【2021年最新】徹底比較で月額料金が安い光回線がわかる!

目次

どこの光回線が安いの?月額の料金はどれくらいかかるの?

固定の月額料金で容量無制限に使える光回線。
多くの家庭で使われ、今や主流のインターネット回線といってもよいでしょう。

できれば月々にかかる光回線の実質費用をできるだけ安く抑えたいと思っている人も多いはずです。
最近では、スマホの料金が割引になるセット割をはじめ、各社から安いプランが出てきて、手頃な値段で利用できるようになってきました。

そこで、どの光回線が安くて、毎月いくらかかるのか
各社のサービスを比較しながら、おすすめの光回線を紹介します。

自分に合った光回線プランがどれか選んでみてはいかがでしょうか。

安い光回線を選ぶならスマホのセット割をチェック!

普段、ドコモやau、ソフトバンクのスマホを使っている人は、スマホに合わせて選ぶのがおすすめです。

光回線サービスの中には、スマホと光回線がセットになったスマホのセット割を行っているところがあり、スマホの月額料金が割引になります。

スマホのセット割とは?

スマホの月額料金が割引になる、光回線サービスのプランのこと。

スマホのセット割を活用することで通信料を節約できるため、光回線サービスを契約するときは現在使用しているスマホのキャリアを基準にして選ぶのがおすすめです。

ここで、スマホの大手キャリア別に月額の割引を比較してみましょう。

キャリア スマホセット割対象
光回線サービス
スマホセット割引額
(月額税込)
月額料金(税込)
マンション 戸建て
ドコモ ドコモ光
【ギガホ、ギガライト】
550~1,100円
【パケあえる、かけホーダイ】
110~3,850円
4,400円 5,720円
au auひかり 550~1,100円 4,180円 5,610円
So-net光プラス 4,928円 6,138円
コミュファ光 3,710円※1 4,310円※2
@nifty光 3,828円※3 5,060円※4
ビッグローブ光 550〜1,320円 4,378円 5,478円
ソフトバンク SoftBank光 1,100円 4,180円 5,720円
NURO光 5,200円 5,200円

※1 光ネットと光電話セットの場合。2年目以降4,330円(税込)
※2 光ネットと光電話セットの場合。2年目以降5,545円(税込)
※3 31ヶ月以降4,378円(税込)
※4 31ヶ月以降5,720円(税込)

上の表を見ると、スマホのセット割を利用すれば、月額料金が各社550円〜1,100円程度割引になることがわかります。

それでは、各キャリアごとにおすすめの光回線サービスを詳しく見ていきましょう。

ドコモユーザーはドコモ光がおすすめ

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線です。

ドコモユーザーがドコモ光のセット割を契約した場合、スマホの月額料金が割引になります。他の光回線だと受けられないセット割でスマホ料金を下げることにより、トータルの通信費を節約できるので、ドコモユーザーはドコモ光を検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光の特徴は以下の4点です。

ドコモ光の特徴

  • 全国エリアに対応
  • ドコモのスマホ1台当たり毎月最大1,100円割引
  • 家族がドコモユーザーなら、同じ割引サービスが受けられる
  • 離れて住んでいても最大20回線まで割引が適用

家族にドコモユーザーがいる場合、自分だけでなく家族のスマホも適用対象になります。家族で料金が抑えられるのは魅力的ですよね。また、契約者からみて3親等までなら、離れて住んでいる家族も適用されます。

なお、ドコモ光の月額料金は以下のとおりです。

タイプ 月額料金(税込)
アパート・マンション 4,400円
戸建て 5,720円

月額料金は住まいがアパート・マンションか、戸建てかで変わります。アパート・マンション住まいなら、月額は4,400円〜です。

また、ドコモ光の光回線を使用する場合、プロバイダーを選ぶ必要があります。20社以上ある中でもおすすめは、特典が充実しているGMOとくとくBBです。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

GMOとくとくBB をプロバイダーに選べば特典豊富

ドコモ光の光回線を契約する場合は、20社以上のプロバイダの中から選択できます。
なかでも、GMOとくとくBBは他のプロバイダーと比較してキャッシュバックなど特典が充実しているので、お得にインターネットを利用できます。

GMOとくとくBBの特典の以下のとおりです。

GMOとくとくBBの特典

  • 20,000円のキャッシュバック
  • dポイント2,000ポイントプレゼント
  • v6プラス対応で回線速度が速い
  • Wi-Fiルーターの無料レンタル

※ 2021年10月時点での特典

GMOとくとくBBのサイトから申し込むと、2021年10月時点では20,000円のキャッシュバックがもらえます。ドコモショップや家電量販店などで申し込むと、キャッシュバックキャンペーンの対象外になるので注意しましょう。

さらに、ドコモ光1ギガ(2年定期契約プラン)の場合は2,000ポイントのdポイントが貰えるのも魅力のひとつ。
通信環境の点では、v6プラス対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできるのも嬉しいポイントです。

v6プラス、Wi-Fiルーターとは

v6プラスは、現在の主流となっている高速通信の方式です。
Wi-Fiルーターは、PCやスマホなど、複数の機器でインターネット通信が可能になる無線の通信機器を指します。

v6プラス対応のWi-Fiルーターで快適なインターネット環境が楽しめるだけでなく、他の光回線なら有料で支払う場合のある月々のルーターレンタル代が無料になり、お得感があります。

これだけ特典が充実している点が、GMOとくとくBBをおすすめする理由です。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

auユーザーは住んでいるエリア別で光回線を選択

auユーザーは、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用された光回線サービスを選ぶのがおすすめです。

「auスマートバリュー」の内容は以下のとおりです。

auスマートバリューの内容

  • スマホ料金が550〜1,100円が割引
  • 最大10回線まで適用

他の光回線では受けられないセット割でスマホ料金を下げることで、トータルの通信費を節約できます。スマホキャリアがauの人におすすめです。

「auスマートバリュー」適用には、auひかり電話の加入が必要(月額税込550円)になります。
しかし、GMOとくとくBBのサイトから申し込むと、auひかり電話の加入料は無料になり、スマホの月額料金も1,100円割引になるので、加入することをおすすめします。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

また、auスマホユーザーは、住んでいるエリアによってもおすすめの光回線サービスが異なります。

上記を踏まえて、具体的にどの光回線を選ぶべきか、見ていきましょう。
住まいがアパート・マンションか、戸建てか、また、Wi-Fiルーターをレンタルする場合としない場合で月額料金が変わってきます。

【アパート・マンションタイプ】auスマートバリュー適用の光回線サービス

居住エリア 光回線サービス 月額(税込)
マンションタイプ 戸建てタイプ
東海・長野・関西・沖縄以外 auひかり 4,180円 5,610円※1
東海・長野 コミュファ光 3,710円※2 4,310円※3
全国 ビッグローブ光 4,378円 5,478円
So-net光プラス 4,928円 6,138円
@nifty光 3,828円※4 5,060円※5

※1 2年目5,500円(税込)、3年目以降5,390円(税込)
※2 光ネットと光電話セットの場合。2年目以降4,330円(税込)
※3 光ネットと光電話セットの場合。2年目以降5,545円(税込)
※4 31ヶ月以降4,738円(税込)
※5 31ヶ月以降5,720円(税込)

上記の表を踏まえると、エリア別でのおすすめの光回線は以下のとおりです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

東海・長野・関西・沖縄以外のエリアに住んでいるなら、auひかり

住まいが東海・長野・関西・沖縄以外なら、auひかりがおすすめです。
月額も変動無く、KDDIが独自に保有する独自回線で通信速度も安定しているという特徴をもっています。
他の光回線サービスと比較しても、安さと速さのバランスがとれているという点が魅力的です。

GMOとくとくBBからの申し込みだと、2021年10月時点では最大61,000円のキャッシュバックや工事費実質無料など、お得なキャンペーンが実施されています。

なお、auひかりは東海・長野・関西・沖縄はサービス提供エリア外で利用できませんのでご注意ください。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

東海・長野のエリアに住んでいるならコミュファ光

住んでいるエリアが東海・長野という人には、コミュファ光がおすすめです。コミュファ光は、東海・長野エリア限定のサービスです。

乗り換えのキャンペーンが充実していて、NEXTから申し込むと他社解約違約金相当額をキャッシュバックできます。

また、サービス提供エリアが限定されるので、コミュファ光もauひかりと同様に他の回線と比べて回線速度が速いです。

光回線サービス 下り平均速度 上り平均速度
コミュファ光 441.02Mbps 269.89Mbps
So-net光プラス 257.38Mbps 198.04Mbps
ビッグローブ光 224.1Mbps 172.67Mbps
@nifty光 170.67Mbps 181.34Mbps

※2021年4月6日時点みんなのネット回線速度の投稿された情報から抜粋

表のように、上り・下りともに、コミュファ光の方が他の光回線サービスよりも平均速度の数値が上回っているため、回線速度でストレスを感じたくない人にとっても、コミュファ光は魅力的です。

コミュファ光

auユーザーならスマホ代が毎月1,100円割引。
最大70,000円相当キャッシュバック、他社からの乗り換えで、解約金相当分をキャッシュバックなど乗り換えキャンペーンが充実。

全国エリアをカバーしているビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光

住まいがauひかり、コミュファ光のエリア対応外である関西、沖縄の人は、全国対応しているビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光の中から選んでみてはいかがでしょうか。

So-net光プラス、@nifty光の月額料金は利用年数によって異なります。
ここで、利用年数を基準にビッグローブ光、So-net光プラス、@nifty光を比較してみましょう。

アパート・マンションタイプの料金
光回線サービス 月額料金(税込)
マンションタイプ 戸建てタイプ
ビッグローブ光 4,378円 5,478円
So-net光プラス 4,928円 6,138円
@nifty光 3,828円※1 5,060円※2

※1:31ヶ月以降4,738円(税込)
※2:31ヶ月以降5,720円(税込)

利用年数が2年以内の場合は@nifty光の月額料金がもっとも安く、31ヶ月以降になるとビッグローブ光が安いことがわかります。

割引特典などにより月額料金が変動することもあるので、利用年数も含めてじっくり検討してみましょう。

ビッグローブ光

auユーザーなら、ビッグローブ光×auセット割でビッグローブ光の月額料金が最大1,320円割引。有料オプション加入なしで、各種キャッシュバックキャンペーンが受けられる。

So-net光プラス

月額料金も安く、総合セキュリティソフト無料、専門スタッフによる訪問設定サポートなど、サポートも充実した光回線。
工事費相当額は月額料金から分割割引されているので実質無料。さらに、auスマホユーザーなら1台あたり毎月1,100円割引。

@nifty光

@nifty光

新規申込で15,000円キャッシュバック。
2年プランの申込で月額550円~660円割引を受けられるのがポイント。auユーザーならauスマートバリューの適用でスマホ代が毎月1,100円割引。

ソフトバンクユーザーはNURO光、ソフトバンク光の2択

ソフトバンクのスマホのセット割「おうち割光セット」の対象となる光回線サービスは、NURO光ソフトバンク光の2つです。
セット割の内容は、どちらも以下の通りです。

おうち割光セットの内容

  • スマホ1台につき最大で月額1,100円割引
  • 最大10台まで適用
  • 離れてエリアに住む家族もソフトバンクユーザーなら適用対象

セット割は他の光回線で受けられませんが、ソフトバンクのセット割ならスマホの月額料金を安く抑えられ、トータルの通信費を節約できます。

なお、「おうち割光セット」適用には、NURO光ならNURO光でんわへの加入、ソフトバンク光電話ならオプションへの加入契約がそれぞれ必要(どちらも月額税込550円)になりますので、ご注意ください。

ソフトバンクスマホユーザーは住んでいるエリアによって、おすすめの光回線サービスが変わります

以下の順で、選びましょう。

  1. 居住エリアが北海道、関東、東海、関西、九州で提供エリアならNURO光
  2. NURO光提供エリア外ならソフトバンク光

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

北海道、関東、東海、関西、九州エリアに住んでいる人は、NURO光がおすすめです。それ以外のエリアに住んでいる人は、ソフトバンク光を選びましょう。

ただ、北海道、関東、東海、関西、九州の人でも、NURO光の提供エリア外の場合もあるので、事前に公式サイトで確認しておきましょう。

なお、NURO光とソフトバンク光の月額料金は、以下の表の通りです。

居住エリア 光回線サービス 月額料金(税込)
マンションタイプ 戸建てタイプ
北海道、関東、東海、関西、九州の提供エリア NURO光 5,200円※1 5,200円※1
全国 ソフトバンク光 4,180円 5,720円

※1 G2Tプランの場合

アパート・マンションの場合は、ソフトバンク光の方が安いですが、戸建ての場合はNURO光が安いことがわかります。

それでは、NURO光とソフトバンク光の特徴をみていきましょう。

居住エリアが北海道、関東、東海、関西、九州で提供エリアならNURO光

NURO光の特徴は以下のとおりです。

NURO光の特徴

  • 通信速度が速い(下り最大2Gbps)
  • 45,000円のキャッシュバック
  • 工事費実質無料
  • セキュリティーソフトが無料
  • 公共料金とのセット利用で月額が200~501円割引

※2021年10月時点でのキャンペーン内容

NURO光最大の特徴は、他の回線と比べると倍の速度(下り最大2Gbps)で通信できること。音楽や動画コンテンツもスムーズにダウンロードできるので、快適にインターネットを利用できます。

また、キャッシュバックは45,000円と他の光回線サービスよりも高額。さらに、Wi-Fiルーターのレンタルや無料のセキュリティーソフトなども用意されています。

NUROでんき、NUROガスの公共料金とのセット利用で、月額が200~501円割引になるというサービスもあるため、回線速度やサービスの充実を考えると、NURO光がおすすめです。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

NURO光のエリア外ならソフトバンク光

ソフトバンク光の特徴

  • 最大37,000円のキャッシュバック※1
  • 乗り換えの場合工事費実質無料
  • 開通までがNURO光より早い
  • 対応エリアに全国

※2021年10月時点でのキャンペーン内容
※1 NEXTからの申し込みの場合

ソフトバンク光はNEXTからの申し込みだと、2021年10月時点では、最大37,000円のキャッシュバックがもらえます。

また、ソフトバンク光は、NURO光よりも開通工事までの期間が短いため、光回線を早く開通したい人、NURO光のエリア外の人は、ソフトバンク光を検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

格安SIMユーザーはエリア最安値、または速度の速い光回線がおすすめ

格安SIMにもセット割があります。ただ、割引額が少なく、キャッシュバックも少ないため、住んでいるエリアの最安値、または速度が速いと評判の光回線を選びましょう。

エリア別におすすめの光回線サービスは以下のとおりです。

居住エリア 光回線サービス 月額料金(税込)
マンションタイプ 戸建てタイプ
東海・関西・沖縄以外のエリア auひかり 4,180円 5,610円※1
auひかりのサービスエリア外 NURO光 5,200円 5,200円
全国 So-net光プラス 4,928円 6,138円

※1 2年目5,500円(税込)、3年目以降5,390円(税込)

東海・関西・沖縄以外のエリアに住んでいる人は、auひかりがおすすめです。
2021年10月時点では、GMOとくとくBBから申し込めば最大61,000円のキャッシュバックや工事費実質無料など 、お得なキャンペーンが適用されます。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

また、auひかりの提供エリア外(東海・関西・沖縄)の人は、NURO光がおすすめです。月額5,200円(税込)で、さらにキャッシュバック45,000円の特典もあります。回線速度も速いのでおすすめです。 ただ、提供エリアが北海道、関東、東海、関西、九州の一部エリアに限定されるので、事前に確認しましょう。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

So-net光プラスは、提供エリアが広いのも魅力的ですが、2021年10月時点では60,000円とキャッシュバックの額が高いのもおすすめポイントです。

So-net光プラス

月額料金も安く、総合セキュリティソフト無料、専門スタッフによる訪問設定サポートなど、サポートも充実した光回線。
工事費相当額は月額料金から分割割引されているので実質無料。さらに、auスマホユーザーなら1台あたり毎月1,100円割引。

アパート・マンション、戸建ての光回線の月額料金をランキング

ここで、タイプ別に各光回線の月額料金は、比較してみましょう。

光回線サービス 月額料金
マンションタイプ 戸建てタイプ
So-net光プラス 4,928円 6,138円
@nifty光 3,828円※1 5,060円※2
ソフトバンク光 4,180円 5,720円
auひかり 4,180円 5,610円※3
ビッグローブ光 4,378円 5,478円
ドコモ光 4,400円 5,720円
NURO光 5,217円 5,217円
コミュファ光 3,710円※4 4,310円※5

※1 31ヵ月以降4,738円(税込)
※2 31ヵ月以降5,720円(税込)
※3 2年目5,500円(税込)、3年目以降5,390円(税込)
※4 光ネットと光電話セットの場合。2年目以降4,330円(税込)
※5 光ネットと光電話セットの場合。2年目以降5,545円(税込)

月額料金だけをみると、アパート・マンションの場合はコミュファ光、@nifty光順で安いことがわかります。

戸建ての場合は、コミュファ光@nifty光の順で安いですが、@nifty光は41ヵ月以降から月額が割高になります。そのため、初期の月額費用を抑えたい人にとっては、@nifty光がおすすめです。

自宅ならポケットWi-Fiより光回線がおすすめ

光回線サービスのほかに、ポケットWi-Fiという選択肢もあります。

光回線の相場はマンションで4,400円程度、戸建てで5,500円程度ですが、ポケットWi-Fiは3,500円程度と安いです。

ただ、工事費の無料キャンペーンによる割引やスマホとのセット割で、光回線が安くなることもあります。外でインターネットを使う機会が多い、回線工事ができない(またはしたくない)、動画は見ないといった理由でない限り、光回線がおすすめです。

ポケットWi-Fiの使用がおすすめの人

  • 外でインターネット回線を使う機会が多い人
  • 自宅の回線工事が環境的にできない人(またはしたくない人)
  • 動画をほとんどみない人
  • とにかく月額料金を抑えたい人

月々にかかる光回線の実質費用の内訳をチェック

契約する光回線サービスによって回線工事費やルーター代もさまざまです。So-net光プラスのように、無料サービスの場合も多いため、基本料金以外の項目もチェックしておきましょう。

基本料金以外にかかる固定費の特徴は以下のとおりです。

基本料金以外の固定費の特徴

  1. 回線工事費用は実質無料のところが多い
  2. 自宅でスマホ、PC、ゲームなど複数使うならルーターが必要
  3. ルーターのレンタルや電話相談受付などサポート内容は各社さまざま
  4. 光回線契約の解約金は8,800〜22,000円。更新月の解約はかからない

ここからは、月々にかかってくる固定費の特徴について詳しく説明していきます。

回線工事費用は実質無料のところが多い

回線工事費用は、一般的に分割で毎月請求されます。

しかし、キャンペーンなどで割引され、実際に支払うことはあまりなく実質無料になることが多いです。

例えば、NURO光場合は最初の36ヶ月間は毎月回線工事費に1,230円(税込)かかりますが、割引特典で実質無料になります。

自宅でスマホ、PC、ゲームなど複数使うならルーターが必要

自宅でスマホ、PC、家庭用ゲーム機など、複数のインターネット回線を使う場合はルーターが必要です。

ルーターのレンタル料の相場は、月額100〜990円程度ですが、NURO光、So-net光プラスは無料でレンタルすることができます。

なお、ルーターは解約時に返送する必要があるので気をつけましょう。

ルーターのレンタルや電話相談受付などサポート内容は各社さまざま

光回線サービスには、有料、無料問わずサポートが付いています。サポートの内容もさまざまですが、ルーターの貸出や電話相談の受付、セキュリティソフトなどが代表的です。

月額料金に含まれていたり、有料のオプションであったり、光回線サービスによってもさまざまなので、契約する前にどのようなサポートがあるのか確認しておきましょう。

なお、NURO光は、ルーターの貸し出し、セキュリティソフトなどのサポートが無料なので、光回線サービスについて詳しくないという人にぴったりです。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

光回線契約の解約金は8,800〜22,000円。更新月の解約はかからない

光回線サービスの契約を解約する場合、解約金が発生します。
解約金の相場は、8,800〜22,000円程度です。

しかし、契約は2、3年単位で更新するので、更新のタイミングで解約すれば、解約金はかかりません。更新月、契約期間は事前に確認しておきましょう。

なお、auひかりは解約金のほか、別途撤去工事費31,680円(税込)が必要となりますので気をつけましょう。

キャッシュバックで回線工事費や実質月額費用を安く抑える

光回線サービスを契約する際、キャンペーンで高額なキャッシュバックを設けている場合があります。 相場としては、20,000円〜50,000円程度です。

キャッシュバックのメリットとして、回線工事が無料になるなど、初期(2、3年)の月々の支払いが実質割引になることが挙げられます。 キャッシュバックをうまく活用することによりお得に利用できるので、キャンペーンも光回線選びの検討材料に入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、キャッシュバックは受取まで時間がかかることもあるので、ご注意ください。

キャッシュバックはもらえる時期に注意

もらえる金額が大きい光回線サービスのキャッシュバックですが、受取時期は各サービスで異なります遅いと開通から12ヵ月後になる場合もあるので、受取時期を事前に確認しましょう。

光回線の通信速度は普段の生活利用ではあまり選ぶ基準にならない

各光回線の最大通信速度は、ほとんどが1Gbpsとなっているため、大きな差はありません
普段の生活の中で動画を見る程度なら、最大1Gbpsで十分事足ります。

ただ、高仕様のゲームをする場合など、少しでも通信速度の速いサービスを選びたいなら、通信速度で比較してみてはいかがでしょうか。

まとめ

光回線サービスを安くしたいと思っている人にとっては、実はスマホは重要な基準ツールです。スマホのほか、住んでいる地域や環境から判断すると、自分に合った安くて快適な光回線サービスが見えてくるはずです。ぜひ、検討してみてはいかがでしょうか。

基本料金以外の固定費の特徴

  1. 光回線サービスとスマホのセット割で月額料金を安くできる
  2. スマホのキャリアから最適な光回線サービスを見つける
  3. 住んでいる地域、住環境(アパート・マンション、戸建て)を基準に光回線を見つける
  4. 月にかかる実費の内訳を把握して、実質の月額料金を割り出す
  5. キャッシュバックも光回線サービスを選ぶ判断材料のひとつ

Popular Posts

Clients

クライアント一覧