戸建ての光回線を徹底比較!セット割やキャンペーンで選ぶおすすめは?

戸建ての光回線を選ぶときは、料金や速度が気になりますよね。
いろいろな事業者から最適なプランを選びたいけど比較のポイントがわからない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は戸建てに特化して、光回線の料金や速度を徹底比較
おすすめ光回線ごとに、申し込み窓口のキャンペーン内容も比較していきます。

最後に戸建ての光回線ならではの注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【結論】戸建ての光回線はスマホのセット割で選ぶべし!

まず結論からお伝えすると、戸建てでお得に光回線を利用したいのであれば、スマホのセット割で選ぶのがベストです。セット割について詳しくは後述しますが、月々のスマホ代が家族の分も含め割引されるので、通信費全体を抑えることができます。

セット割が適用できるスマホキャリアと光回線は決まっており、例えば以下のような組み合わせがあります。

<スマホキャリア別のおすすめ光回線>
スマホキャリア セット割が使える光回線 スマホの割引額
ドコモ ドコモ光 550〜1,100円
au auひかり 550~1,100円
So-net光プラス
@nifty光
ビッグローブ光 550〜1,320円
ソフトバンク NURO光 1,100円
ソフトバンク光
ワイモバイル ソフトバンク光 550〜1,188円

上記以外にも、格安スマホとセット割が適用できる光回線もあるので、まずは利用中のスマホキャリアとのセット割が使える光回線はあるか、確認してみましょう。
また、楽天ひかりの場合はセット割はありませんが、楽天モバイルとセットで申し込むことでネット代が1年間無料になります。

戸建てで光回線を選ぶときのセット割以外のポイントや、各光回線の料金・速度などの違いについて、ここから詳しく解説していきます。

戸建ての光回線を選ぶときのポイントは3つ

戸建てで光回線を選ぶときのポイントは、おもに3つあります。

戸建てで光回線を選ぶときの3つのポイント

  • スマホとのセット割が使えるか
  • IPv6に対応しているか
  • プロバイダ代理店によってキャンペーンなどの違いはあるか

通信費がお得になるセット割のほか、通信速度キャンペーンも重要です。
それぞれのポイントについて、次から詳しく見ていきましょう。

比較ポイント①スマホとのセット割が使えるか

セット割とは、スマホと光回線を合わせて契約することで、スマホ代が割引になるサービスです。

割引額や対象のプランは光回線によって異なります
例えばスマホ代が毎月1,100円割引になる場合、家族4人で同じスマホキャリアとプランを利用していれば、毎月4,400円の割引になり、年間で52,800円も安くなる計算に。通信費の大幅な節約に繋がります。

セット割が適用できるスマホキャリアと光回線の組み合わせは決まっているので、まずは自分のスマホとセット割が使える光回線はあるか、確認してみましょう。

比較ポイント②IPv6に対応しているか

光回線の通信速度を重視したい場合は、次世代通信規格であるIPv6対応かどうかも重要です。

IPv6(IPoE方式)とは

IPv6(IPoE方式)とは、より高速で安定したインターネット接続方式のことです。

これまでは「IPv4(PPPoE方式)」接続が主流でしたが、利用者が増えると回線が混雑し、速度が低下することがありました。 一方で「IPv6(IPoE方式)」接続は混雑している回線を避けて通信ができるため、利用者が増えても通信速度が安定するといわれています。

ひとつの回線を複数の家で共有するマンションとは異なり、戸建ては回線を独占できるため比較的速度が低下しにくいといわれています。しかし平日の夜など回線が混雑する時間帯は、速度が落ちる場合も。

特にフレッツ光や光コラボレーションは利用者が多く、回線が混雑しやすいため、IPv6に対応しているところを選ぶとよいでしょう。 現在は多くの光回線がIPv6に標準対応していますが、フレッツ光のように無料オプションに申し込みが必要な場合もあるので確認が必要です。

光コラボレーション(光コラボ)とは

さまざまな事業者がフレッツ光の回線を借りて、自社独自のサービスと組み合わせて光回線サービスを提供するモデルのことです。

なお、auひかり、NURO光など、フレッツ光回線以外の独自回線を保有している光回線は、回線が混雑しにくく通信速度も比較的安定しやすいといわれています。ただし、提供エリアが限定されていることもあるので、導入を検討する際はまずエリアを確認してみましょう。

比較ポイント③プロバイダや代理店によってキャンペーンなどの違いはあるか

光回線を申し込む際は、テプロバイダ選びも重要になります。

そもそもプロバイダとは、ユーザーが回線を通してインターネットに繋げるようにするための窓口のこと。光回線でインターネットに繋ぐためには、回線事業者とプロバイダ、両方との契約が必要になります。

回線事業者とプロバイダの役割図

近年では回線事業者とプロバイダがセットになった「プロバイダ一体型」の光回線サービスが主流になっています。一体型でもプロバイダを複数から選べる場合があり、プロバイダによってサービスや料金に少しずつ違いがあります

プロバイダ独自の新規申し込みキャンペーンを行っている場合もあるので、各社の特典を見比べて選びましょう。

また、申し込み窓口はプロバイダのほか、光回線の公式サイト、家電量販店などの実店舗、ネット代理店などの選択肢があります。プロバイダが選べない場合は、代理店からの申し込みがおすすめです。

代理店も公式とは別に、高額キャッシュバックなどの独自のキャンペーンを行っていることが多いため、代理店経由で申し込むだけでお得になります。ただし、代理店によってはキャンペーンの適用条件として有料オプションへの加入が必要になる場合もあるので注意しましょう。

光回線6社の料金・速度・キャンペーンを徹底比較!

ここからは、戸建てでおすすめの光回線6社を紹介していきます。
まず各社の料金と通信速度などを比較してみましょう。

<おもな光回線の戸建て料金・速度比較(税込)>
光回線サービス 提供エリア スマホとのセット割 月額料金 ※1 最大通信速度 平均速度※3 初期費用
事務手数料 工事費
ドコモ光 全国 ドコモ 5,720円 1Gbps 245.89Mbps 3,300円 無料
auひかり 北海道・東北・関東・中国・四国・九州 au 5,610円 1Gbps 378.11Mbps 3,300円 41,250円
(実質無料)
ソフトバンク光 全国 ソフトバンク 5,720円 1Gbps 299.71Mbps 3,300円 26,400円
NURO光 北海道・関東・東海・関西・九州 ソフトバンク 5,200円 2Gbps 480.64Mbps 3,300円 44,000円
(実質無料)
So-net光プラス 全国 au 6,138円 1Gbps 284.35Mbps 3,300円 26,400円
(実質無料)
楽天ひかり 全国 3,080円 ※2 1Gbps 188.33Mbps 880円 19,800円

※ 2021年8月時点の内容
※1  定期契約プランの初年度の料金(2年または3年から選べる場合は3年契約プランの料金)
※2 公式サイトの月額料金割引特典を適用した場合の初年度の料金。通常は月額5,280円
※3 平均速度は2021年7月20日時点、「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載しています。

実際に自分に合った光回線を選ぶときには、まず提供エリアとスマホのセット割を基準に、月額料金、通信速度、キャンペーンなど重視したいポイントで見比べてみましょう。

光回線を選んだあとは、プロバイダや代理店など申し込み窓口の比較も大切です。
申し込み窓口は、特にキャッシュバック金額が大きいところがおすすめ
ただし、キャッシュバックの適用条件や受け取り時期には注意が必要です。

各光回線ごとの申し込み窓口のキャンペーン内容を、ここから詳しく紹介していきます。

ドコモユーザーならドコモ光一択!

ドコモ光は、NTTドコモが提供する光コラボレーションモデルの光回線サービスです。

<ドコモ光の概要(税込)>
提供エリア 全国
月額料金(戸建て) 5,720円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 無料
最大速度 1Gpbs
契約期間 2年
違約金(戸建て) 14,300円

スマホキャリアがドコモの場合、セット割が使えるのはドコモ光のみとなっています。
スマホの割引額はプランによって異なり、「ドコモのギガプラン」の場合は毎月1,100円永年割引に。もちろん家族にも適用可能です。

また、2021年8月現在、工事費無料のキャンペーンを行っており、初期費用を抑えることができます。

プロバイダは24社から選ぶことができ、大きくタイプAとタイプBに分けられます。
おすすめは月額料金が220円安いタイプA

タイプAは16社あり、サービスやキャンペーンの特典が異なります。タイプAの人気プロバイダ3社の特典を比較してみましょう。

<ドコモ光のプロバイダ特典比較>
特典 GMOとくとくBB @nifty ビッグローブ
Wi-Fiルーター特典 レンタル料永年無料 レンタル料永年無料 ※1 レンタル料永年無料
セキュリティサービス 最大12ヵ月無料
(通常月額550円)
最大12ヵ月無料
(通常月額550円)
最大6ヵ月無料
(通常月額418円)
キャッシュバック 最大20,000円 最大20,000円
キャッシュバック
受け取り時期
最短開通から
5ヶ月目の末日
開通月を含む12ヵ月目
その他特典 訪問設定サポート
初回無料
訪問設定サポート
初回無料
訪問設定サポート
初回無料

※ 2021年8月時点 ※1 Wi-FiルーターまたはWi-Fi中継器から選択

今回比較した結果、最もお得なプロバイダはGMOとくとくBBでした。
@niftyの特典とあまり変わらないように見えますが、GMOとくとくBBのほうがキャッシュバックの受け取り期間が短く、無料のレンタルルーターもより高性能で3種類から選べるため、@niftyよりおすすめです。

ドコモ光

ドコモユーザー必見!高品質ルーターが無料レンタル

  • ドコモユーザーなら、スマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 20,000円キャッシュバック&dポイント2000ptプレゼント
  • 新規工事費無料&最新型Wi-Fiルーターのレンタル無料
20,000円のキャッシュバックはこちらから

auユーザーなら独自回線のauひかり

auひかりは、KDDIが提供する光回線サービスです。
自社の独自回線を保有しているため、比較的通信速度が安定しやすいという特徴があります。

<auひかりの概要(税込)>
提供エリア 北海道・東北・関東・中国・四国・九州
月額料金(戸建て) 5,610円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 41,250円(実質無料)
最大速度 1Gpbs
契約期間 3年
違約金(戸建て) 16,500円

auのセット割「auスマートバリュー」により、スマホ代が毎月最大1,100円割引になります。
ひかり電話(月額550円)への加入が必須となりますが、ネット+電話の申し込みで工事費も実質無料になるので、セットで申し込んだほうがお得になります。

プロバイダは8社から選ぶことができ、それぞれのサイトから申し込むと独自のキャンペーン特典を受けることができます。今回は以下の大手プロバイダ3社を比較してみました。

<auひかりのプロバイダ特典比較>
特典 GMOとくとくBB So-net ビッグローブ
Wi-Fiルーター特典 高性能Wi-Fiルータープレゼント
セキュリティサービス 最大12ヵ月無料
(通常月額550円)
最大12ヵ月無料
(通常月額550円)
最大6ヵ月無料
(通常月額418円)
キャッシュバック 最大61,000円 58,000円 ※1 55,000円 ※2
キャッシュバック
受け取り時期
開通月を含む
11ヶ月目と23ヶ月目の末日
利用開始から
10ヵ月後の15日から45日以内
開通月の翌月を
1ヵ月目として11ヶ月目と
24ヶ月目の2日から45日以内
その他特典 auひかり電話が
最大36ヵ月無料
auひかり電話が
最大35ヵ月無料
auひかり電話が
最大35ヵ月無料

※ 2021年8月時点
※1 標準プランは対象外。キャッシュバックまたは月額料金最大2,567円割引から選択
※2 キャッシュバックまたは月額料金最大770円割引から選択

おすすめは、キャッシュバック金額が最も大きいGMOとくとくBBです。高性能Wi-Fiルータープレゼント、ひかり電話が36ヶ月無料とうれしい特典が多く、auひかりをよりお得に利用できます。

auひかりxGMOとくとくBB 最大6万1,000円キャッシュバック

auひかり

割引やキャッシュバックが充実しているのが特徴で、auスマートバリューならauのスマホ代が1台あたり毎月1,100円割引、工事費実質無料。
最大61,000円キャッシュバック。

ソフトバンク&ワイモバイルユーザーならソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する光回線サービスです。
光コラボレーションモデルのため、全国の広い範囲で利用することができます。

<ソフトバンク光の概要(税込)>
提供エリア 全国
月額料金(戸建て) 5,720円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
最大速度 1Gpbs
契約期間 2年
違約金 10,450円

セット割はソフトバンクのほか、ワイモバイルにも適用できます。
ソフトバンクは毎月最大1,100円、ワイモバイルは毎月最大1,188円がスマホ代から割引され、通信費が安く抑えられます。

セット割適用にはオプション(月額550円)への加入が必須となりますが、IPv6方式の高速通信や無線LAN通信、固定電話が使えるようになる便利なオプションなので、加入しても損はないでしょう。

なお、プロバイダはYahoo!BBのみで選ぶことはできません。

2021年8月現在、公式サイトでは他社からの乗り換えで開通工事費キャッシュバック、違約金満額還元のキャンペーンを実施中です。
さらに代理店経由で申し込むと、キャッシュバックなど代理店独自のキャンペーン特典を受けることができます。

オプション加入などの条件がない代理店3社のキャッシュバック特典を比較してみましょう。

<ソフトバンク光の代理店特典比較>
特典 NEXT エヌズカンパニー NNコミュニケーションズ
キャッシュバック 37,000円
または
32,000円

Wi-Fiルーター進呈※1
37,000円
または
32,000円

Wi-Fiルーター進呈
最大38,000円
キャッシュバック
受け取り時期
開通月の翌々月末 課金開始月の
翌々月末
課金開始月の
翌々月末
適用条件
  • 申込月を含む
    6ヵ月以内に開通し、
    8ヵ月以上継続利用する
  • 申込日から
    1ヵ月以内に支払方法の登録を完了する
  • 申込月を含む
    6ヵ月以内に開通し、
    6ヵ月以上継続利用する
  • 申込日から
    30日以内に支払方法の登録を完了する
  • 申込月を含む
    6ヵ月以内に開通し、
    6ヵ月以上継続利用する
  • 申込日から
    90日以内に支払方法の登録を完了する
  • おうち割 光セット
    または
    光BBユニットレンタル(有料)の
    同時申し込み

※2021年8月時点。いずれもフレッツ光からの転用、他の光コラボからの事業者変更の場合は金額が異なる
※1 Nintendo Switchプレゼントも選択可(5年プラン限定)

おすすめの代理店は、株式会社NEXTです。
エヌズカンパニーと特典内容はほぼ変わりませんが、NEXTは取次品質やお客様対応品質の高さでソフトバンクからの表彰歴も多いため、より安心できるといえるでしょう。

ソフトバンク光

ソフトバンクユーザー必見!3つの選べるキャンペーンがおすすめ

  • ソフトバンクユーザーならスマホ1台につき毎月最大1,100円割引
  • 選べる特典で最大36,000円のキャッシュバック
  • 他社回線から乗り換えで工事費実質無料、撤去工事費も最大100,000円まで負担
最大36,000円のキャッシュバックはこちらから

業界最速クラスのNURO光はソフトバンクとのセット割も使える

NURO光は最大通信速度2Gbpsを誇る光回線サービスです。
2021年8月に料金プランが刷新され、よりお得な3年契約プランと、セキュリティサービス付の2年契約プランが登場しました。

<NURO光の概要(税込)>
提供エリア 北海道・関東・東海・関西・九州
月額料金(戸建て) 5,200円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
最大速度 2Gpbs
契約期間 3年
違約金 10,450円

ソフトバンクとのセット割が適用され、毎月最大1,100円がスマホ代から割引されます。
ただし、NURO光 でんわ(北海道・関東は月額550円、東海・関西・中国・九州は月額330円)への加入が必須となるほか、ワイモバイルにはセット割が適用されません

プロバイダはSo-netのみ
代理店からの申し込みも可能ですが、最もおすすめなのは公式サイトからの申し込みです。
公式サイトとおもな代理店の特典を比較してみましょう。

<NURO光の代理店特典比較>
特典 公式サイト 価格.com ライフサポート
工事費無料
キャッシュバック 45,000円 96,000円 36,000円
キャッシュバック 受け取り時期 開通月から
6ヶ月後
開通月から
11ヵ月後と23ヵ月後の中旬
最短開通月から
6ヵ月後
適用条件
  • NURO 光 G2T/G2D(※1)新規入会
  • 申し込みから12ヵ月後の月末までに開通し、支払い方法の登録も完了させる
  • キャッシュバック受け取りまでNURO光を継続利用する
  • 対象プランはNURO 光 G2Dのみ
  • 申し込み月+12ヵ月後の月末までに開通する
  • キャッシュバック受領までNURO光を継続利用する
  • 申し込みから90日以内に開通し、開通から21日以内に料金の支払情報の登録を行う
  • 5ヵ月間以上該当サービスを継続して利用する
その他特典 設定サポートサービス無料 利用開始翌月から11ヵ月間 2,002円割引

※2021年8月時点
※1 NURO光 G2T=3年契約プラン(月額料金5,200円)、NURO光 G2D=2年契約プラン(月額料金5,700円)

価格.comはキャッシュバック金額が大きいですが、月額料金が高い2年プランのみ対象、工事費は無料にならない、受け取りが2回に分かれるなどのデメリットがあります。

一方、公式サイトから3年プランも対象となり、キャッシュバックは1回、工事費無料や無料設定サポートが付くなど、特典が非常に充実しています。 また、キャッシュバックとは併用できませんが、1年間月額980円、他社からの乗り換えで発生する費用を最大60,000円補填などのキャンペーンも行っています(2021年8月時点)。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

So-net光プラスは月額料金が安いうえにauスマートバリューも適用

So-net光プラスは、大手プロバイダのSo-netが提供する光コラボレーションモデルの光回線サービスです。

<So-net光プラスの概要>
提供エリア 全国
月額料金(戸建て)※ 6,138円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円(実質無料)
最大速度 1Gpbs
契約期間 3年
違約金 20,000円

※ 公式サイトから申し込んだ場合

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用可能で、スマホ代が毎月最大1,100円割引に。
光電話への加入が必要になりますが、家族にも適用されるので、auのスマホユーザーが多ければ多いほどお得になります。

プロバイダはSo-netの1社のみですが、総合セキュリティ「S-SAFE」が標準整備されているなど、大手プロバイダならではのサービスや特典が充実しています。

申し込みは公式サイトからがおすすめです。
高額キャッシュバックはありませんが、月額料金の割引額が大きいため、実質の負担額はキャッシュバックより安くなります。

<So-net光プラスの代理店特典比較>
特典 公式サイト NEXT BIGUP
月額料金割引 最大4,148円割引※1
キャッシュバック 最大40,000円 ※2 最大40,000円 ※2
キャッシュバック 受け取り時期 支払い情報登録の確認が取れた月の翌々月末 支払い情報登録の確認が取れた月から最短2ヵ月後
適用条件
  • 申し込みから6ヵ月後の月末までに利用を開始する
  • 申し込み月を含む6ヵ月目の月末日までに開通し、開通から8ヵ月以上継続利用する
  • 支払い情報登録を開通から14日以内に行う
  • 申し込み月を含む6ヵ月目の月末日までに開通し、開通から8ヵ月以上継続利用する
  • 支払い情報登録を開通から14日以内に行う
その他特典
  • Wi-Fiルーターレンタル永年無料
  • 訪問設定サポート無料
  • Wi-Fiルーターレンタル12ヵ月無料
  • Wi-Fiルーターレンタル12ヵ月無料

※ 2021年8月時点
※1 1ヵ月目4,148円割引、2〜12ヵ月目3,884円割引、13〜36ヵ月目726円割引
※2 キャッシュバックのうち20,000円はSo-net光プラスの公式特典のため、受け取り時期や条件は異なる

また、公式サイトからの申し込みでWi-Fiルーターレンタルが永年無料、インターネットやパソコンのサポートが12ヶ月無料、ネット詐欺・情報漏洩対策が12ヶ月無料、ネット詐欺・情報漏洩対策が12ヵ月無料など、幅広い特典で安心して利用することができます。

So-net光プラス

月額料金も安く、総合セキュリティソフト無料、専門スタッフによる訪問設定サポートなど、サポートも充実した光回線。
工事費相当額は月額料金から分割割引されているので実質無料。さらに、auスマホユーザーなら1台あたり毎月1,100円割引。

楽天ひかりは楽天モバイルとセットで1年間無料に

楽天ひかりも光コラボレーションモデルの光回線サービスです。
フレッツ光回線のため全国で利用することができ、もちろんIPv6にも対応しています。

<楽天ひかりの概要(税込)>
提供エリア 全国
月額料金(戸建て) 1年目 3,080円
2年目以降 5,280円
初期費用 契約事務手数料 880円
工事費 19,800円
最大速度 1Gpbs
契約期間 3年
違約金 10,450円

※ 公式サイトからネットのみを申し込んだ場合

スマホとのセット割はありませんが、2021年8月現在のキャンペーンにより、楽天モバイルとセットで申し込むと楽天ひかりの月額料金が1年間無料になります。
また、楽天モバイルユーザー以外でも1年間は3,080円で利用できるので非常にお得です。

プロバイダは楽天ブロードバンドの1社
以前は代理店経由の申し込みキャンペーンも行っていましたが、現在は公式サイトまたは店頭での申し込みのみとなっています。

お伝えした通り、公式サイトの「UN-LIMITキャンペーン」により1年間はネット代が無料または大幅割引されるため、この期間を逃さず申し込みましょう。

<楽天ひかり UN-LIMITキャンペーンの特典内容>
特典 楽天ひかりのみ 楽天ひかり+楽天モバイル
月額料金 1年目3,080円
2年目以降 5,280円
1年目無料
2年目以降 5,280円
適用条件
  • 申し込みから4ヵ月後の月末までに利用を開始する
  • 申し込みから4ヵ月後の月末までに利用を開始する
  • 楽天ひかりの申し込み翌月の15日までに楽天モバイルに申し込む(申し込み時点で楽天モバイル利用開始済みの場合は不要)

※ 2021年8月時点

なお、楽天モバイルはデータ使用量が1GB以下であれば無料、20GBまでなら2,178円、無制限でも月々3,278円ととてもお得に利用できるので、楽天ひかりの申し込みに合わせてスマホの乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

戸建ての光回線選びの注意点

最後に、戸建てで光回線を選ぶ前に知っておきたい注意点をまとめてご紹介します。

戸建てならではのポイントを事前にチェックしておくことで、より快適にインターネット通信を楽しむことができます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

工事は絶対必要?マンションより時間や費用がかかる

戸建てで光回線を初めて導入する場合、開通工事が必要になります。
賃貸の場合はすでに光回線が導入されていることもあるので、大家さんや管理会社に確認してみましょう。

開通工事は、電柱や地下に張り巡らされている光ファイバーケーブルを宅内に引き込むためのものです。宅外、宅内での作業があり、基本的に立ち合いが必須となります。

申し込みから利用開始までには、通常1~2ヶ月程度度かかります。
引っ越しシーズンなどはさらにかかることもあるので、導入を決めたらできるだけ早めに申し込みましょう。

なお、戸建てとマンションでは工事にかかる費用や期間が異なります。
一般的に戸建てのほうが工事に時間がかかり、工事費や月額料金も少し高くなる傾向にあります。

マンションはまず共有部分に光ファイバーを導入し、そこから各戸に回線を延ばすという方法になりますが、戸建ては光ファイバーをひとつの住宅に個別に導入するため、手間がかかり工事費や月額料金がマンションより高くなるのです。

しかし手間がかかる分、回線を共有するマンションより戸建てのほうが通信速度が安定しやすいというメリットがあります。

テレビや電話とまとめるとよりお得!対応しているか事前にチェック

戸建てで固定電話や光テレビを利用する場合は、光回線と併せて申し込むのがおすすめです。

多くの光回線では、光電話や光テレビをオプションとしてつけられるため、通常より安く利用することができます。 電話やテレビも新設工事が必要にはなりますが、工事費も光回線と同時申し込みしたほうが安く済む、または無料になることが多いため、いずれ導入を予定しているのであれば併せて申し込んだほうがお得といえるでしょう。

光テレビでは各光回線の専用チャンネルや地デジ、BS・CSなどがアンテナなしで観られるので、家族でいろいろなコンテンツを楽しみたい人におすすめ。もちろん複数台のテレビで同時視聴も可能です。

なお、オプション料金やサービス内容は、光回線により異なります。auひかりは地デジが観られないなど、それぞれ対応しているサービスの範囲に違いがあるので、事前に確認しておきましょう。

また、固定電話をNTTから光電話に切り替える場合、電話番号が引き継げるかどうかも光回線によって異なります。

家中でインターネットを使うならWi-Fiルーターは必須

戸建ての場合は、家の中の違う場所で複数人が同時にインターネットを利用する場面が多いですよね。家族みんなが同時に無線通信ができるように、Wi-Fiルーターもあらかじめ用意しておきましょう。

前述の通り、IPv6対応の高速通信を無線でも楽しむには、Wi-FiルーターもIPv6対応のものを選ぶ必要があります。個別に用意するのが面倒という場合は、Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるプロバイダを選ぶとよいでしょう。

また、戸建てでは一部の場所にWi-Fiの電波が届きにくいこともあります。
Wi-Fiが繋げない、または通信速度が著しく低下する場合は、中継器を設置するのがおすすめです。

中継器とは

中継器とは、Wi-Fiの電波をより広範囲に飛ばすための機器です。
Wi-Fiルーターと接続端末の中間に置くことで、通常は届かない場所までWi-Fiの電波を届けることができます。

例えばWi-Fiルーターが1階にある場合、2階に中継器を置くと家の隅々までWi-Fiの電波を広げることができます。中継器はWi-Fiルーターから近すぎても遠すぎても効果を発揮しないので、調整しながらベストな設置場所を探してみましょう。

まとめ

戸建ての光回線はマンションより月額料金が高めですが、その分通信速度が安定し、快適なインターネット通信を楽しむことができます。
料金をより抑えたい場合は、スマホとのセット割やお得なキャンペーンで選ぶとよいでしょう。

キャンペーンはプロバイダや代理店によっても異なるので、高額キャッシュバックや工事費無料など、各社の特典をよく比較して選ぶことが大切です。

また、家中で家族が同時にインターネットを利用できるように、IPv6対応のWi-Fiルーターも忘れずに用意しておきましょう。

  • 戸建ての光回線はスマホとのセット割を基準に選ぶ
  • 速度重視の場合はIPv6対応の光回線や独自回線がおすすめ
  • プロバイダによって料金やサービスが異なる場合もある
  • 申し込み窓口はキャッシュバックなどのキャンペーン特典を比較して選ぼう
  • 特に高額キャッシュバックを行っているネット代理店が狙い目

Related Posts

もっと見る

Popular Posts

Clients

クライアント一覧