フレッツ光とNURO光はどっちがおすすめ?料金・速度・工事の3つで比較!

フレッツ光とNURO光はどっちがおすすめ?料金・速度・工事の3つで比較!

通信速度が速い光回線サービスとして知られるNURO光。
一方、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光は、大手だからこその安心感がありますよね。
新しくネット回線を引く場合、乗り換える場合にはどちらを選ぶのがお得でしょうか?

今回は料金、速度、開通工事の3つの面からフレッツ光とNURO光を徹底比較しました。
現役ユーザーの評価やキャッシュバックキャンペーンについても紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

【結論】速度・料金を重視する人はNURO光がおすすめ

結論から述べると、速度や料金の安さを重視する人はNURO光がおすすめです。

NURO光はこんな人におすすめ

  • ネットの速度を改善したい
  • 料金を安くしたい
  • スマホキャリアがソフトバンク
  • 開通工事に多少時間がかかってもよい

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

一方で、NURO光には、提供エリアが限られている、開通工事に時間がかかる、プロバイダが選べないという特徴もあります。そうした点を考慮すると、次のような人はフレッツ光を選んだほうが良いでしょう。

フレッツ光はこんな人におすすめ

  • NURO光の提供エリア外に住んでいる
  • できるだけ早くネットを開通させたい
  • プロバイダを自由に選びたい

では、フレッツ光とNURO光のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

そもそもフレッツ光とNURO光の違いは?回線の仕組みやエリアに違い

フレッツ光はNTT東日本/西日本が提供する標準的な光回線サービス。
それに対してNURO光は、独自回線を使った光回線サービスです。

独自回線とは

NTTのフレッツ光回線とは別に設けられた、事業者独自の光回線のことです。
ほかの光回線サービスと回線を共有していないため、通信環境は比較的安定しています。

独自回線であるNURO光の最大のメリットは通信速度の速さ。
後ほど解説しますが、速さは光回線サービスのなかでもトップクラスです。その代わり、開設にあたっては2回の開通工事が必要になります。

また、NURO光はプロバイダ一体型のサービスであることも、フレッツ光との大きな違いです。

プロバイダとは

光回線を保有・提供している回線事業者(NTTなど)とインターネットを繋ぐための窓口のこと。フレッツ光で光回線を利用するためには回線事業者とプロバイダ、両方と個別に契約する必要がありますが、 NURO光はプロバイダとセットで契約することができます。

フレッツ光はプロバイダ料を別途支払う必要がありますが、NURO光は月額料金にプロバイダ料が含まれています。料金体系がスッキリしていてわかりやすいのは、うれしいポイントですね。

ただし、NURO光のプロバイダはSo-netの1社しかありません。フレッツ光のプロバイダは300社以上あるため、プロバイダを自由に選びたい人はフレッツ光がおすすめです。

まずはNURO光の提供エリアかどうかを確かめよう

フレッツ光は全国の広い範囲で利用できますが、NURO光のサービス提供エリアは限定されています。まずは自分の住んでいる地域が対象かどうかを確かめましょう。

<NURO光のサービス提供エリア>
北海道エリア 北海道
関東エリア 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
東海エリア 愛知/静岡/岐阜/三重
関西エリア 大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
九州エリア 福岡/佐賀

※ 一部地域を除く

上の表に記載されている都道府県でも一部、対応エリア外になる地域があります。NURO光のエリア検索で郵便番号を入力すれば、自宅が対応エリアかどうかを確認できます。

なお、NURO光のTV視聴サービス「ひかりTV for NURO」は北海道、九州、一部の東海・関西エリアでは使えないので注意が必要です(2021年9月時点)。

フレッツ光とNURO光の料金・速度・工事を徹底比較!

ここからは、①料金、②速度、③工事の3つのポイントでフレッツ光とNURO光を比較していきます。
自分が重視するポイントはどこなのかを考慮したうえでサービスを選びましょう。

比較① 料金|月額料金が安いのはNURO光

フレッツ光とNURO光、月額料金が安いのはどちらでしょうか?2社の料金を見比べてみましょう。

なお、フレッツ光はNTT東日本と西日本で運営会社が異なり、料金やサービスも少し異なっています。

<フレッツ光とNURO光の料金比較>
項目 フレッツ光ネクスト
(NTT東日本)
フレッツ光ネクスト
(NTT西日本)
NURO光
月額基本料金
(戸建てタイプ)
6,270円

プロバイダ料836円〜
5,203円

プロバイダ料836円〜
5,200円
月額基本料金
(マンションタイプ)
3,685〜4,785円

プロバイダ料583円〜
3,448~4,779円

プロバイダ料583円〜
5,200円
スマホセット割の割引料金 なし 毎月最大1,100円
(ソフトバンク)
契約事務手数料 880円 3,300円
工事費 戸建て19,800円
マンション16,500円
44,000円
(実質無料)

※ フレッツ光ネクスト(東日本)はWi-Fiルーター付きの「ギガスマートタイプ」の料金
※ NURO光の月額料金は3年契約のG2Tプランの場合

戸建ての場合、フレッツ光はプロバイダ料込みで6,039円〜、NURO光は5,200円。
戸建ての月額料金はNURO光のほうが安いことがわかります。

マンションではどうでしょうか。フレッツ光の月額料金は、同じ建物内での契約者数によって大きく変動します。そのためフレッツ光とNURO光のどちらが安いかは、一概にはいえません。しかし、オプション料金などを考慮すると、マンションでもNURO光が安くなるケースが多いのが実情です。

まず月々のプロバイダ料。主要なプロバイダではhi-hoが月額539円、exciteが月額550円と割安ですが、それ以外のプロバイダの価格帯はおもに月額748〜1,045円です(※)。
NURO光はプロバイダ料が基本料金に含まれているため、ここで差がつきやすくなります。

※ ただし特典により開通1〜2年目などには割引される場合がある

もうひとつのポイントが、自宅で無線LANを使う場合に必要なWi-Fiルーターです。
NURO光では、Wi-Fi機能を内蔵したONUが無料レンタルできるため、追加料金がかかりません。

ONUとは

ONUとは、光回線を利用するのに必要な装置です。自宅に引き込んだ光ファイバーからの信号を、インターネットの接続に必要なデジタル信号に変換します。モデムやルーターとは異なりますが、機器によってはルーターを内蔵しているONUもあります。

これに対してフレッツ光は、料金プランによってWi-Fiルーターがつく場合とつかない場合があります。

NTT東日本の「ギガスマートタイプ」はWi-Fiルーターが無料レンタルできますが、それ以外のフレッツ光のプランにはWi-Fiルーターがつきません。そのため、無線LANを使用するにはホームゲートウェイ(ルーター)と無線LANカードを有料レンタルする必要があります。

<ホームゲートウェイ(ルーター)+無線LANカードのレンタル料>
フレッツ光
(NTT東日本)
月額825円
フレッツ光
(NTT西日本)
月額275~550円(※〕

※ ひかり電話(月額550円)と合わせて申し込む場合は月額110円

さらに、フレッツ光は工事費が16,500〜19,800円かかるため、その分割支払いが月々の料金に加算されますが、NURO光は31ヵ月以上の利用で工事費が実質無料になります。(※2021年7月1日以前の契約の場合)

このような追加料金を考慮すると、マンションでもNURO光のほうが安くなるケースが多いといえるでしょう。

とはいえ、後ほど解説する「にねん割」「光はじめ割」などの割引によっても料金は変わるため、フレッツ光のほうが安くなるケースもあります。契約に際しては、料金プランや割引の詳細をしっかり確認しておきましょう。

NURO光はソフトバンクスマホとのセット割が使える

NURO光のもうひとつのメリットは、スマホのセット割があることです。

ソフトバンクのユーザーなら、NURO光の契約とともに「おうち割 ひかりセット」に申し込めば、スマホの月額料金が最大1,100円割引されます。家族も割引対象になるため、使い方次第では月々の通信費を大きく削減することができるでしょう。

なお、スマホのセット割を適用するには、NURO光でんわの加入が必須(料金は北海道・関東は月額550円、東海・関西・九州は月額330円)。また、ワイモバイルとnuroモバイルはセット割の対象にならないので注意が必要です。

一方、フレッツ光にはスマホとのセット割がありません。もしドコモ・auのユーザーでセット割を使いたいという人は、ドコモ光やauひかりという選択肢もあります。

<フレッツ光とドコモ光、auひかりの料金比較>
項目 フレッツ光
(NTT東日本)
フレッツ光
(NTT西日本)
ドコモ光 auひかり
月額料金
(戸建てタイプ)
6,270円

プロバイダ料
836円〜
5,203円

プロバイダ料
836円〜
5,720円 6,160円
月額料金
(マンションタイプ)
3,685〜4,785円

プロバイダ料
583円〜
3,448~4,779円

プロバイダ料
583円〜
4,400円 4,730円
スマホセット割
の割引料金
なし 毎月最大1,100円
(ドコモ)
毎月最大1,100円
(au)
契約事務手数料 880円 3,300円 3,300円
工事費 戸建て19,800円
マンション16,500円
実質無料 実質無料

ドコモ光とauひかりは、NURO光と同じくセット割でスマホの月額料金が最大1,100円割引されます。
これを上手に使えば、フレッツ光と比べて通信費を安くおさえることができます。

割引・キャンペーンはどっちが充実?NURO光は45,000円のキャッシュバックも!

フレッツ光とNURO光の、割引・キャンペーンについてもチェックしておきましょう。

フレッツ光のおすすめ割引

にねん割
NTT東日本の割引サービス。戸建ては月額770円割引、マンションは月額110円割引。利用期間は2年単位。中途解約金あり。
ギガスマート割引
NTT東日本の「ギガスマートタイプ」に新規で申し込み、さらに「にねん割」に申し込むと適用される割引サービス。戸建ては月額412.5円割引、マンションは月額275円割引。期間は24ヵ月。
光はじめ割
NTT西日本の割引サービス。開通月から2年目まで、戸建ては月額1,210円割引、マンションは月額495円割引。さらに3年目以降は割引額が増える。中途解約金あり。

※ 割引は2021年9月時点のキャンペーン内容

戸建ての場合、NTT東日本の「にねん割」+「ギガスマート割引」は月額1,182円割引、NTT西日本の「光はじめ割」は月額1,210円割引になります。これはメリットが大きいですね。どちらも申し込みが必要なサービスなので、忘れずに手続きを行いましょう。

一方、NURO光は新規入会キャンペーンが非常に充実しています。

NURO光のおすすめキャンペーン

45,000円のキャッシュバック
公式特設サイトからの加入で、開通から6ヵ月後に45,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーン。オプション加入は不要。
1年間 月額980円
月額料金が1年間980円になるキャンペーン。通常料金より月額4,237円割引。キャッシュバックとの併用はできない。

※ 割引は2021年9月時点のキャンペーン内容

NURO光の公式キャンペーンは、どれを選んでも「工事費実質無料」と「インターネットなどの設定サポート1回無料」がオプションとしてつきます。これも見逃せないポイントですね。

比較②速度|NURO光の通信速度は光回線サービスで最速!

フレッツ光とNURO光の通信速度には、違いがあるのでしょうか?

フレッツ光の最大通信速度は1Gbps(※プランによっても異なる)。それに対して、NURO光の最大通信速度は2Gbpsです。ただし、これは理論上の数値のため、実際の通信では平均通信速度がより重要になります。

<インターネットで必要な通信速度の目安>
用途 必要な通信速度
WEBサイトの閲覧 約10~30Mbps
動画再生 約10〜30Mbps
オンラインゲーム 約100Mbps

上の表のように、動画再生であれば約30Mbps、オンラインゲームであれば約100Mbpsの通信速度が出ていれば、おおむね快適に利用できます。

下りの平均通信速度の実測値で比較すると、NURO光は473.12Mbps、フレッツ光ネクストは245.47Mbpsです(※)。

※ 平均速度は2021年6月24日現在、「みんなのネット回線速度」に投稿された平均値を記載

通信速度の比較では、評判通り、NURO光のほうが速いという結果になりました。とはいえ、フレッツ光も十分な通信速度が出ていますから、通常のネット利用では問題ないといえるでしょう。

なお、フレッツ光には、最大通信速度10Gbpsのフレッツ光クロスもあります。こちらは下りの平均通信速度が919.49Mbpsと、圧倒的な速さ。提供エリアは東京23区、名古屋市、大阪市などに限られていますが、速さを何より重視する人は検討する価値ありです(月額料金6,930円)。

比較③開通工事|開通工事はフレッツ光のほうが手間がかからない

NURO光の弱点として、開通工事に時間がかかることが挙げられます。

通常、光回線サービスの開通工事は1回で済みますが、NURO光の場合は宅内工事と屋外工事の2回
どちらの工事も立ち合いが必要です。戸建ての場合、開通までにおおむね1〜2ヵ月程度かかります。

ただし、NURO光には工事期間中のポケットWi-Fiレンタルサービスがあるので、ネットが開通するまではポケットWi-Fiを利用できます(利用料は初月980円〜)。

ポケットWi-Fiとは

ポケットWi-Fiとは無線通信ができる端末のことです。スマホと同じように外の電波を受信することで、インターネット通信ができるようになります。

これに対して、フレッツ光の工事は1回のみ。開通までにかかる期間は2週間程度です。
とにかく早くネットを開通させたい人は、フレッツ光を選ぶのがおすすめです。

フレッツ光、NURO光のユーザー満足度は?

NURO光とフレッツ光のユーザー各15名にアンケートを実施した結果、NURO光の平均満足度は4.20、フレッツ光の平均満足度は3.80でした(※最高点5.00点での評価)。

それぞれのユーザーの口コミを見てみましょう。

NURO光の口コミ

良い点

同じ家でYouTubeやHulu、DAZNなどの動画を同時に3人視聴していてもまったく止まりません。オンラインゲームもサクサク動きます。

44歳/女性

良い点

通常の光回線を使用していた頃よりネットの速度は上がり、携帯や複数のPC等を無線接続しても問題なくYouTubeなどを見れるようになった。

39歳/男性

良い点

工事費用が実質無料だったのでNURO光に変更したのですが、プロバイダ料金と回線料金の一括化ができるため、月に800円程度通信料金が安くなる点も魅力でした。

42歳/男性

NURO光のユーザーは、通信速度に対する満足感が高いようです。
また、料金の安さについても評価する声が多く聞かれました。速度・料金を重視する人には、やはりNURO光は魅力的な選択肢ですね。

NURO光

速さ・料金ともに満足度が高い!

  • ソフトバンクユーザーなら、携帯料金から毎月最大1,100円割引
  • 最大45,000円のキャッシュバック
  • 基本工事費44,000円(税込)が実質無料

続いてフレッツ光の口コミです。

フレッツ光の口コミ

良い点

24時間いつでも高速なので、家にいて回線で困ったことはありません。 家族全員で使うので、一度にかなりの数の回線を使っているのですが、それでも遅いと感じたことはありません。

17歳/男性

良い点

6年以上使用しているが、トラブルもほとんどなくサービスが非常に安定している。

44歳/男性

良い点

サポートが非常に充実していて、何か障害があっても対応が速い点はすごく良い点だと思います。

47歳/男性

充実したサポートや通信速度を評価しているユーザーが多いようですね。
安定性を重視する人には、フレッツ光が向いているといえそうです。

乗り換えの場合に気をつけることは?フレッツ光はプロバイダの違約金にも注意

ここからは、光回線サービスを乗り換える際の注意点について解説します。

乗り換えの際、注意しなければいけないのは解約時の違約金と工事費の残債です。

<フレッツ光とNURO光の違約金・撤去工事費>
項目 フレッツ光
(NTT東日本)
フレッツ光
(NTT西日本)
NURO光
違約金
戸建て
10,450円
マンション
1,650円
戸建て
11,000円
マンション
7,700円
10,450円
撤去工事費 なし 11,000円
契約期間 2年 2年または3年

フレッツ光の「にねん割」もしくは「光はじめ割」を利用している場合に、契約更新月以外に解約すると、上の表のような違約金が発生します。
また、NURO光も同様に違約金があります。乗り換えは、できる限り契約更新月に行うのがおすすめです。

フレッツ光は、プロバイダにも別途違約金が発生する場合があります。
プロバイダの契約条件も必ず確認しておきましょう。

また、開通工事の工事費が完済していなければ、解約時に一括して支払う必要があります。
NURO光の場合、解約とともに工事費の無料特典が終了するため、もし残債が残っていれば、それまで無料だった工事費の支払い義務がその時点から発生します。
NURO光の工事費は44,000円と高額なので、特に注意したいポイントですね。

さらにNURO光は独自回線のため、マンションなどの引っ越し時に設備の徹去が求められる可能性があります。その場合には撤去工事費11,000円がかかります(土日は+3,300円)。
フレッツ光の場合は、撤去工事が必要になるケースはほとんどありません。

電話番号の引き継ぎはできる?

フレッツ光からNURO光へ乗り換える際に、「ひかり電話」の電話番号をそのまま引き継ぎたいという人もいるでしょう。
同じ電話番号を使い続けることはできるのでしょうか?

電話番号を引き継げるかどうかは、その電話番号がもともとNTTのアナログ回線で発番されたものかどうかによります。アナログ回線で発番された電話番号であれば、番号ポータビリティでNURO光の光電話サービス「NURO光でんわ」に引き継ぐことができます。電話番号がフレッツ光「ひかり電話」で発番されたものであれば、引き継ぎはできません(※)。

※ 同じフレッツ光回線を使う「光コラボ」の事業者には、電話番号を引き継ぐことが可能<

逆のケースも同様です。NTTのアナログ回線で発番された電話番号であれば、NURO光からフレッツ光に番号ポータビリティで移行できます。「NURO光でんわ」で発番された電話番号は、フレッツ光に引き継げません。

フレッツ光とNURO光を併用することも可能

フレッツ光とNURO光はそれぞれ別の光ケーブルを使用しているため、既存のケーブルを残しておけば併用も可能です。新規契約の際に、もともと契約していた光回線サービスを継続して使用する旨を伝えれば、そのまま両方のサービスを使うことができます。

ただし、マンションなどでは配線の都合上、併用ができないケースもあります。申し込みの際に確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、フレッツ光とNURO光のメリット・デメリットを比較しました。
NURO光は、速度・料金の両面で優位性を持つサービスですが、開通工事に時間がかかるなどのデメリットもあります。

フレッツ光は、提供エリアが広い、プロバイダが選べるといったメリットがあります。
料金についても、建物の条件などによっては安くおさえられる場合もあります。契約時に条件をしっかり確認しましょう。

フレッツ光とNURO光、それぞれの特徴を知ったうえで、最適な光回線サービスを選ぶようにしてくださいね。

  • NURO光の月額料金は、フレッツ光よりおおむね安い
  • ソフトバンクユーザーはNURO光のセット割が使える
  • 通信速度では、NURO光がフレッツ光より優位
  • 開通までの期間はフレッツ光のほうが短い
  • 乗り換えの際は、解約金と工事費の残債に注意

Related Posts

もっと見る

Popular Posts

Clients

クライアント一覧