プロバイダの比較ポイントとは?光回線の基礎知識から徹底解説

そもそも光回線とプロバイダって何が違うの?プロバイダを比較して選びたいけど、種類が多くてよくわからない

家で光回線を利用するときに必須となるプロバイダ。
名前は聞いたことあるけど、光回線とプロバイダって同じではないの?と思う人も少なくないのではないでしょうか。

実は光回線とプロバイダは別物。光回線サービスは、光回線とプロバイダがセットになって初めて利用できます

そこで今回は、プロバイダの役割や最適な光回線サービスを選ぶための比較ポイントをご紹介。月額料金比較も行っているので、ぜひ参考にしてみてください。

プロバイダとは?インターネット回線の仕組みをチェック

インターネットを利用するときは「回線事業者」と「プロバイダ」の2社と契約する必要があります。まずは、それぞれの役割をおさえておきましょう。

回線事業者とプロバイダの役割図

まず、光回線はインターネット通信を行う際のデータの通り道のようなもので、回線事業者が所有・提供しています。具体的な例を挙げると、回線事業者である「NTT東日本・西日本」が、自社で所有している光回線「フレッツ光」を提供しているということになります。

では、プロバイダはどのような役割を担っているのでしょうか。わかりやすく高速道路を例に説明していきます。

例えば、インターネットを「高速道路」と仮定した場合、光回線は「自宅から高速道路へ向かう道」、プロバイダは「高速道路の入り口にある料金所」にあたります。

光回線の仕組み図

高速道路を利用する場合、料金所を通らなければ中に入ることはできませんよね。これと同じ仕組みで、光回線の場合もプロバイダを通過しなければ、インターネットに接続することができません

つまり、光回線を利用する場合は、光回線を提供する「回線事業者」と、その光回線をインターネットへ接続する「プロバイダ」が不可欠なのです。

申し込むならプロバイダ一体型のサービスがおすすめ!

結論からお伝えすると、自宅に光回線を導入するときは、「プロバイダ一体型の光回線サービス」と契約するのがおすすめです。

先ほど、インターネットを利用するときは「回線事業者」と「プロバイダ」の2社と契約する必要があるとお伝えしましたが、現在は契約を1社で済ませられるプロバイダ一体型のサービスが主流になってきました。

というのも、以前はNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光という光回線が主流となっており、フレッツ光を利用する場合は、「フレッツ光回線を持っているNTT」と「プロバイダ会社」の2社で契約する必要がありました。

しかし、新たに光コラボレーションと呼ばれるサービスが登場したことにより、1社のみとの契約で光回線サービスを利用できるようになったのです。

光コラボレーションとは

さまざまな事業者がNTTから光回線(フレッツ光)を借りて、独自のサービスと組み合わせて提供するモデルのことです。簡単にいうと、光回線とプロバイダが一本化されたサービスで、契約を1社のみで済ませられるというメリットがあります。

ちなみに、現在もフレッツで光はNTTとプロバイダの2社と契約が必要ですが、プロバイダとパックになった「プロバイダパック」を選べば、申し込みを一度で済ませることができます。

また、フレッツ光を借りずに、独自の光回線を保有してサービスを提供している会社もあります。こちらも契約を1社のみで済ませられることが多く、例えばNURO光やau光がこれにあたります。

ここで、光回線サービスの種類を確認しておきましょう。

光回線サービスの種類

種類 光回線サービス プロバイダ
フレッツ光 フレッツ光 300社以上から選べる
(例)So-net、plala、BIGLOBE
光コラボレーション ドコモ光 24社から選べる
(例)GMOとくとくBB、DTI、OCN
ソフトバンク光 Yahoo!BB
So-net光 So-net
nifty光 @nifty
ビッグローブ光 BIGLOBE
独自の光回線 auひかり 8社から選べる
(例)GMOとくとくBB、So-net
NURO光 So-net
コミュファ光 10社から選べる
(例)au one net、So-net、@nifty
メガエッグ光 アーバンインターネット、do!up
ピカラ光 STNet
BBIQ光 BBIQ

表のように、光回線サービスによってはプロバイダが選べる場合もありますが、基本的には「GMOとくとくBB+ドコモ光」のように「プロバイダ+光回線サービス」のセットで提供されているケースが多いです。

このように多くの光回線サービスは契約を1社で済ませられるため、光回線を導入するときは、まず「プロバイダ一体型の光回線サービス」から選ぶようにしましょう。

光回線サービスを契約する前に知っておきたい注意点

パソコンする男性のイメージ図

では、実際に光回線サービスに申し込むときは、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。

実は、光回線サービスは住居環境により選べるものが異なります。特にマンションの場合は、選べる光回線サービスが限定されている可能性があるので注意が必要です。

今回は、以下3つのケースに分けて説明していきます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ケース1. 一戸建て&マンション住まいで光回線が入っていない場合

悩む男性のイラスト

一戸建てに住んでいる場合や、光回線が導入されていないマンションに住んでいる場合は、光回線の開通工事が必要になります。

そもそも光回線は、「光ファイバーケーブル」と呼ばれる特殊な線を使ってインターネット通信を行っています。光ファイバーケーブルは電気と同じように電柱や地下に張り巡らされており、これが自宅に引き込まれていないとインターネット通信を行うことができません。

つまり、過去に光回線を導入したことのない部屋の場合は、まず光ファイバーケーブルを部屋まで引き込む工事が必要があるのです。

なお、光回線サービスは各サービスによって対応エリアが異なります。対応エリアは各光回線サービスの公式サイトで確認することができるので、自宅が希望する光回線サービスのエリア内に含まれているか、申し込み前に確認しておきましょう。

ケース2. インターネット対応マンションに住んでいる場合

インターネット対応のイメージ図

インターネット対応マンションとは、マンションの共有スペースまで配線工事が終了しているマンションのことを指します。この場合、建物自体には光回線が導入されていますが、各部屋までは光回線が引かれていないため、インターネットを利用するためには部屋まで光回線を引き込む工事が必要です。

ここで確認しておきたいのが、光回線の種類。インターネット対応マンションの場合は、すでにマンションで契約している光回線があり、基本的にはその光回線を利用することになります。

例えば、フレッツ光対応マンションの場合は、フレッツ光か光コラボレーションの中から自由に選ぶことができますが、光回線の種類が異なるNURO光やauひかりは選ぶことができません。逆もまた然りです。

そのため、自宅がどの光回線に対応しているのか、まずは大家さんや管理会社に確認しておきましょう。

ケース3. インターネット完備マンションに住んでいる場合

インターネット完備のイメージ図

インターネット完備マンションとは、各部屋まで光回線が導入されているマンションのことです。すでにマンションでプロバイダ契約まで済ませているため、入居してすぐにインターネットが利用できます。ただし、自由に光回線やプロバイダを選ぶことができないので、ご注意ください。

また、無料でインターネットを利用できるケースが多いですが、もともとの家賃にインターネット利用料金が含まれている可能性が高いので、この点も注意が必要です。

光回線サービスの4大比較ポイント

ここからは、実際に光回線サービスを選ぶときのポイントをお伝えします。

先ほどもお伝えしたように、光回線サービスは「プロバイダ一体型の光回線サービス」を選ぶのがおすすめです。そのうえで、以下4点のポイントを比較してみましょう。

ポイント1から4の順に光回線サービスを絞っていくと自分にとって最適な1社が見えてきますよ。

では、ひとつひとつ確認していきましょう。

ポイント1. スマホユーザーは「スマホのセット割」をチェック

ふだんスマホを使っている人は、スマホと光回線をセット契約することでスマホの月額料金が割引になる「スマホのセット割」が利く光回線サービスを選ぶとお得です。

スマホのセット割とは

スマホと光回線をセット契約することでスマホの月額料金が割引になるサービスです。例えば、ドコモユーザーの人がドコモ光に契約すると、スマホの月額料金が最大で1,100円割引になります。これを活用すれば月々の通信費をおさえることができるため、まずは各スマホのセット対象となっている光回線サービスを把握しておきましょう。

ここで、大手携帯キャリアの「スマホのセット割」の内容を確認しておきましょう。

携帯キャリア別おすすめ光回線サービス

携帯キャリア 光回線サービス セットでの割引(税込)
ドコモ ドコモ光 ギガホ、ギガライトの場合
スマホの月額料金が550~1,100円割引
パケあえる、かけホーダイの場合
スマホの月額料金が110~3,850円割引
au auひかり スマホの月額料金が550~1,100円割引
ビッグローブ光
so-net光プラス
@nifty光
メガエッグ光
コミュファ光
ピカラ光
BBIQ光
ソフトバンク SoftBank光 スマホの月額料金が最大1,100円割引
NURO光

表のように、携帯キャリアによって対象となる光回線サービスが異なります。そのため、大手携帯キャリアのスマホユーザーは、まず「スマホのセット割」対象となる光回線サービスをチェックしておきましょう。

ちなみに、「スマホのセット割」は契約者と同じ携帯キャリアを使っている家族も割引対象となるため、家族の人数が多いほどお得です。例えば4人家族で全員がドコモのギガホプランだった場合、「ドコモ光」と契約することで月々最大4,400円(税込)の通信料を節約することができます。

場合によっては、光回線サービスの月額料金よりも「スマホのセット割」の割引額が大きくなる可能性もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

SIMフリーや格安スマホのユーザーならNURO光&ビッグローブ光

SIMフリーや格安スマホでも「スマホのセット割」を用意している場合があります。しかし、大手携帯キャリアに比べると割引額が少ないため、これらに該当する人は月額料金や通信速度を基準に選ぶようにしましょう。

特におすすめなのは、通信速度が速く、比較的月額料金も安いNURO光です。

一般的な光回線の最大速度が1Gpbsであるのに対し、NURO光の最大速度は2Gpbs。理論的には、一般的な光回線の2倍の速さで通信速度ができるということになります。

さらに、光回線サービスの相場が5,500円であるところNURO光は月額5,217円(税込)と相場よりも安め。無線LANルーターの無料レンタルや光回線工事費実質無料など、お得なサービスが用意されているのも魅力です。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

ただし、NURO光は対応エリアが限られているという注意点があります。そこで、NURO光の対応エリア外の人におすすめしたいのがビッグローブ光です。

ビッグローブ光は豊富な特典と割引サービスが特徴。2021年9月時点では、申し込みの際に「35,000円のキャッシュバック」か「26,000円のキャッシュバック+工事費分割割引(実質工事費無料)」のいずれかの特典を選べました。

また、月額料金も戸建てタイプで5,478円(税込)、マンションタイプで4,378円(税込)と、平均より安い価格設定になっているため、総合的に料金をおさえたい人に向いているでしょう。

ビッグローブ光

auユーザーなら、ビッグローブ光×auセット割でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引。有料オプション加入なしで、各種キャッシュバックキャンペーンが受けられる。

ポイント2. 光回線サービス+プロバイダの月額料金を比較

次にプロバイダ一体型光回線サービスの月額料金を比較してみましょう。「スマホのセット割」とエリアを踏まえたうえで、契約候補をいくつかに絞ってみてください。

プロバイダ料込みの最低月額料金比較表※1

光回線サービス エリア スマホセット割 プロバイダ例 プロバイダ料込みの月額料金
(税込)
マンション 戸建て
フレッツ光 全国 なし GMOとくとくBB 5,335円〜※2 6,820〜円※3
ドコモ光 ドコモ GMOとくとくBB 4,400円 5,720円
ソフトバンク光 ソフトバンク Yahoo!BB 4,180円 5,720円
ビッグローブ光 au So-net 4,378円 5,478円
So-net光プラス au @nifty 2,780円 3,780円
@nifty光 au BIGLOBE 3,828円 5,060円
auひかり 全国
※一部を除く
au GMOとくとくBB 4,180円 5,610円
NURO光 北海道・
関東・東海・
関西・九州
ソフトバンク So-net 5,200円 5,200円
コミュファ光 東海 au So-net 3,710円 4,310円
メガエッグ光 中国地方 au エネコム 3,520円 4,620円
ピカラ光 四国 au STNet 3,740円 4,950円
BBIQ光 九州 au BBIQ 4,510円※4 5,500円

※ 継続して利用する場合の料金をもとに算出
※1 2021年9月時点の割引キャンペーンなどを適用した場合の金額
※2 ギガマンションスマートタイプ ミニの場合
※3 ギガファミリー・スマートタイプの場合
※4 契約世帯数により変動

上の表からスマホキャリア別にお得な光回線サービスを簡単にまとめてみると、ドコモユーザーはドコモ光一択といってもよいでしょう。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

auユーザーは、So-net光プラスが最安値です。ただし、3年目以降はマンションタイプで月額4,928円(税込)、戸建てタイプで月額6,138円(税込)となりますのでご注意ください。

ソフトバンクユーザーの場合、マンションやアパートに住んでいるならソフトバンク光、戸建タイプに住んでいるならNURO光を選ぶと、月額料金を抑えられますよ。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

無線LANルーターのレンタルも!お得なキャッシュバック&特典などのキャンペーンもチェック

ご紹介した光回線サービスの中には、部屋にWi-Fiを飛ばすために必要な無線LANルーターのレンタルや、お得なキャッシュバックなど、キャンペーンや特典を用意している場合もあります。

特典内容は光回線サービスによってさまざまですが、月額料金が割高でもキャンペーンや特典を踏まえると案外お得な場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。

注意点として、高額なキャッシュバックキャンペーンは魅力に見えますが、中には適用条件が厳しいものがあります。キャッシュバックを受け取れるまで時間がかかる可能性もあるので、適用条件や注意事項は必ず確認しておきましょう。

ポイント3. 回線速度を安定させるIPv6に対応しているか確認

光回線の通信速度は、住んでいる建物や利用する時間帯によって変動するため一概には言えませんが、エリアが限定されている光回線サービスは比較的速度が速い傾向にあります。これはフレッツ光の回線よりもユーザーが少なく、回線が混雑しにくいためです。

そのため、通信速度を重視したい人はauひかりNURO光など、対応エリアが限定されている光回線サービスを検討してみるとよいでしょう。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

また、その際に「iPv6(IPoE方式)」という接続方式に対応しているか確認しておくことも大切です。

iPv6(IPoE方式)とは

iPv6(IPoE方式)とは、次世代のインターネット接続方式のことで、従来はIPv4(PPPoE方式)という接続方式が主流になっています。

簡単にいうと、「IPv4(PPPoE方式)」は利用者が増えると回線が混雑し、速度が遅くなりやすいの対して、「IPv6(IPoE方式)」は大容量で混雑しにくいため、利用者が増えても安定した通信ができるというわけです。

iPv6(IPoE方式)については、標準装備されている場合やオプションで追加する場合など、光回線サービスによってさまざまなので、速度重視の人は申し込み前にチェックしておきましょう。

ポイント4.セキュリティに関わるサポート体制にも注目

光回線でインターネットを利用するためには、接続機器やパソコンなどの設定を行う必要があります。多くの光回線サービスでは、インターネット接続設定やWi-Fi設定をサポートする特典やオプションを用意しているため、これらの設定ができるか不安な人は、サポート体制も注視しておきましょう。

また、あわせてセキュリティサービスも導入を検討してみてください。オプションサービスとして追加料金が発生するケースが多いですが、ネット上のセキュリティを守るために入れておきたい機能です。光回線サービスによっては、標準装備として月額料金に含まれている場合や1年間無料でサポートを受けられる場合もあるので、ぜひ確認してみてくださいね。

まとめ

今回は、プロバイダの役割を踏まえて光回線サービスの比較ポイントを解説してきました。最初にお伝えしたように、光回線サービスは「プロバイダ一体型」であることを前提に比較することが重要です。最適な光回線サービスは住まい環境や生活スタイルによって人それぞれなので、比較ポイントを抑えながら自分にあった光回線サービスを選んでみてはいかがでしょうか。

  • 光回線とプロバイダは別物
  • 申し込むなら「プロバイダ一体型の光回線サービス」がおすすめ
  • 光回線サービスを申し込む前に自分の住居環境をチェック
  • 最適な光回線サービスを選ぶコツは4つの比較ポイントを抑えること

Popular Posts

Clients

クライアント一覧