】月額料金が割安に!乗り換えキャンペーンやセット割を狙うと◎

独自回線を利用していて月額料金に不満がある場合は、光コラボへの乗り換えがおすすめです。
光コラボは回線を保有していない分、独自回線よりも月額料金が抑えられる傾向にあります。

また、引っ越しで独自回線のエリア外になってしまった場合や、引っ越し先が独自回線を導入できない賃貸住宅などの場合、スマホを乗り換えて独自回線のセット割が適用されなくなった場合なども、光コラボへの乗り換えを検討してみましょう。

乗り換えの際は光コラボの開通工事を行う必要がありますが、フレッツ光回線の場合は導入済みのマンションやアパートもあります。宅内にすでにフレッツ光の光コンセントがあれば、改めて工事を行う必要はありません

ただし、独自回線によっては解約後に撤去工事が必要になることがあります。

乗り換え先の光コラボを選ぶ際は、違約金負担、工事費無料などのキャンペーンがあるか、スマホとのセット割が使えるかを基準に選びましょう。

ここでは、お得なキャンペーンを行っているおすすめの光コラボをご紹介します。

乗り換えキャンペーンで選ぶならソフトバンク光

ソフトバンク光では2021年9月現在、「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施中。
他社回線からの乗り換えで生じる違約金や撤去工事費を満額還元してくれます。

また、他社からの乗り換えの場合は、開通工事費が実質無料(月額割引または普通為替でキャッシュバック)に。乗り換えの費用を最小限に抑えることができます。

申し込み窓口が代理店のNEXTがおすすめ
現在、NEXTからソフトバンク光に申し込むと、以下のいずれかの特典を受けることができます。

株式会社NEXTからソフトバンク光に申し込んだ場合の特典(1つ選択)

  1. 最大36,000円キャッシュバック
  2. 31,000円キャッシュバック+高性能Wi-Fiルータープレゼント
  3. Nintendo Switchプレゼント(数量限定)

※ 2021年9月時点

ソフトバンク光の8ヵ月以上の利用が必須になりますが、その他オプションの加入条件などはなく、最短2ヶ月で受け取ることができます

特にソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーの人は、ソフトバンク光のセット割でスマホ代が毎月最大1,100円(ワイモバイルの場合は最大1,188円)割引になるので、キャンペーンの機会に乗り換えを検討しましょう。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

高額キャッシュバックで選ぶならビッグローブ光

ビッグローブ光では2021年9月現在、新規契約で37,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。キャンペーンではキャッシュバックのほかに月額料金割引の特典も選べますが、総額で考えるとキャッシュバックのほうがお得になります。

また、こちらのキャンペーンでは新規開通工事費も実質無料
IPv6対応の無線LANルーターも12ヶ月間無料でレンタルすることができます。

そして公式キャンペーン以上にお得なのが、代理店NEXTのキャンペーンです。
NEXTでは2021年9月現在、ビッグローブ光の新規申し込みで以下のいずれかの特典を受けることができます。

株式会社NEXTからビッグローブ光に申し込んだ場合の特典(どちらか選択)

  1. 35,000円キャッシュバック
  2. 26,000円キャッシュバック+開通工事費無料

※ 2021年9月時点
※ 光電話加入で+4,000円、光テレビ加入で+5,000円キャッシュバック増額

公式キャンペーンのキャッシュバックの受け取りは約1年後に手続きが必要ですが、NEXTの場合は手続きなしで最短2ヵ月で受け取ることができます

さらにビッグローブ光は「auスマートバリュー」も適用可能。光電話(月額550円)の加入が必須にはなりますが、auのスマホ代が毎月最大1,100円割引されるので、通信費全体を節約することができます。

ビッグローブ光

auユーザーなら、ビッグローブ光×auセット割でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引。有料オプション加入なしで、各種キャッシュバックキャンペーンが受けられる。

【パターン別】光コラボの乗り換え手順

ここではパターン別に乗り換え手順を解説していきます。

フレッツ光から光コラボへの転用、光コラボから光コラボへの事業者変更は、工事不要のため最短1週間~10日ほどで乗り換えが完了します。ただし、プラン変更や住居の設備によっては工事が必要になる場合もあります。申し込み時に確認しましょう。

独自回線への乗り換え、独自回線からの乗り換えには、基本的に開通工事が必要になります。マンションタイプで約2週間〜1ヵ月、戸建てタイプで1〜2ヵ月程度かかるので、乗り換えを決めたら早めに申し込みをしましょう。

フレッツ光から光コラボへの乗り換え(転用)

フレッツ光から光コラボへの転用の場合は、回線が同じなので工事不要で乗り換えができます。

転用ではフレッツ光の解約の手数料も必要ありません。ただし、フレッツ光はプロバイダが別契約なので、プロバイダによっては違約金が発生してしまいます

<フレッツ光から光コラボへの転用の流れ>
Step1 NTT東日本・西日本の専用窓口で転用承諾番号を取得
まずはNTTの専用サイトまたは電話窓口で「転用承諾番号」を取得します。取得には契約者のIDや電話番号、住所などの情報が必要になります。また、転用承諾番号の有効期限は15日なので、期限内に次の手続きをしましょう。
Step2 光コラボに申し込み、前のプロバイダやオプションを解約する
希望する光コラボに申し込みます。申し込みの際は「転用」を選択し、指示に従って転用承諾番号を入力しましょう。無事に手続きが終了すると、申し込み内容の確認書類が届きます。 プロバイダやオプションの解約は自分で行う必要があるので、忘れずに解約の連絡をしておきましょう(プロバイダもオプションも引き継ぐ場合は手続き不要)。
Step3 インターネットの接続設定を行い、不要になったルーターなどは返却する
フレッツ光から光コラボへの切り替えは、転用日に自動的に行われます。光コラボから新たに送られてきたルーターなどの接続設定を行い、転用完了となります。不要になったルーターなどは忘れずに返却しましょう。

フレッツ光で利用していたオプションは、光コラボに転用後も継続できるものもあります。そのまま利用できるかは転用手続きの際に確認できます。
また、不要なオプションは自身で解約する必要があるので注意しましょう。

また、転用をするとフレッツ光のポイントは消えてしまうため、転用手続きの前にポイントを交換しておきましょう。

光コラボから光コラボへの乗り換え(事業者変更)

光コラボから光コラボへの事業者変更の場合も工事は不要です。

ただし、現在利用中の光コラボを更新月以外で解約する場合は、違約金が発生するので注意しましょう。 また多くの場合、乗り換え元の光コラボへの事業者変更手数料(3,000円ほど)がかかります。

<光コラボから光コラボへの事業者変更の流れ>
Step1 利用中の光コラボの専用窓口で事業者変更承諾番号を取得する
現在利用中の光コラボの専用サイトまたは電話窓口で「事業者変更承諾番号」を取得します。事業者承諾番号の有効期限内(多くの場合15日以内)に次の手続きをしましょう。 また、光コラボでNTT東日本・西日本のオプションを利用している場合は、NTTにも連絡して「情報開示許諾」の手続きを行う必要があります。
Step2 乗り換え先の光コラボに申し込む
希望する光コラボに申し込みます。申し込みの際に事業者変更承諾番号が必要になるので用意しておきましょう。
Step3 インターネットの接続設定を行い、不要になったルーターなどは返却する
案内された日に自動的に光コラボの切り替えが行われます。乗り換え先の光コラボから新たに送られてきたルーターなどの接続設定を行い、不要になったルーターは忘れずに返却しましょう。

事業者変更の場合も、乗り換えキャンペーンで他社の違約金を負担してくれる光コラボもあります。例えば2021年9月現在では、ソフトバンク光では違約金負担、ビッグローブ光ではキャッシュバックのキャンペーンを開催しています。

更新月に乗り換えられない場合は、違約金負担キャンペーンがある光コラボを選ぶとよいでしょう。

独自回線から光コラボへの乗り換え

独自回線から光コラボへの乗り換えの場合は回線が変わるので、基本的に工事が必須となります。ただし、すでにフレッツ光回線が導入されているマンションやアパートであれば派遣工事は不要です。

フレッツ光から光コラボ、または光コラボ同士の乗り換えより費用や時間がかかるので注意しましょう。お伝えしてきた通り、乗り換えキャンペーンを行っている光コラボもあるので、費用がネックな場合はキャンペーンで選ぶのがおすすめです。

<独自回線から光コラボへの乗り換えの流れ>
Step1 新しく契約する光コラボを選び、申し込む
現在利用している独自回線を解約する前に、乗り換え先の光コラボに申し込みます。 乗り換えにかかる違約金や撤去工事費などはあらかじめ確認しておきましょう。違約金がかからない更新月に乗り換えのタイミングを合わせるのがおすすめです。
Step2 工事日の調整
申し込み内容の確認後に工事日の日程調整の連絡があります。開通工事は基本的に立ち会いが必要となるため、確実に立ち会える日で調整しましょう。
Step3 現在利用している光回線・プロバイダを解約する
工事日が決まったタイミング、もしくは工事が完了し新しい光回線が開通してから、解約の手続きを行います。解約にかかる期間は光回線によって異なります。タ イミングを間違えると解約の翌月分まで料金が発生してしまうので、いつ解約すべきかは事前に確認しておきましょう。 また、プロバイダが別契約の場合は、プロバイダも忘れずに解約しておきましょう。
Step4 光コラボの工事の実施
光コラボの工事が実施されます。工事は宅内外で実施され、通常1~2時間ほどで終了します。 工事後はあらかじめ送られてきた通信機器などの設定を行い、接続を確認できたら完了です。
Step5 接続機器などを返却し、必要があれば回線撤去作業を行う
解約した光回線で使用していたONUやルーターなどの機器を返却します。期日までに返却しないと延長料金が発生してしまうこともあるので、必ず期日内に発送しましょう。 独自回線の場合は、解約に合わせて撤去工事が必要になることがあります。撤去が必要かどうかは建物にもよるので、大家さんや管理会社に確認しておきましょう。

回線が変わる乗り換えの場合は、必ず元の回線を解約する前に新しい回線に申し込みましょう
先に解約してしまうと、乗り換え先の開通工事が完了するまでインターネットが使えない期間が生じてしまいます。

光コラボから独自回線への乗り換え

光コラボから独自回線への乗り換えの場合は、ほぼ開通工事が必須といえます。
フレッツ光回線より導入率は低いため、すでに光コンセントがある可能性は低いためです。

また、独自回線は提供エリアが限定されているところが多いので、申し込みの前にまずはエリアを確認しましょう。

乗り換えの手順は独自回線から光コラボへの乗り換えとほとんど変わりません。インターネット不通期間が生まれないよう、まず乗り換え先の独自回線の申し込みから行いましょう

<光コラボから独自回線への乗り換えの流れ>
Step1 新しく契約する独自回線を選び、申し込む
現在利用している光コラボを解約する前に、乗り換え先の光回線に申し込みます。乗り換えにかかる違約金などはあらかじめ確認しておきましょう。更新月に解約すれば、違約金は発生しません。
Step2 工事日の調整
申し込み内容の確認後に工事日の日程調整の連絡があります。開通工事は基本的に立ち会いが必要となるため、確実に立ち会える日で調整しましょう。
Step3 現在利用している光コラボを解約する
工事日が決まったタイミング、もしくは工事が完了し新しい光回線が開通してから、解約の手続きを行います。解約月の料金は、日割りの場合もあれば1ヵ月分かかる場合もあるので、どのタイミングがベストか、事前に確認しておきましょう。
Step4 独自回線の工事の実施
独自回線の工事が実施されます。工事は宅内外で実施され、通常1~2時間ほど終了します。なお、NURO光の場合は工事が2回必要なので、開通までに時間がかかります。 工事後はあらかじめ送られてきた通信機器などの設定を行い、接続を確認できたら完了です。
Step5 接続機器などを返却し、必要があれば回線撤去作業を行う
解約した光コラボで使用していたONUやルーターなどの機器を返却します。期日までに返却しないと延長料金が発生してしまうこともあるので、必ず期日内に発送しましょう。

特にマンションの場合、独自回線が導入できないところもあるので、大家さんや管理会社にあらかじめ確認しておきましょう。また、マンションでも戸建てタイプでしか申し込めないということもあり、その場合は工事費用や期間が余計にかかるので注意が必要です。

光コラボの乗り換えの注意点5つ

最後に、光コラボの乗り換えで注意しておきたいポイントを紹介します。

知らずに乗り換えると、一時期インターネットが使えなくなってしまった、思わぬ出費になってしまった、ということにもなりかねないので、必ず事前にチェックしておきましょう。

それぞれ詳しく解説していきます。

注意点①乗り換えのタイミングによっては不通の期間が生じる

乗り換えの手続きの順番やタイミングによっては、インターネットを使えない期間が生じてしまうことがあります。

転用や事業者変更の場合は回線が変わらないので空白期間は生まれませんが、独自回線への乗り換え、独自回線からの乗り換えには注意が必要です。

乗り換え先の申し込み前に利用中の光回線を先に解約してしまった場合、工事日が解約日より遅くなってしまう可能性が高く、工事が完了するまでインターネットが使えなくなってしまいます。
特に引っ越しシーズンなど、工事が混み合う時期は、通常より開通までにじかんがかかってしまうことが多いので注意しましょう。

空白期間が生まれないよう、先に新しい光回線に申し込み、工事日が確定した段階で元の光回線の解約手続きをするのがベストです。違約金がかからない更新月に解約したいのであれば、逆算してその1〜2ヵ月前に申し込んでおくとよいでしょう。

注意点②違約金や工事費、手数料など乗り換えの費用は事前に確認を

光回線の乗り換えには、乗り換え元、乗り換え先でさまざまな費用が発生します。

例えば転用、事業者変更の場合は、回線が同じなので開通工事費や回線の違約金は発生しませんが、3,300えんほどの手数料がかかります。

また、独自回線への乗り換え、独自回線からの乗り換えの場合は、回線を解約するための違約金、新しい回線の開通工事費がかかります。解約する回線によっては、回線の撤去工事費も必要になります。

契約時の事務手数料、開通工事費、違約金などの金額は、光回線により大きく異なります。ここで、おもな光回線の乗り換えに必要な費用を見てみましょう。

<おもな光回線の工事費・違約金など>
回線のタイプ 光回線事業者 契約事務手数料 工事費 違約金 ※1 撤去工事費
光コラボ ドコモ光 3,300円 マンション:16,500円
戸建て:19,800円
マンション8,800円
戸建て14,300円
無料
ソフトバンク光 3,300円 26,400円 10,450円
楽天ひかり 880〜1,980円 マンション:16,500円
戸建て:19,800円
10,450円
So-net光プラス 3,300円 26,400円 20,000円
ビックローブ光 3,300円 マンション16,500円
戸建て19,800円
9,500〜20,000円
@nifty光 2,200円 マンション:16,500円
戸建て:19,800円
10,450〜22,000円
フレッツ光 フレッツ光 880円 マンション:16,500円
戸建て:19,800円
東日本
マンション:1,650円
戸建て:10,450円
西日本
マンション:7,700円
戸建て:11,000円
独自回線 NURO光 3,300円 44,000円 10,450円 11,000円
auひかり 3,300円 マンション:33,000円
戸建て:41,250円
マンション:7,700円
戸建て:16,500円
31,680円
コミュファ光 770円 27,500円 11,000円 13,200円
メガ・エッグ光 3,300円 38,500円 マンション:3,300円
戸建て:11,000円
11,000円
eo光 3,300円 29,700円 6,600〜31,574円 11,000円
BBIQ光 880円 2,200円 11,000〜27,500円 11,000円

※ 2021年9月時点
※1 定期契約プランの場合。eo光とBBIQ光の違約金は解約時期により変動

上記の費用のほかに、解約する光回線の開通工事費が残っていれば、その残債も支払う必要があります

これらの費用をかけずに乗り換えたい場合は、工事費無料や違約金還元などのキャンペーンを行っているところを選びましょう。

注意点③プロバイダの解約やメールアドレスの変更も忘れずに

光コラボや独自回線でプロバイダ一体型であれば、回線の解約と同時にプロバイダも解約となりますが、フレッツ光など、回線とプロバイダの契約が別の場合は、プロバイダの解約は個別で行う必要があります

自動解約ではないため、解約手続きをしないとそのまま月額料金を支払い続けることになるので注意しましょう。

また、乗り換えでプロバイダが変わると、メールアドレスも変更になります。前のプロバイダのメールアドレスは利用できなくなるので注意しましょう。

一部のプロバイダでは、解約後もメールアドレスのみ継続利用できるサービスを提供しています。
有料にはなってしまいますが、どうしてもメールアドレスを変更したくない場合にはおすすめです。

注意点④回線が変わる場合は光電話の番号が引き継げないことも

光電話を利用している場合、光回線の乗り換えで電話番号が変わってしまう可能性があります。

転用や事業者変更であれば、電話番号は基本的にそのまま引き継ぎ可能です(一部サービスは除く)。
また、フレッツ光回線と独自回線間の乗り換えの際、電話番号が引き継げるかどうかは、どこで発行した番号かで変わります。

現在利用している光電話の番号が、もともとNTT加入電話で発行した番号であれば引き継ぎ可能です(事業者によっては不可の場合あり)。ただしその際、「アナログ戻し」が必要になることがあります。

アナログ戻しとは

光電話の電話番号を一度NTTの加入電話(アナログ電話)に戻すことを指します。NTT加入電話に戻したあと、乗り換え先で光電話を契約し、元の光電話を解約すれば引き継ぎ完了です。 ただし、光電話の番号がもともとNTT加入電話で発行した番号であること、光電話に切り替えた際にNTT加入番号の契約を「休止」にしていることが前提になります。

アナログ戻しが必要かどうかは事業者によっても異なるので、乗り換えの際に確認してみましょう。

なお、NTTを含め、光回線で発行した電話番号の場合は引き継ぎができません
また、NTT加入電話であっても、引っ越しによる乗り換えでエリアが大きく変わる場合は、番号を引き継げない可能性が高くなります。

注意点⑤転用や事業者変更と同時に名義変更はできない

転用や事業者変更の場合、基本的に乗り換え後の名義は元の名義と同じである必要があります

そもそも、転用承諾番号や事業者変更承諾番号は、名義人本人でないと発行してもらえません
家族であっても原則不可なので、回線名義人本人が取得し、乗り換え先の光コラボでも同名義で契約することになります。

ただし、一部光コラボでは、乗り換えの申し込みのタイミングで新しい名義にすることが可能です。
名義変更が可能かどうか、申し込みの際に確認してみましょう。

どうしても名義変更したい場合は、乗り換え前、または乗り換え後に手続きを行ったほうが確実です。

まとめ

光コラボはフレッツ光回線を利用しているため、フレッツひかりからの乗り換え、または光コラボ同士の乗り換えであれば、工事不要で簡単に行うことができます。

回線が変わる乗り換えの場合は基本的に工事が必須
また、乗り換えのタイミングによっては不通期間が生じてしまったり、違約金などの費用もかかってしまうので注意が必要です。

乗り換え先を選ぶ際は、違約金負担は工事費無料などのお得なキャンペーンを行っている光回線や代理店がおすすめです。また、スマホとのセット割も節約効果大なので、そこにも注目しながらベストな乗り換え先を見つけましょう。

  • 光コラボの乗り換えには工事不要のパターンと工事必須のパターンがある
  • 転用や事業者変更であれば、工事も費用もほぼ不要で乗り換え可能
  • おすすめの乗り換え先や手順は、乗り換えパターンによって異なる
  • 乗り換え先を選ぶときは、セット割や乗り換えキャンペーンに注目しよう

Related Posts

Popular Posts

Clients

クライアント一覧