快適にインターネットが使える光回線の速度は?通信の仕組みや光回線の選び方を解説!

目次

早い光回線を選びたいけど、どうすれば良いの?どのくらいの速度があればサクサク動くのか知りたい!

インターネットコンテンツの充実によりスマホやパソコンの利用時間が増えてきました。
毎日使うネットだからこそ通信速度が遅いと気になりますよね。
光回線サービスを選ぶときに注目しておきたいのが「通信速度」。
この記事では光回線の通信の仕組みや快適に利用するために必要な通信速度はもちろん、「光回線サービスを選ぶポイント」をお伝えします。
通信速度低下の原因と解決策もお伝えするので、現在光回線を使っている人も参考にしてみてください。

光回線の速度は?よく見るGbpsやMbpsって何の単位でどんな意味?

光回線サービスを調べる際によく目にするのが「361.45Mbps」のような数字。
bps」はインターネット回線の通信速度の単位を表します。
これは「1秒間に何ビットのデータを転送できるか」を指し、「bps」の前には”k”、”M”、”G”のような単位が付きます。それぞれキロ、メガ、ギガと読み、「通信量の大きさ」を表しています。
簡単にお伝えすると、1キロより1メガ、1メガより1ギガの方が単位が大きく、通信速度が速くなります。1秒間に転送できるデータ量が多いほど高速で通信することが可能になり、快適にインターネットが利用できます。

1kbps=1,000ビット※、1Mbps=100万ビット、1Gbps=10億ビット、1Kbpsより1Mbpsが、1Mbpsより1Gbpsが大きい。※1秒間に転送できるデータ量

一般的にWEBサイトの容量は約1〜3MBといわれており、通信速度が8〜24Mbpsあれば約1秒でページを表示することができます。サイト内で画像を多く使っている場合などはサイト自体の容量も大きくなりますので、より速い通信速度が求められます。

「上り」と「下り」の仕組み

では、どのようにデータのやりとりを行っているのでしょうか。
インターネット回線は常に「上り」と「下り」の通信を繰り返し行っています。

「上り」は動画のアップロード、SNSの投稿、メール送信のようなアップロードを、「下り」はメールの受信、動画視聴、サイト・SNSの閲覧のようなダウンロードを表す

上り

パソコンやスマホからインターネット上にファイルを転送する際の通信
例:メールの送信、SNSへの書き込み、Youtubeへの動画のアップロードなど

下り

インターネット上からパソコンやスマホでファイルを受け取る際の通信
例:メールの受信、ブラウザの閲覧、YouTubeやNetflixなどで動画の再生

「上り」と「下り」の中で、多くのユーザーにとって重要なのは「下り」の速度です。
インターネットの利用シーンのなかでも、動画の再生・ダウンロード、WEBサイトやSNSの閲覧などは「下り」の通信なので、ネット上のコンテンツを快適に楽しむには「下り」速度が速いということが重要です。
光回線サービスを選ぶ際は「下り」の速度を重要視して選ぶようにしましょう。

どのくらいの数値が快適?用途別に必要とされる通信速度を解説!

実際どのくらいの数値があれば快適にインターネットを使用できるのでしょうか。
必要な通信速度は使用目的によっても異なってくるので用途別に目安を見ていきましょう。

光回線の事業者は「この回線ではどのくらいの速度で通信できるか」という最大通信速度を提示しています。ここで注意しておきたいのが、この速度は「ベストエフォート方式」の数値であるとのことです。

ベストエフォート方式とは?

ベストエフォートとは「最大限の努力」という意味で、回線事業者が最大限努力した時に出る速度のことです。結果の保証はしないが「最大でこのくらいのスピード」ということを表現しています。最大速度が1Gbpsと提示されている光回線であっても、実際に1Gbpsの速度が出るというわけではないので、最大速度は目安として捉えるようにしましょう。

私の環境は遅い?早い?まずは環境の通信スピードを測定

速度のイメージ図

ここからは、用途別に必要な通信速度を解説していきます。

まずは具体的な解説に入る前に、今使っている環境がどのくらいの速度が出ているのかを以下のサイトのスピードテストでチェックしてみましょう。

下記のURLにアクセスして「通信速度を測定する」をクリックしてください。

みんなのネット回線速度

https://minsoku.net/

結果として出てきた数値が今の通信環境での速度です。
用途別に必要な下り速度を解説していくので、適切な速度が出ているか照らし合わせてみましょう。

必要な通信速度は用途によって異なる

先ほどお伝えしたよう、目的や用途によって必要な通信速度は異なります。
今回は以下3パターンの用途別に、必要となる下り速度の目安を解説します。

  • ホームページの閲覧、ネットショッピングなど
  • 動画再生
  • オンラインゲーム

ホームページの閲覧やネットショッピングで必要な通信速度は10〜30Mbps

PCを利用している女性のイラスト

ホームページやWEBサイトの閲覧では下りが10〜30Mbpsほどの速度が出ていれば、ストレスを感じることは少ないといわれています。大きい画像が複数使用されているページなどは少し時間がかかることもありますが、基本的にはサクサクとページを開くことができるでしょう。

動画再生で必要な通信速度は10Mbps

携帯のイメージ図

YouTubeやNetflixなどの動画サイトの動画を再生する場合は、下りが10Mbpsあればスムーズな動作が期待できます。ただ、高画質な4K映像を再生する場合はより大きなデータを通信するため、20〜30Mbps以上あるとストレスなく楽しめるでしょう。

速度の遅い環境だと動画の再生中に何度も止まってしまうので、高画質で動画を楽しみたいという人は注意が必要です。

YouTubeでは以下の速度を推奨していますので参考にしてみてください。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD360p 0.7Mbps

オンラインゲームで必要な通信速度は100Mbps以上

ゲームのイメージ図

オンラインゲームの場合は速ければ速いほど良く、下りが100Mbps以上あると快適にプレイできるといわれています。

オンラインゲームの場合、速度も重要ですが、同時にPING値もチェックすることをおすすめします。
PING値」はインターネット回線の応答速度のことで、数値が小さいほどタイムラグが少なくなりレスポンスも性能も高くなります。通常30ms以内であればオンラインゲームにも適しているといえます。

光回線の平均下り速度ベスト3

それでは実際の光回線の平均速度ランキングベスト3を見てみましょう。
平均下り速度及び平均PING値を比較して光回線選びの参考にしてみてください。

順位 光回線サービス名 平均下り速度 平均PING値
1位 NURO光 462.06Mbps 12.37ms
2位 コミュファ光 442.44Mbps 22.23ms
3位 スターキャット光 431.39Mbps 12.79ms

※2021年4月6日時点のみんなのネット回線速度に投稿された情報から抜粋

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

コミュファ光

auユーザーならスマホ代が毎月1,100円割引。
最大70,000円相当キャッシュバック、他社からの乗り換えで、解約金相当分をキャッシュバックなど乗り換えキャンペーンが充実。

どの光回線サービスを選ぶべき?選ぶポイントを3つで解説!

では、実際どのように光回線サービスを選べばよいのでしょうか。
今回は速度に加え、以下3つの比較ポイントを解説しますので、自分に合った光回線サービス探しに参考にしてみてください。

ポイント① 混雑が起きにくい接続サービス「IPv6」を確認

インターネットの速度低下は回線の混雑具合が原因のひとつなので、接続方式を確認しましょう。
快適にインターネットを利用するために、次世代の通信規格である「IPv6」の対応有無も確認することをおすすめします。

IPv6対応とは?

IPv6とは次世代のインターネット接続方式のことで、従来はIPv4という接続方式が主流になっています。
簡単にいうと、「IPv4」は利用者が増えると回線が混雑しやすく、速度が遅くなってしまうの対して、「IPv6」は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても安定した通信ができるというわけです。

IPv6に接続できればIPv4に比べ回線の混雑が起きにくくなります。
また、電話回線を経由してインターネットに接続した従来の「PPPoE」方式ではなく、インターネットに直接接続できる「IPoE」という方式を使うことができ、速い通信が期待できます

このように「IPv6・IPoE」の接続方式は、光回線を選ぶ上では非常に重要なポイントなので光回線を選ぶ時は通信速度と一緒にチェックしておきましょう。

IPv6利用時の注意点

IPv6はどの契約プランでも利用できるというわけではなく、プランによっては対応していないものもあるので注意しましょう。

また、IPv6対応の無線LANルーターが必要になることやパソコン上でもIPv6への接続設定を行う必要があるので使っている機器が対応しているかよく確認しましょう。

IPv6対応のおすすめの光回線

対応エリア 光回線サービス 最大速度 平均ダウンロード速度※1 IPv6対応
全国 フレッツ光 最大1Gbps 220.67Mbps※2 ○※3
ドコモ光 最大1Gbps 221.88Mbps
OCN for ドコモ光 最大1Gbps 223.09Mbps
ソフトバンク光 最大1Gbps 254.38Mbps
ビッグローブ光 最大1Gbps 223.33Mbps
So-net光 最大1Gbps 261.98Mbps
@nifty光 最大1Gbps 170.64Mbps
全国
※一部を除く
auひかり 最大1Gbps 359.91Mbps
北海道・関東・東海・関西・九州 NURO光 最大2Gbps 459.3Mbps
中国地方 メガエッグ光 最大1Gbps 303.4Mbps
四国 ピカラ光 最大1Gbps 351.97Mbps

※1 平均速度は2021年4月7日時点「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載しています
※2 フレッツ光ネクストの場合
※3 サービス情報サイトからの申込で無料

ポイント② 対応エリアの確認

希望の光回線のプランを見つけても、居住エリアや建物の状況によっては加入できない場合があります。各光回線サービスのホームページで提供エリアを確認できるので、事前に契約できるエリアかどうかチェックしておきましょう。

ポイント③ スマホとのセット割適用で月額料金割引に

光回線サービスは、「スマホのセット割」でよりお得に利用することができます。

スマホのセット割とは

スマホと光回線をセット契約することでスマホの月額料金が割引になるサービスです。例えば、ドコモユーザーの人がドコモ光に契約すると、スマホの月額料金が最大で1,100円割引になります。これを活用すれば月々の通信費をおさえることができるため、まずは各スマホのセット対象となっている光回線サービスを把握しておきましょう。

そこで今回は、ソフトバンク、au、ドコモのスマホセット割対象となっているおすすめの光回線サービスをご紹介します。

  • ソフトバンクユーザーならソフトバンク光NURO光がおすすめ
  • auユーザーならauひかりビッグローブ光がおすすめ
  • ドコモユーザーならドコモ光がおすすめ
  • 3大キャリア以外ならNURO光ビッグローブ光がおすすめ

各社ごとに解説しますので、チェックしてみましょう。

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」/「NURO光」がおすすめ

スマホキャリアがソフトバンクの人は、スマホの月額料金が最大1,100円割引になる「おうち光セットが利用できます。

対象となる光回線サービスは「ソフトバンク光」と「NURO光」の2つです。

光回線サービス名 対応エリア 月額料金(税込)
マンション 戸建て
ソフトバンク光 全国 4,180円 5,720円
NURO光 北海道・関東・東海・関西・九州 5,200円 5,200円
マンションタイプで低価格を求めるならソフトバンク光

ソフトバンク光は、マンションタイプの月額料金が平均より安いのが魅力です。

また、ソフトバンク光では、工事が完了するまで無料でモバイル回線をレンタルしているため、工事期間でもインターネットを利用することができます。無料でモバイル回線を貸してくれるのは助かりますよね。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから
速さを求めるならNURO光

NURO光通信速度の速さが特徴です。一般的な光回線は、最大1Gbps(1Gbps=1024Mbps)までの速さが限度ですが、NURO光の通信速度は倍の最大2Gbps

月額料金も一般的な光回線サービスより割安です。無線LANルーターやセキュリティソフトの利用料金も含まれていることを踏まえると、お得な料金設定といえるでしょう。

また、NURO光も開通までの期間にモバイル回線のレンタルを行っています。初月980円(税込)から利用でき、2ヵ月目からは1日単位(32円/日)で借りることも可能です。本当に必要な期間だけレンタルできるのが魅力的ですね。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

auユーザーなら「auひかり」/「ビッグローブ光」がおすすめ

auユーザーが利用できるスマホのセット割「auスマートバリュー」が適用されると毎月のスマホ料金が550〜1,100円割引になるため、スマホキャリアがauの人は、「auスマートバリュー」の対象になっている光回線サービスを選ぶのがおすすめです。

独自の光回線を使っているため回線が混雑しにくいauひかりがおすすめですが、一部対応していないエリアもあるため、エリア外の人はビッグローブ光を検討してみてください。

光回線サービス名 対応エリア 月額料金(税込)
マンション 戸建て
auひかり 全国
※一部を除く
4,180円 5,610円
ビッグローブ光 全国 4,378円 5,478円

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

ビッグローブ光

auユーザーなら、ビッグローブ光×auセット割でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引。有料オプション加入なしで、各種キャッシュバックキャンペーンが受けられる。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

スマホキャリアがドコモの人は、スマホのセット割「ドコモ光セット割」が適用されるドコモ光」がおすすめです。
ギガホ、ギガライトの場合は550〜1,100円、パケあえる、かけホーダイの場合は110〜3,850円がスマホの月額料金から割引されるため、通信費を大幅に下げることができます。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

3大キャリア以外のユーザーはNURO光/ビッグローブ光がおすすめ

ソフトバンク、au、ドコモ以外のユーザならNURO光、NURO光のエリア外であればビッグローブ光がおすすめです。

光回線サービス名 対応エリア 月額料金(税込)
マンション 戸建て
NURO光 北海道・関東・
東海・関西・九州
5,200円 5,200円
ビッグローブ光 全国 4,378円 5,478円

NURO光コスパの良さが魅力で、早い速度に月額料金も一般的な光回線サービスより割安です。さらに無線LANルーターの無料レンタルや光回線工事費実質無料など、お得なサービスも満載です。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

NURO光は提供エリアが限定されているため、エリア外だった場合はビッグローブ光を選ぶというのを検討してみてください。

ビッグローブ光を利用するメリットは豊富な特典と割引サービス。キャッシュバックや工事費実質無料、ルーター利用6ヶ月間無料といった特典もあります。月額も平均より安い価格設定になっているため、総合的に料金を抑えたい人に向いているでしょう。

ビッグローブ光

auユーザーなら、ビッグローブ光×auセット割でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引。有料オプション加入なしで、各種キャッシュバックキャンペーンが受けられる。

自分で解消できる場合もある?光回線が遅くなる原因と解消法

現在、光回線サービスを利用している人は、新たに光回線を契約するのではなく、原因を解消するのもひとつの手段です。光回線が遅くなる理由はさまざまで、光回線自体が問題の場合もあります。遅くなる原因は以下が考えられます。

光回線が遅くなる原因

  • モデムやルーター、LANケーブルが問題の場合
  • Wi-Fiに接続している端末数が多い場合
  • 接続している端末が問題の場合
  • プロバイダ・回線が混雑している場合

モデムやルーター、LANケーブルが問題の場合

パソコンやスマホをインターネットと繋いでいるルーターやモデムが問題の場合があります。ルーターやモデムは24時間電源を入れていることが多いため、熱を持ちすぎてしまう場合も。

熱を持ちすぎてしまうと本来のスピードが出せなくなる可能性があるので、一度ルーターを切って少し時間を置いてから再び電源を入れてみましょう。これだけでも速度が回復することがあります。モデムも同様に試してみてください。

それでも良くならない場合はLANケーブルが劣化や断線をしていることや、LANケーブルの規格が古い可能性があるので、新しいものに取り替えるなどの対処をしましょう。

Wi-Fiに接続している端末が多い場合

スマホやタブレット、パソコンなど、複数の端末を同時に繋いでいると回線に負荷が掛かって速度が遅くなる場合があります。使ってない端末のWi-Fi接続を解除しておき、使う時だけ接続するだけでも改善される可能性があります

また、Wi-Fiはルーターを介して電波を送っているので、ルーターからの距離も関係してきます。ルーターになるべく近づいてアクセスしてみるのも方法のひとつでしょう。

接続している端末が問題の場合

使用しているパソコンやスマホが古いものだったり、アップデートがされていないと速度が出ない場合があるので、最新のOSを使うようにしましょう。

加えて、端末内のメモリーが不足している場合も遅くなる傾向にあります。不要なデータやブラウザのキャッシュを削除してみましょう。使っていないソフトやアプリを終了させることで効果が見られることもあります。

プロバイダ・回線が混雑している問題の場合

アクセスが集中するとプロバイダや回線が混雑して遅くなることがあります。

特に集合住宅の場合は1つの回線を各家庭で共有することになるので、利用者が多いとそれだけ遅くなる可能性として考えられます。

ただ、大勢が使っているからといって極端に遅くなることはなく、気にならない程度の場合が多いです。

まとめ

通信速度が遅くなる理由はさまざまあります。もう一度自宅の通信環境を振り返ってみて、原因を解消できるのであれば試してみましょう。それでも変わらないという場合は、より高速かつ自分にあった光回線の利用を検討してみてください。

  • インターネットの通信は「下り速度」が重要
  • 光回線事業者が提示する速度は「ベストエフォート方式」で、実際にその速さが出るわけではない
  • 速度だけではなく、接続方式、対応エリア、月額料金を加味して光回線を選ぶ
  • ソフトバンク、au、ドコモユーザーは「スマホのセット割」適用で通信費を節約できる
  • 光回線が遅くなる原因はさまざまあり、自分でも速度の改善をすることができる場合がある

Popular Posts

Clients

クライアント一覧